情景豊かな自主制作アニメ『僕の命をあげる。』

情景豊かな自主制作アニメ『僕の命をあげる。』

■自主制作アニメ「 僕の命をあげる。」#1 転向してきた正一が毎朝路地の途中で挨拶を交わす”楓”。毎日同じ言葉をかけてくるその少女には大きな問題を抱えていた。そんな展開から生まれる物語がどんなもの

躍動感あふれる自主制作アニメ『「弟子」と「し」』

躍動感あふれる自主制作アニメ『「弟子」と「し」』

■自主制作アニメ 【「弟子」と「し」】 師匠のかたきを討つために敵と激戦を交わす弟子を描いた手描きアニメーション。 戦闘時の静と動を効果的に使い分けた演出や回想を織り交ぜたストーリー展開が緊張感と弟子の想いを感じさせます

竜神鏡を巡る長編自主制作アニメ『竜神鏡戦記 第四話』

竜神鏡を巡る長編自主制作アニメ『竜神鏡戦記 第四話』

■自主制作アニメ「竜神鏡戦記」第四話 光を闇に転じ闇を光に転じるという竜神鏡を生まれ持っていた主人公「赫月」。その鏡を狙って兎面の集団に襲われるところから始まる長編物語。常闇との一戦を終え、新たに鏡を持つ千歳が姉の常盤を

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

■【自主制作】「オリジナルアニメ『落下生』コンセプトムービー」by banishment【LIFE OF FALLING】 連続して見る不思議な夢の恐怖に悩まされていた男子高校生が夢の世界で、もう一人の自分と出会う物語。

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

■【本編34分版】3DSで4年を費やし本気で作画してアニメ作ってみた【うごメモ戦士】 神絵師を目指すためうごメモ戦士となった少女“久郷モメ”が、絵師の画力を奪う作画アンチとの戦いを描いた物語。 うごメモ自体をテーマとして

 

ヤバいくらいネタが盛られたPV『BABYMETAL – ヤバッ!』


BABYMETAL – ヤバッ!(完全版)【Flashアニメーション】


BABYMETALのアニメPVの3作目となる「ヤバッ!」。今回も1カットごとに仕込まれているのではないかと思うくらいのネタが散りばめられており、洋楽PVのパロディからゆるキャラ、最新のUnikittyまで盛り沢山な内容となっています。

saritan’s Homepage

【CloseUp IA】『塚原重義、奮闘中』イベントレポート(現在編)


現在編トークショーの模様


2017年11月23日、東京・入谷の「SOOO dramatic!」にてアニメーション監督・塚原重義さんの応援イベント『塚原重義、奮闘中』が開催されました。
本イベントでは、過去作品の上映のほか過去・現在・未来をテーマに塚原監督と縁のあるゲストとのトークショーで構成されていたほか、イベント後には交流会が設けられていました。
前回の過去編に続き、現在編として2012年以降に制作された『端ノ向フ 予告編』と『女生徒』が上映された。

『端ノ向フ』 特報


《女生徒》予告01


<現在編ゲスト>
皆川一徳: アニメーター、数々のアニメ作品にて原画、作画監督を担当。最近では『マクロスΔ』にて作画監督、『劇場版ポケットモンスターキミにきめた!』にて作画監督。塚原作品においては『端ノ向フ』でアクション作画監督、現在制作中の最新作ではキャラクターデザインを担当する。
大童澄瞳:漫画家、別名デンノー忍者、月刊!スピリッツにて『映像研には手を出すな!』連載中
ブログ『ザリガニを釣れ!』管理人

【CloseUp IA】『塚原重義、奮闘中』イベントレポート(過去編)【新連載】


インターネットが日本で普及して20年以上が経った現在、スマートフォン1つで動画がアップロードできるように、動画を投稿・視聴するハードルは格段に下がりました。その一方でYouTuberに代表されるように、歌い手や踊り手、ゲーマーなど自らが得意とするスキルを武器にした動画がネット上に溢れたことで、作品を見てもらうハードルは昔より上がったのではないかと感じられます。
このような時代に作品を多くの人に見てもらうためには、作品のクオリティだけではなく、セルフプロデュース力が求められるのではないでしょうか?
本連載では、個人制作アニメ(Independent Animation)を中心にクリエイターたちの『今』をお届けします。

ちなみに超不定期連載になる予定ですのであしからず。。



イベント会場: SOOO dramatic!


2017年11月23日、東京・入谷の「SOOO dramatic!」にてアニメーション監督・塚原重義さんの応援イベント『塚原重義、奮闘中』が開催されました。
本イベントでは、過去作品の上映のほか過去・現在・未来をテーマに塚原監督と縁のあるゲストとのトークショーで構成されていたほか、イベント後には交流会が設けられていました。
本レポートでは3回に渡って、トークショーの模様を中心にイベントの様子をお届けします!

活弁士・坂本頼光さんの口上により開幕したイベントではまず塚原監督のリールが上映された。その後、2004年12月30日に公開された 自主制作アニメーション『ウシガエル』が上映されたあと、以下3名のゲストと塚原監督を交えて、『ウシガエル』制作秘話をはじめ、塚原作品のルーツを探ったトークショーがスタートした。

ウシガエル


<過去編ゲスト>
UG-K: フリーライター、Flashや個人制作動画を中心に紹介するブログ『II-Access(イイ・アクセス)』管理人
かーず:フリーライター、アニメ、漫画、ラノベ、ゲームなどコンテンツ情報メインのニュースサイト『かーずSP』管理人
大童澄瞳:漫画家、別名デンノー忍者、月刊!スピリッツにて『映像研には手を出すな!』連載中
ブログ『ザリガニを釣れ!』管理人