Tag Archives: ぴろぴと

【CloseUp Flash Reloaded】FRENZ イベントレポート


2009年 9月12日(土)、新宿ロフトプラスワンにて映像作品のライブイベント『FRENZ』が開催された。“FRENZ”はFriends(仲間達)とFrenzy(熱狂)をコンセプトにWEB上を中心に活動する映像作家による作品を参加者全員で一体となって楽しむことを目的としたイベントであり、 有志によるオフラインイベントとしては 2年ぶりの開催となる。しかしこれまでのオフラインイベントとは異なり、出展者はFlashクリエイターだけではなく、ニコニコ動画などで活躍しているクリエイターやパフォーマーも参加している。出展者、来場者ともにこれまでのイベントより幅広い層の参加が見られた。

主催の as@地生 氏の乾杯の音頭と共に始まったイベントは 3部構成であり、はじめに上映されたオープニングの制作代表としてyama_ko氏が壇上に登場し、お祭りをテーマに ShakeSphereさん にFRENZ向けのオリジナル楽曲を提供頂いた経緯が語られた。
8ットデタマンのうた(NRF) 続いて壇上に登場したのは、やたらがす氏。これまで狂気系と呼ばれる作品を制作してきたが、一転してゆったりとした不思議なアニメーション作品となっている。その理由として、今まで自分の世界を前面に押しだしすぎたので、表現をシンプルにして自分の好きな絵本の世界を作ってみたことが述べられた。
次に登場したのは、懐かしの2ちゃんねるアスキーアートのキャラクタを用いたパロディアニメを制作したNRF氏。Flashを作るきっかけとなった憧れやイベント参加に対する長年の夢を作品に込めたことが語られた。

【CloseUp Flash Reloaded】映像ライブイベント slashup04特集2


2007年8月18日、新宿ロフトプラスワンにて『slashup04 fb Re:birth』が開催された。前回に引き続き、今回も作品紹介並びにイベント主催者であるas@地生氏に伺ったインタビューをお届けする。



夢の波間

白い大地の上で目覚めた女性が向った先で様々な建築物と巡り会う…。夢をテーマとしているため非常に抽象的だが、イマジネーションの広がりを感じずにはいられない不思議なアニメーション。
「今回の夢の波間という作品はタイトルに「夢」と入れているように、寝ているときに見る「夢」を舞台にしています。主人公の女性は自分の夢の中をさまよっているという設定です。そしてタイトルにある「波間」は、夢の中での昼間や睡眠の波、時間の経過などを指す言葉として使いました。
夢が舞台ということで、自分が夢の中で見たものを反映させたり、思いついたものを思ったままに突っ込んでみたりしています。今回は特に考えなしに見れる出来にもしたつもりなので、力を抜いて見ていただければ幸いです。」(おぎしろ氏)
ブログで本作品の世界観やアイデアの詳細が解説されているのでこちらもあわせてご覧頂きたい。

Holography


「無題」

額縁を通して映る淫靡で奇怪な映像の中から湧き出てくる虫を潰していく印象的なムービー。映像をよく見ると額縁の中からこちらを見つめている目が描かれていることがわかる。額縁の中での映像は自分の記憶なのか欲望なのか、もしくは全く違うものかもしれない。ただその中で第三者的な視点で見つめる目と虫を潰すという行為が背徳的な欲望とモラルの狭間に揺れる心の葛藤を表しているように思えてならない。
「この作品を見て僕は小さい頃に石をどけたら蟻さんがいっぱい出てきて白い卵が沢山あって気持ち悪かったことを思い出しました。
あとシャボン玉みたいな薄い球体のガラスがあってその中に猛毒の液体が入っててそれをちょっとでもぶつけたりするとガラスが割れて毒が漏れて死んでしまうという夢を見たのですがしゃぼん玉からはそんな不吉な連想をしました。
あと女の人が出てきますが誰かの手に押されて溺れているのか苦しんでいるのか分からないのですがゴホッゴホッと苦しそうな咳をしていて、ちょっと嫌な感じがしました。」(制作:ぴろぴと氏、絵:水形氏)

ありさんとくらげさんがごっつんこ
水形の骨

【CloseUp Flash Reloaded】幻想的な世界観を持つアートアニメーション


Flashアニメーションというと主にエンターテイメント性を重視した娯楽作品が多いが、中には芸術性の高いレベルにあるイメージをFlashによって表現したアニメーション作品もある。アートアニメーションという言葉は厳密に定義されているわけではなく人それぞれによって認識は異なると思うが、今回紹介する作品からアートアニメーションの一端が垣間見えるのではないだろうか。



空想少女


少女の空想が次々と具現化する摩訶不思議なアニメーション。夢中になって本を読みふける少女。そこに一匹のネズミが登場する。突如少女の頭から本に登場していた様々な生物や草木が連鎖的に現れていく… まず驚くのは、個性的かつ強烈な世界観。そしてディテールまで描き込まれた版画の様な質感の絵に強烈に引き込まれる。古いフィルム映像のようなノイズや画面のゆれなどの細かい演出も世界観をよりリアルなものにしている。そしてこれまでの展開の意味が明らかになる結末には、誰もが感嘆させられるであろう。
「テーマは、一言で言えば『ビックリ箱』です。とにかくすごいインパクトで見た人を驚かせたいという狙いがあったので、不思議な生き物が次々とテンポよく飛び出していくという演出を試みてみました。
それから、緻密な描き込みで圧倒させようという狙いもありました。一瞬見ただけでは全体を把握しきれないほどの情報量が画面内に溢れていると、それだけで見た人は圧倒されると思ったので。」(えぬ氏)
インパクト重視で絵で人を圧倒させたいということを常に考えているえぬ氏だが、アニメーションとしての映像作品を作ったのは今回が初挑戦だったという点にも驚かされた。
先月にはTV東京系「うぇぶたま」やNHK「デジタル・スタジアム」でも放映され高い評価を得ている。本作の他にも絵本の世界をそのままゲームにした「ポックのともだち」という作品もお勧めだ。

花蟲 -Hanamushi-



DOLL


前作『まーちゃんのりんご』の続編として位置づけられた、段々と腐っていく少女をイメージした作品。『まーちゃんのりんご』では、人形劇風のメルヘンチックなイメージを前面に出していたのとは対称的に、本作では写実的な映像を中心に描かれている。幻想的な雰囲気ながらもどこか背筋が凍る思いがするのは、前作で少女が辿った結末や本作の最後に表示される[dove]といった意味深なメッセージによるものかもしれない。今回の作品はどのように制作されたのだろうか? 制作者のぴとぴと氏に伺ってみた。
「実際にフランス人形さんを購入しその人形を使って制作しました。とっても高かったのですが良い顔をしてるので良かったです。」(ぴろぴと氏)
全体を捕えさせることなく抽象的な表現を組み合わせた独特の映像観は、見る者のイマジネーションに強く訴えかけているだけでなく、何度も繰り返し見てしまいたくなるような中毒性がある。そんな魅力にあふれている本作は、来月下旬よりフランスで開催されるクレルモンフェラン映画祭への出品が決定している。
現在新作を制作しているというぴろぴと氏のさらなる活躍を期待したい。

ありさんとくらげさんがごっつんこ