【CloseUp Flash Reloaded】かーず×GilCrows 年末スペシャル対談 (1)

【CloseUp Flash Reloaded】かーず×GilCrows 年末スペシャル対談 (1)

今年も様々なFLASHムービーが生まれ、それらの作品が各メディアに進出を果たすなど目覚ましい躍進を遂げた。そこで今回は、年末のスペシャル企画としてFLASH界隈に詳しいお二方をお呼びし、2006年のFLASHの動向につい

【CloseUp Flash Reloaded】ひと味違うクリスマスストーリー

【CloseUp Flash Reloaded】ひと味違うクリスマスストーリー

今年も恒例のクリスマスシーズン、世間では今月初めから既にクリスマスツリーや街路樹のイルミネーションなどクリスマスムード一色となっている。クリスマスといったらやはりサンタやトナカイが登場するような心温まる物語をイメージする

【FLASH BACK 200X】Don’t worry. Be happy.な2007年11月【ラスト2回】

【FLASH BACK 200X】Don’t worry. Be happy.な2007年11月【ラスト2回】

先月は2週にわたって季節外れの台風で散々な週末でしたが、今月は穏やかな天気に戻って良かったですね。 さて2007年11月は、ランキングサービス「ReadMe!」終了したことが印象的な月でした。ネットコミュニティが個人サイ

【CloseUp Flash Reloaded】幻想的な世界観を持つアートアニメーション

【CloseUp Flash Reloaded】幻想的な世界観を持つアートアニメーション

Flashアニメーションというと主にエンターテイメント性を重視した娯楽作品が多いが、中には芸術性の高いレベルにあるイメージをFlashによって表現したアニメーション作品もある。アートアニメーションという言葉は厳密に定義さ

【FLASH BACK 200X】降板騒動が熱盛な2007年10月【ラスト3回】

【FLASH BACK 200X】降板騒動が熱盛な2007年10月【ラスト3回】

復帰にしろ降板のままにしろどちらにしても、もはや誰も幸せになれないような状況となってしまった某騒動ですが、どうにもならないのは5ch(旧2ch)も同じなような気がしてならない今日この頃です。 さて2007年10月は、誰も

 

【FLASH BACK 200X】秋深まる木々を見て当時の出来事に思いを馳せる2005年11月作品【さよなら紅白】


まもなく本格的な冬を迎える陽気が感じられる今日この頃です。さて2005年11月といえば、「第弐回FLASH・動画文藝祭」 「すなふぇすた2005」と文化的な香り漂うイベントが開催されていました。


さよなら紅白


苦しくも必死に駆け抜けていったあの時代が懐かしい…回顧厨上等な作品です

N-GRAVITY


まっくら森の歌゚々。

みんなのうたでトラウマソングとして有名な「まっくら森のうた」のナナメギコバージョン。ナナメの世界によりまっくら森がさらにカオス状態となっています。

とにかく置き場所


MOONNIGHT -月夜の天使-

ハチミリ氏の作品『Savior Cat』の二次創作&オマージュの予告編。目的を見失いながらも戦いを続ける荒廃したAAの世界が描かれています。

夜鷹茶屋

現実と空想の狭間でGとの戦いを描いた自主制作アニメ『東京コスモ』


東京コスモ【自主制作アニメ】


生活感あふれる日常から突如空想の世界へ誘われた女性を描いたショートアニメ。巨大な敵「G」との遭遇が引き起こした妄想の世界なのかは謎ですが、登場人物をはじめ背景や小物にいたる全てがリアルな質感で驚かされます。

【FLASH BACK 200X】Macromedia最後のリリースから早10年経ってしまった2005年10月作品【スーパーマイケルブラザーズ】


だいぶ肌寒くなってきた今日この頃ですが、比較的良い天候が続いてますね。さて2005年10月といえば、MacromediaのFLASH8が発売された時期でもあります。また「MMR MMリターンズ 帰ってきた壮大な萌え」「糞紅白2005」 「Masquerade」 と幅広いジャンルのオンラインイベントが開催されていました。


スーパーマイケルブラザーズ


タイムアタックならお手のもの…独自の世界観を持つマイケルがスーパーマリオの世界をルール無視で突き進みます。ラストの大どんでん返しも必見です。


魔法陣ゴルァゴルァ-晴れてハレルヤ-


お馴染み2chキャラによるアニメOPパロディ作品。所々に2chキャラのパロディを交えながらも丁寧な作りで忠実にオリジナルを再現されています。

TETLA POT


Ryukin




金魚がもたらすのは繁栄か滅亡か…そんなことを考えさせられる。終始穏やかかつ情緒的な映像が流れる作品です。