映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

■【自主制作】「オリジナルアニメ『落下生』コンセプトムービー」by banishment【LIFE OF FALLING】 連続して見る不思議な夢の恐怖に悩まされていた男子高校生が夢の世界で、もう一人の自分と出会う物語。

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

■【本編34分版】3DSで4年を費やし本気で作画してアニメ作ってみた【うごメモ戦士】 神絵師を目指すためうごメモ戦士となった少女“久郷モメ”が、絵師の画力を奪う作画アンチとの戦いを描いた物語。 うごメモ自体をテーマとして

夜の幻想奇譚を描いた自主制作アニメ『NIGHT SCANNER』

夜の幻想奇譚を描いた自主制作アニメ『NIGHT SCANNER』

■〖10十10〗ナイトスキャナー / NIGHT SCANNER〖自主制作アニメ〗 夜の幻想的な世界を冒険するドキドキ・ワクワク感がふんだんに盛り込まれた作品。 荒廃した大地や謎の生物、秘められた力など独自の世界観が抑揚

心を動かす風を感じる自主制作アニメ『カゼノウタ』

心を動かす風を感じる自主制作アニメ『カゼノウタ』

■カゼノウタ 自主制作アニメ 歌うことで風を操る少女を偶然目撃した少年。二人の出会いが新たな新風を巻き起こすかのような物語の導入部分を描いた自主制作アニメです。 静かな展開ながらも今後の物語を期待させる演出が良い味を出し

とにかくカッコイイ自主制作アニメ『「キッチュハウスの住人たち」OPノンクレジットムービー』

とにかくカッコイイ自主制作アニメ『「キッチュハウスの住人たち」OPノンクレジットムービー』

■自主制作アニメ「キッチュハウスの住人たち」OPノンクレジットムービー Annella「Trouble」 「3つのルール」がある街「キッチュハウス」を舞台に世界中から集まったワケアリたちが活躍する架空のアニメのOPムービ

 

新たなステージへの突入を感じさせる360°自主制作アニメ『落下生』


【360°自主制作アニメーション】「落下生」VRコンセプトムービー


コンセプトムービーという位置づけですが、ついに自主制作アニメは360°の時代に突入したのかと、
驚きとともに感慨深さを感じさせる作品です。
ストーリーアニメだとカメラワークがないので物語がどこで展開されているのか分かりにくいですが、
ヘッドマウントディスプレイで見たときの没入感は、これまでにない体験をもたらしてくれそうです。

【CloseUp Flash Reloaded】手作りによる創作作品の魅力


ネット上にあふれる創作作品は、媒体としての性質上デジタル作品が多い。しかし、最近では手作りによって生み出された創作品を撮影した動画も多くなってきた。
完成品のみを撮影しただけでなく制作過程も合わせて紹介することで、視聴者もいつしか愛着を持ってしまう魅力にあふれている。今回は最近公開された動画の中から愛着心の湧く作品を紹介しよう。



珈琲を淹れさせてみたのだが・・・


『雛 ver,RF09』と呼ばれる個人制作による小型ヒューマノイドロボットが、コーヒーを淹れる様子を撮影した動画。視線や一挙手一投足が何気に人間っぽくて妙なリアルさを醸し出しています。極めつけはラストの1シーン。脅威のドジっ娘システム搭載に機械的な外見にもかかわらず可愛いと絶賛されています。


1/1水銀燈球体関節人形作ってみたんだ。


完成まで2年の歳月が費やされた等身大水銀燈の球体関節人形を紹介した動画。完成間際の制作過程が紹介されていますが、関節球の処理や塗装など1つ1つのパーツが丁寧に作られており、完成度の高さを裏付けていることが見て取れます。


アーケードPCを作ってみた


家庭用ゲーム機器にPCを組み込むケースはよくありますが、本作品はなんとアーケードゲームの筐体にPCを組み込んでいます。コインを投入してPCを立ち上げスティックやボタンを使ってブラウザを操作している様子は何とも奇妙ですが、コンバータを使ってPCだけでなく、PS3やXbox360までもプレイできるところが驚きです。


【第2話】ポケットに入る自作音源で演奏してみた【半導体娘計画】


自作のFPGA基板にFM音源を乗せてポケットサイズの演奏機器を作ってしまった動画。基盤設計からスタートしている本シリーズの第2弾は電源周りの設計を紹介しています。とにかく1から作り上げているので到底まねできるものではありませんが、初音ミクの歌にのせて制作の過程が分かりやすく紹介されています。

【CloseUp Flash Reloaded】クリエイターズ スタジオ訪問記 -STUDIO MORIKEN-


クリエイターは日々さまざまな作品を生み出している。普段クリエイターはどのような環境で作品を作っているのだろうか? そんな疑問を解決するべく、クリエイターさんのお宅を訪問して作品が生まれる背景を探ります。記念すべき第1回目は漫画をはじめ、マルチに活動されているクリエイター 森井ケンシロウさんの自宅兼スタジオにおじゃましました。

≪森井ケンシロウ プロフィール≫
1980年生まれ。漫画をはじめFlashアニメーション、作曲なども手がけるマルチクリエイター。近年はWebデザインやFlashゲーム、モバイル、実写などネット全般のコンテンツ制作へと活動の幅を広げている。2007年より竹書房「まんがクラブオリジナル」にて漫画『さかな&ねこ』を連載。



<スタジオの様子>

都内の高層マンションの一室を拠点としている森井さんの自宅兼スタジオは2LDKの角部屋。陽当たりも良く最寄り駅から徒歩5分の好立地条件の住まいだ。

UG-K
このスタジオに移ったのはいつからでしょうか?