Tag Archives: すなふえ

【FLASH BACK 200X】やっぱり9月といったらあのイベントを思い出す2005年9月作品【Nightmare City -Catastrophe-】


なぜか今月は本連載が2回あるわけですがそれもそのはず、2005年の9月は「flash★bomb’05」 「映夜祭’05」 「KF★B ’05」と一大イベントが目白押しだった時期であります。1回限りでは紹介しきれない名作の数々を引き続きお届けしたいと思います。


NIGHTMARE CITY -CATASTROPHE-


FLASH黄金時代のまさに王道ともいうべきバトルアニメ。前作「Nightmare City」の続編である本作は、再びしぃを取り戻そうとするギコに立ちはだかるモララーとの戦いを描いています。

miyasuke.net


土煙高田馬場


赤穂浪士である堀部安兵衛を題材にした同名作品を元に作られたショートアニメ。ちょっとしたギャグを入れて笑いを取りつつも、躍動感のある走りを見せるなど緩急織り交ぜた当時衝撃的だった作品です。

POO’S WORLD


通勤大戦争


現代も脈々と受け継がれている朝の通勤電車内の戦いを空中戦にたとえた作品。本格的な空中バトルを繰り広げながらも清々しいオチが見事です。

弥栄堂


ファンキー・ブッダ


日本各地にある不思議を紹介した作品。仏像の成り立ちからの紹介をはじめさらに妄想までが加速していくすなふえワールド全開のテイストが見られます。


Synergy Ⅴ


映夜祭’05で上映された5人のクリエイターによるMotionGraphics作品。各クリエイターの特色を出しながらも爽快感あふれる映像にまとまっています。

【FLASH BACK 200X】特別なスープをあなたにあげる2005年3月作品【The Mother Mars、プレゼント】


先月に続き台風並みの低気圧で全国で吹雪が舞った3月ですがそろそろ春が待ち遠しくなってました。さて2005年の3月には、「第2回全板人気トーナメント」の予選が開始されたほか、「Flash MINORS/label2.swf」 「REAL FLASH」のイベントが開催されたこともありFlash板界隈がたいへんにぎわっていた時期でした。


The Mother Mars2話

火星を攻めてきた土星からの侵略軍との戦いを描いた物語の第2話。熾烈を極める戦況の中、戦いの本質的な意味を探る司令官の心の葛藤が描かれています。

MoRinono


プレゼント

誕生日に一緒にケーキを食べる約束を楽しみにしていたしぃとそのことを忘れていたギコによる心温まるフルボイスストーリー。シナリオ、声優、Flash制作などFlash板の力を結集して作られた作品です。


遥 -haru-

毎年この季節になると忘れられない過去が呼び起こされる…つらい記憶と楽しい記憶をそれぞれ抱える人と犬の対比が何とも言えない哀愁を感じさせます。


高速トットちゃんの部屋


某番組の司会者をモチーフにゲストが話す隙を全く与えないマシンガントークを展開しています。後半はブラクラに近い演出で不気味な一面を見せています。

【FLASH BACK 200X】年の瀬に当時の作品を振り返ってみる2004年12月【Nightmare City、ハクシャクノテンシ】


2004年12月といえば恒例となった紅白FLASH合戦です。年々規模を増加させた本イベントは、クリスマスに先駆けて20日から開催された一方で、対抗勢力による裏紅白や糞紅白が同時開催されるなどカオスな状態でありながらも盛り上がった時期でした。また翌年からshashupと名称を改めたことにより、初期運営体制による『紅白FLASH合戦』というイベントは今回で一旦終了となった点からも思い出深いイベントです。今回はそんなイベントで注目を浴びた作品を紹介します。


Nightmare City


第三回紅白FLASH合戦でMVPを獲得したみ~や氏の作品。2chキャラによるバトルアニメの王道としてその後多くのフォロワーを生んだ本作は、ギコとモララーを中心としたキャラクターたちが繰り広げるとにかく熱いバトルがBGMとの相乗効果を生み出しています。


ハクシャクノテンシ


血を吸えないドラキュラが輪っかを持っていない天使の出会いにより、ハンデを乗り越えようとする物語。舞台俳優の武藤暁氏がシナリオを担当されたこともあってか、劇中劇といったアプローチによる演出が印象的であり、悲しくも幸せな結末は多くの視聴者を感動させた作品です。

N-GRAVITY


ウシガエル


ネズミ駆除機「ウシガエル」に追われるネズミとそれを助ける犬が連携して逃走を図る冒険奇譚。様々なギミックを駆使して執拗に追いかけるウシガエルが手に汗にぎる緊張感とどうやってこの困難を切り抜けるかと言った期待感を併せ持った作品に仕上げられています。

弥栄堂


地下幻想奇譚 座敷牢


シリアスなストーリー系の中でもタブーに近い領域まで踏み込んだ穴清水氏の異色作。生まれながらに手足がなかった少女「節子」の運命を描いた恐ろしくも悲しい物語は、当時のFLASHファンの度肝を抜いた衝撃的な作品でした。


2ch 2004年史~ω04


昨年の紅白に続いて2004年に発生した出来事を90秒くらいにまとめたすなふえ氏の作品。テンポ良く今年一年を振り返った本作は当時の時事ネタを思い出すには最適な尺であることを10年を経た今になって改めて感じられます。