情景豊かな自主制作アニメ『僕の命をあげる。』

情景豊かな自主制作アニメ『僕の命をあげる。』

■自主制作アニメ「 僕の命をあげる。」#1 転向してきた正一が毎朝路地の途中で挨拶を交わす”楓”。毎日同じ言葉をかけてくるその少女には大きな問題を抱えていた。そんな展開から生まれる物語がどんなもの

躍動感あふれる自主制作アニメ『「弟子」と「し」』

躍動感あふれる自主制作アニメ『「弟子」と「し」』

■自主制作アニメ 【「弟子」と「し」】 師匠のかたきを討つために敵と激戦を交わす弟子を描いた手描きアニメーション。 戦闘時の静と動を効果的に使い分けた演出や回想を織り交ぜたストーリー展開が緊張感と弟子の想いを感じさせます

竜神鏡を巡る長編自主制作アニメ『竜神鏡戦記 第四話』

竜神鏡を巡る長編自主制作アニメ『竜神鏡戦記 第四話』

■自主制作アニメ「竜神鏡戦記」第四話 光を闇に転じ闇を光に転じるという竜神鏡を生まれ持っていた主人公「赫月」。その鏡を狙って兎面の集団に襲われるところから始まる長編物語。常闇との一戦を終え、新たに鏡を持つ千歳が姉の常盤を

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

■【自主制作】「オリジナルアニメ『落下生』コンセプトムービー」by banishment【LIFE OF FALLING】 連続して見る不思議な夢の恐怖に悩まされていた男子高校生が夢の世界で、もう一人の自分と出会う物語。

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

■【本編34分版】3DSで4年を費やし本気で作画してアニメ作ってみた【うごメモ戦士】 神絵師を目指すためうごメモ戦士となった少女“久郷モメ”が、絵師の画力を奪う作画アンチとの戦いを描いた物語。 うごメモ自体をテーマとして

 

飼い主のピンチに奮闘するペットを描いた自主制作アニメ『きみしかいない』


[自主制作アニメ]きみしかいない


飼い主の危機に気づいたペットのハムスターとインコが奮闘するショートムービー。飼い主にかまってもらいたいハムスターが小動物らしい愛くるしさを醸し出しています。また表情豊かなハムスターとニヒルな一面を見せるインコが、協力しあって様々なピンチを切り抜ける様子は、部屋の中という狭い世界の中を感じさせないほどアクロバティックに描かれています。

【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「紅白FLASH合戦2008」


昨年12月28日から31日まで「紅白FLASH合戦2008」が開催された。みんなで年末、色んな動画・FLASHを見て楽しく年を越すことをコンセプトに行われている本イベントでは、今回動画共有サービスとして大きな躍進を果たしたニコニコ動画と提携したことで露出機会の増加を図るなど新たな試みが行われていた。その他にもパンフレットやWEBラジオ、紅白ひろばなど参加者や視聴者双方のコミュニティを活性化する様々な企画が行われた。今回は本イベントで公開された作品の中から注目の作品をダイジェストで紹介しよう。



2008紅白FLASH合戦オープニング「みちひか」


昨年に続きオープニングを担当したハタラキ有氏の作品は、紅白に分かれたAAキャラ達の創作に懸ける熱く激しい想いが描かれており、これから始まるイベントへの期待感を否応なく高めてくれます。

ハタラキ有


やるおクエスト


どこかで見たことあるようなタイトルロゴが印象的なダンジョンRPG。ゲーム機器を題材としたゲームですが、主人公のやるおの他、初音ミクやゆっくりれいむなど今年人気を博した様々なキャラが登場します。

Cのアトリエ


市況戦艦AAT


2008年を大きく賑わせた株式市場…その株ネタをAAキャラによる宇宙戦争に例えたアニメーション。時事ネタを織り交ぜながら株式の仕組みを分かりやすく紹介した秀作です。

ミーキャット


せっせっせ


鶏のマスクを被った人の踊りや、目のないお札の人物、シンメトリックな情景など、紅白FLASH合戦2008の作品の中で一際異彩を放つエジエレキ氏の作品は強烈なインパクトながらもクセになる魅力があります。

マタタビアソビ


Crosses


音と光の幻術師としてお馴染みのyama_ko氏の作品は、緩やかなメロディに乗せて水面に揺れながら光のシャワーが降り注ぐ幻想的なMotionGraphicsです。

Mattari Factory

巨大獅子舞からの逃亡活劇を描いた自主制作アニメ『朱』


自主制作アニメ「朱」


突如現れた巨大獅子舞から逃げる女の子を描いた自主制作アニメ。様々な視点から町中を駆け巡る様子を描くことで、スピード感や手に汗握る臨場感をうまく演出しています。そしてラストには新たな刺客が…w

雨小屋