また会うことができた自主制作アニメ『コンキチくん オープニングアニメ』

また会うことができた自主制作アニメ『コンキチくん オープニングアニメ』

■コンキチくん オープニングアニメ コンキチくんとあーちゃんの日常を描いた4コマまんがのオープニングアニメ。2005年に公開されていましたが、13年の時を経てリメイク版が登場! あーちゃんの成長が垣間見える演出となってい

追加コンテンツが楽しみになるファンムービー『Splatoon2 Animation – ABXY「Chip Damage」』

追加コンテンツが楽しみになるファンムービー『Splatoon2 Animation – ABXY「Chip Damage」』

■Splatoon2 Animation – ABXY「Chip Damage」 [FAN MOVIE] ABXYの新曲「Chip Damage」をBGMにしたスプラトゥーン2のファンムービー。チップチューン

前後不明瞭なヒーローが登場する自主制作アニメ『おしり前マン』

前後不明瞭なヒーローが登場する自主制作アニメ『おしり前マン』

■自主制作アニメ『おしり前マン』 赤城乳業「チョコミント」の特設サイトにも登場した、シュールな笑いで町の平和を守る『おしり前マン』。ラストのどんでん返しに加え、エンディングでは相変わらずの美声を披露しています。 しかしチ

【CloseUp IA】『塚原重義、奮闘中』イベントレポート(未来編)

【CloseUp IA】『塚原重義、奮闘中』イベントレポート(未来編)

2017年11月23日、東京・入谷の「SOOO dramatic!」にてアニメーション監督・塚原重義さんの応援イベント『塚原重義、奮闘中』が開催されました。 本イベントでは、過去作品の上映のほか過去・現在・未来をテーマに

ヤバいくらいネタが盛られたPV『BABYMETAL – ヤバッ!』

ヤバいくらいネタが盛られたPV『BABYMETAL – ヤバッ!』

■BABYMETAL – ヤバッ!(完全版)【Flashアニメーション】 BABYMETALのアニメPVの3作目となる「ヤバッ!」。今回も1カットごとに仕込まれているのではないかと思うくらいのネタが散りばめら

 

今後の大会ルールに一石を投じる結果となった『第14回MMD杯 本選結果発表』


2008年の開催から今年で8年目を迎えたMMD杯。本選では884作品が公開され作品数は過去最高を更新した。いくつかのテーマによる制限を設けながらも間口の広いイベントであるため、様々な参加者の知恵や努力、勇気と愛情が溢れた動画が生まれた一方でマイリスト数による審査基準は時に偏りを生み出す結果にもなりました。これを運営者の嗜好に依らない公正な審査と見るかどうか…今回はそんなことを考えさせられる結果でした。

【総合部門】

総合優勝:【第14回MMD杯本選】声なき声に力を。 [Altail]


準優勝:【第14回MMD杯本選】一般男性脱糞シリーズ [旧尊師]


敢闘賞:【第14回MMD杯本選】悪魔 [ひまわり学級]


ロボット同士のドタバタバトルアニメーション『Nice to meet you』


【自主制作アニメ】 Nice to meet you


化学が発展した近未来が舞台で道端にいる少年に鞄を壊された少女が戦いを繰り広げるアニメーション。どんどんスケールが大きくなるバトルですが少女と少年のターンで前後半に分けられており、戦いの中でそれぞれの正体が明らかになるような展開となってます。とりあえず仲直りできたようで何よりです。

【FLASH BACK 200X】寒さを克服する熱さを秘める2005年2月作品【ル8ン三世、う○ぎ】


今月は東京都心でもちらほらと雪が降り寒さもひとしお身にしみるこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか? さて2005年2月といえば大阪で開催された『FLASH EXPO ’05 ~ 閃光動画万博 ~』が大きな話題を振りまいてました。他のイベントよりネタ色の強い作品が多く、ノリの良さも相まって笑いの絶えないイベントでした。


ル8ン三世


FLASH EXPO’05で上映された8頭身&1さんによるルパン三世オープニングのアニパロ作品。8頭身&1さん以外のAAキャラの配役も絶妙で登場人物馴染みの演出が上映された会場を爆笑の渦に巻き込んだ傑作です。


う○ぎ


flash★bomb’04で公開された「ツギハギ」に続いて制作されたシリーズ2作目の位置づけとなる作品。前作がネコの視点から女の子との関係を描いていたのに対し、本作は女の子の視点から孤独と他者への反発を解消するきっかけを掴む展開を描いてます。


今日も今日とてテープは回る


聴覚に残された記憶を蘇らせる稼業「心響屋」を営む姉妹の物語。音を撮っていくストーリーを一切のセリフなしで繋げていくことで、録音稼業の大変さを物語っているように感じられます。

偽与野区役所


BRACKBIRD


ロボットバトルアニメーション。変身シーンをはじめミサイルや爆発が繰り広げられる様子はまさに80年代アメリカンヒーローアニメ風の演出となっています。

釜プロ