Category Archives: Flash

【CloseUp Flash Reloaded】鏡音リン・レン特集1


2007年末にVOCALOID2 キャラクター・ボーカルシリーズ第2弾として『鏡音リン・レン』が発売された。初音ミクの発売から約4ヶ月、当初は「鏡音リン(仮)」としてプレリリースされたが、後に一人二役として「鏡音レン」が告知され、発売前から大きな反響を呼んだ。ファンから多くの期待を受けて12月27日に発売された「鏡音リン・レン」は、初音ミクの発売当時とは異なり、DTM専門店以外にも多くの店舗で積極的に販売された。その結果、初音ミクと同様に音楽ソフト市場で驚異的な売り上げシェアを伸ばしている。

 ・「鏡音リン・レン」発売 秋葉原はどこでも売ってるのがフツー – アキバBlog

発売から1ヶ月した現在、ニコニコ動画では『鏡音リン・レン』のタグを持つ動画は4,000作品を越えている。これは初音ミクの発売当時以上の勢いである。そこで今回はネットに公開されている作品を中心に『鏡音リン・レン』のブームの動きを探るとともに、発売元のクリプトン・フューチャー・メディア(株)メディア・ファージ事業部さんに『鏡音リン・レン』を中心にVOCALOID2シリーズにまつわる様々なことについて伺ってみた。

<鏡音リン・レンとは>
メロディと歌詞を入力するだけでリアルに音声合成された歌声を生成するキャラクター・ボーカル・シリーズ第2弾。声優の藤田咲さんの声をもとにした「VOCALOID 2 初音ミク」に続く第2弾では、THE IDOLM@STERでも双子のキャラクター、双海亜美・真美役を演じた下田麻美さんを起用し、女性ボイスである『鏡音リン』と男性ボイスである『鏡音レン』の一人二役を演じている。

『鏡音リン&レン』の歌声は、声の通りが良く、明瞭でハッキリとしたサウンドを特徴としている。『鏡音リン』は、F#3~C#5の音域を中心にエレクトロ系やロック系のポップスをはじめ、歌謡曲や演歌のようなソウルフルな歌唱を得意とする。また、『鏡音レン』はD3~C#5の音域を中心にダンス系やロック系ポップス、演歌系ポップスを得意としている。またジェンダーファクター機能により、男性的な要素を加えることで、声に太さが加えられたソウルシンガー風になったり、逆に女性的な要素を強く加えることで、エレクトリックな質感のチビ声やロボボイスなど様々な声質に対応する。


【CloseUp Flash Reloaded】初音ミク特集4


最近ネットでは「初音ミク」に関する話題が注目されている。前回に引き続きOtomania氏&たまご氏のインタビューとこれまでの初音ミクの系譜についての総括をお届けする。



<「Ievan Polkka」制作者インタビュー:後編>
初音ミクブームの火付け役となった作品『VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』を制作されたOtomania氏とたまご氏にインタビューさせていただき、制作のキッカケや初音ミクの魅力について伺った。(以下敬称略)

【CloseUp Flash Reloaded】初音ミク特集3


最近ネットでは「初音ミク」に関する話題が注目されている。前回に引き続き今回もOtomania氏&たまご氏のインタビューと初音ミク作品の系譜をお届けする。



<2007年11月>
ついに先週末にニコニコ動画にアップされている初音ミクの動画が1万件を越えた。そんなニコニコ動画でも0:00の時報に初音ミクを採用するなど発売から僅か3ヶ月足らずでますます勢いを増している今月の動きを追ってみた。

まず今月3日に初音ミク中心ボーカロイドonly event「THE VOC@LOiD M@STER」が開催された。当日販売のカタログを始め午前中に完売するサークルが続出するなど盛大な賑わいを見せた。公式サイトでは早くも第2弾の開催が告知されている。

 ・初音ミクの同人誌即売会 「コミケ3日目ぐらいだった」みたい

そんな中、VOC@LOIDシリーズ第2弾「鏡音リン」の発売がDTMマガジン12月号で発表された。

 ・初音ミクの次は「鏡音リン」

早くから第2弾の声優は誰かと話題になっていたが、大方の予想通り(?)下田麻美さんであることが告知された。ニコニコ動画をはじめとするコミュニティでは早くも鏡音リンの動画がアップされるようになった。


VOCALOID2 鏡音リン・レンに「Ievan Polkka」を歌わせてみた(仮ver.)


Otomania氏&たまご氏からは、はちゅねミクに続くデフォルメキャラ第2弾として「かぐぁみねリン」が発表された。

 ・【鏡音リン】リンちゃんが可愛いので動かしてみたw

また初音ミクと鏡音リンのアンチヒロインである亞北ネルや亜種の弱音ハクなどの2次創作系のキャラクタも登場しじわじわと人気を高めている。

 ・初音ミクと鏡音リンのライバル、予想外の新人「亞北ネル」が人気上昇中

このようにキャラクタとしての人気が高まる中、ついにミクのオリジナル曲をカバーするといった新潮流「ミクオリジナルを歌ってみた 」系の動画が見られるようになった。これまで既製曲をカバーしていた初音ミクが、逆に人間によってカバーされる立場になったことは非常に衝撃的であり、2次元のイラストから3D化したように3次元の人間が2次元のキャラクタを模倣するというこれまでのアプローチとは反対方向の流れを生み出した。コンピュータの中から生まれた創作物が現実の中で生み出された創作物と相まって再生産される現象は、まさに2.5次元のアイドルと言えるだろう。

このような流れを察知してか、来月からJOYSOUNDで「みくみくにしてあげる♪」が配信されることが決定した。

 ・みくみくにしてあげる♪:カラオケ|JOYSOUND.com

そのほかにもPS3で毎日配信されている「どこでもいっしょ」のキャラクタートロによるニュース番組「トロステーション」に初音ミクが登場したり、PS2『トリノホシ』のイメージソングを歌うなど着々とメディアミックスが進んでいる。

 ・にゃ!トロ・ステーションに「初音ミク」ゲスト出演!
 ・PS2『トリノホシ』の発売日は来年2月28日! “プリニー”&初音ミクとのコラボ企画も
 ・初音ミク、ねんどろいどで最速立体化決定!

動画共有サービスの外で色々な動きを見せている中、ニコニコ動画でも今月新たな動きが見られるようになった。その1つとしては、動画クリエイターやFlashクリエイターによる作品が公開されるようになってきた。「【ネギ踊り】みっくみくにしてあげる♪(サビだけ)」をはじめ、コラボレーションイベント「MIX Senses」受賞作品を初音ミクでカバーした「魔法使いミクとガラスの猫」など秀逸なアニメーションの作品が多い。