【CloseUp Flash Reloaded】奥深いコマ撮りアニメ

【CloseUp Flash Reloaded】奥深いコマ撮りアニメ

先月Youtubeで160万回以上再生され、にわかに脚光を浴びた『オオカミはブタを食べようと思った。』。この作品は、静止している物体を少しずつ動かして撮影したものを繋げて動いているように見せる撮影技術であるコマ撮りによっ

混沌の中での闘いを描いた自主制作アニメ『開天』

混沌の中での闘いを描いた自主制作アニメ『開天』

■自主制作アニメ「開天」 中国の神話伝説「天地開闢」をモチーフとしたショートアニメ。天と地が混沌とした世界の中で陰と陽を代表する二人が躍動感あふれる熱く激しい戦いを繰り広げています。

【CloseUp Flash Reloaded】鏡音リン・レン特集2

【CloseUp Flash Reloaded】鏡音リン・レン特集2

2007年末にVOCALOID2 キャラクター・ボーカルシリーズ第2弾として『鏡音リン・レン』が発売された。前回に引き続き、発売元のクリプトン・フューチャー・メディア(株)メディア・ファージ事業部さんに『鏡音リン・レン』

夢を通じて絶望と希望を描いた自主制作アニメ『微睡みのヴェヴァラ』

夢を通じて絶望と希望を描いた自主制作アニメ『微睡みのヴェヴァラ』

■微睡みのヴェヴァラ 怪我の後遺症で絵を描けなくなった少女・サナが夢の中で出会ったヴェヴァラとの交流によって希望を取り戻す物語。 一つ一つの描写がまるで絵画のような印象的な世界が繰り広げられています。 ・syo5

【CloseUp Flash Reloaded】鏡音リン・レン特集1

【CloseUp Flash Reloaded】鏡音リン・レン特集1

2007年末にVOCALOID2 キャラクター・ボーカルシリーズ第2弾として『鏡音リン・レン』が発売された。初音ミクの発売から約4ヶ月、当初は「鏡音リン(仮)」としてプレリリースされたが、後に一人二役として「鏡音レン」が

 

【CloseUp Flash Reloaded】かーず×GilCrows 年末スペシャル対談 (2)


新年あけましておめでとうございます。2007年も様々なFlash情報をお届けしていきますので、本年もCloseUp Flashをよろしくお願いいたします。さて今回は、前回に続き2006年のFlashの動向について伺った対談をお送りしよう。

≪対談者プロフィール紹介≫

かーず…2001年11月より本格始動して早5年のFLASH兼萌え系ニュースサイト「かーずSP」管理人。大のFLASH好きであり、それが高じて今回『かーずSP選 FLASH大全VOL.1』(インフォレスト刊)を出すほどである

 

Gilcrows…国内外のWebアニメーション、モーショングラフィックスを中心に紹介するニュースサイト「GilCrowsの映像技術研究所」管理人。最近では、映像作品だけでなく映像作家にもスポットを当てた記事を紹介している

 

UG-K…ここを読んでくれている人なら当然知っているCloseUp Flashを支える国内最大Flashニュースサイト「イイアクセス」管理人。今回の対談のまとめ役。




【CloseUp Flash Reloaded】かーず×GilCrows 年末スペシャル対談 (1)


今年も様々なFLASHムービーが生まれ、それらの作品が各メディアに進出を果たすなど目覚ましい躍進を遂げた。そこで今回は、年末のスペシャル企画としてFLASH界隈に詳しいお二方をお呼びし、2006年のFLASHの動向について存分に語っていただいた。

≪対談者プロフィール紹介≫

かーず…2001年11月より本格始動して早5年のFLASH兼萌え系ニュースサイト「かーずSP」管理人。大のFLASH好きであり、それが高じて今回『かーずSP選 FLASH大全VOL.1』(インフォレスト刊)を出すほどである

 

Gilcrows…国内外のWebアニメーション、モーショングラフィックスを中心に紹介するニュースサイト「GilCrowsの映像技術研究所」管理人。最近では、映像作品だけでなく映像作家にもスポットを当てた記事を紹介している

 

UG-K…ここを読んでくれている人なら当然知っているCloseUp Flashを支える国内最大Flashニュースサイト「イイアクセス」管理人。今回の対談のまとめ役。





UG-K:今年はFlash界隈に取って大きな躍進となる年だったと思います。そこで、今年生まれた作品やコミュニティの動向などについてどのような一年であったか、Flashにお詳しいお二方の意見を伺わせていただこうと思います。よろしくお願いします。

かーず:よろしくお願いしますー

GilCrows:よろしくお願いします。

【CloseUp Flash Reloaded】ひと味違うクリスマスストーリー


今年も恒例のクリスマスシーズン、世間では今月初めから既にクリスマスツリーや街路樹のイルミネーションなどクリスマスムード一色となっている。クリスマスといったらやはりサンタやトナカイが登場するような心温まる物語をイメージするだろうが、ここは一つこれまでのクリスマスに対するイメージを覆すようなクリスマスストーリーを紹介する。



HAKOBI-NIN


クリスマスとは縁のなさそうな世界で繰り広げられる和風ファンタジー活劇。休戦条件のために隣国へ送られた姫に届け物をする命受けた「時間指定お届けの三田」が、それを阻止しようとする忍びの一味と戦うストーリーだ。この作品の面白さはまさに時代設定にある。もし江戸時代にもしサンタがいたらきっとこんな戦いがあったのかもしれない。こういった一風変わったアイデアはどこから得られたのだろうか。
「キッカケは忍者アクションとクリスマスアドベンチャーゲームの二つのネタを考えていたところどちらもインパクトがなかったので合わせてみたら意外としっくりきたとか、そういう感じだったと思います。繰り返し見て楽しんでもらえればと思います。」(so-shi氏)
それにしてもこのオヤジ、ノリノリである。服を破ってパワーアップしたかと思えば、鹿に馬乗りになって届け物を送る姿はまさにお庭番といえる活躍だ。また、so-shi氏が語られたアドベンチャーゲームの要素として、届け物にいくつかのパターンが存在する。画面上のどこかをクリックすることでヒントがつかめるかもしれないので是非チャレンジしてみてほしい。

project.GAEA