Category Archives: Flash

【CloseUp Flash Reloaded】初音ミク特集2


最近ネットでは「初音ミク」に関する話題が注目されている。前回に引き続き今回も初音ミクの作品を時系列に紹介するほか、Otomania氏&たまご氏のインタビューをお届けする。



<2007年10月>
発売から1ヶ月を経つ頃には既に1日100作品近くの動画が毎日アップされるようになり、様々な作品が入り乱れるようになった。そのような中、初音ミクを特集したDTMマガジン11月号が発売された。初音ミクの体験版が収録されていることもあり、発売から2日後には完売する店が続出するなど、音楽雑誌としても異例の売れ行きを見せた。

 ・DTMマガジン「初音ミク」 ほぼ完売 増刷予定なし

DTMマガジン11月号の発売により体験版を利用したユーザが増えたことで、初音ミク作品の登場に更なる拍車がかかった。『タイムリミット』という初音ミク体験版のイメージソングが生まれたことからもその勢いが感じられる。

オリジナル曲 「タイムリミット」 Full ver


しかしあまりに多くの作品が誕生したことにより、全ての作品に目を通すことが困難になりつつある中で自然発生的に生まれたのが、『週刊みくみくランキング』や『月刊VOC@LOIDランキング』などのランキングを集計した動画である。多くの作品の中から注目の動画が一目でわかるようになり、初音ミクファンにはかなり有力な情報源となった。

またこの時期からニコニコ動画系のネタを初音ミクに歌わせた作品も登場してきた。特に初音ミクに組曲「ニコニコ動画」を歌わせた『初音ミクに組曲「ニコニコ動画」を調教した結果。(修正版)』やキーボードクラッシャー少年の音声を空耳風に編集し、はちゅねミクに踊らせた『たぴ・ぱん』がある。これまでの初音ミクに対するイメージを良い意味で破壊した『たぴ・ぱん』には、某アニメの結末をオマージュしたラストシーンが必見の続編『ゼータ・たぴ・ぱん』もあるのでぜひご覧頂きたい。

たぴ・ぱん (カラオケ字幕付)

【CloseUp Flash Reloaded】初音ミク特集1


最近ネットでは「初音ミク」に関する話題が注目されている。かく言う私も発売直後からみっくみくにされている。発売されてから12日後には、初音ミク中心のイベントである「THE VOC@LOiD M@STER」開催が決定し、この2ヶ月で音楽ソフト市場では異例の20,000本以上を売り上げ、動画配信サイト「ニコニコ動画」では既に7,000を越える作品が掲載されている。なぜ短期間でここまで盛り上がったのか? パッケージのイラストや声優「藤田 咲」さんによるキュートなボイスによるキャラクター性、ニコニコ動画などの作品公開の場があることなどが要因として語られているが、個人的には単なるDTMソフトに留まらない様々な可能性が秘められていることにあるのではないかと感じている。そこで今回は、これまで公開された作品紹介を通して初音ミクが持つ魅力と可能性について探ってみたい。

<初音ミクとは>
「初音ミク」とはクリプトン・フューチャー・メディア(株)より2007年8月31日に発売された歌声合成ソフトウェアだ。メロディと歌詞を入力するだけでリアルに音声合成された歌声を生成するVOCALOID(ボーカロイド)はYAMAHA株式会社によって開発され、これまで5製品が発売されている。今回発売された初音ミクは、「キャラクター・ボーカル・シリーズ」として声優を採用したVOCALOID 2 CVシリーズの第1弾である。発売されてから初音ミクを利用した様々な作品がネット上で公開されてきたが、従来のVOCALOIDシリーズに比べて初音ミクは開発側が想定していなかったような様々な使われ方がされている。今回インタビューさせていただいた たまご氏 の協力のもと、様々な使われ方の一例となる作品を時系列に追ってみた。


【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「閃’09 / HIRAMEKI 2009」


2009年3月21日から2日間に渡り15秒FLASHイベント「閃’09 / HIRAMEKI 2009」が開催された。今年で4回目を迎える本イベントは、開催期間が3日間から2日間へと短縮されたものの、昨年を上回る73名の参加者を迎えて開催された。昨年に引き続き今年も、本イベントの中からアイデアの光る作品をいくつかピックアップしよう。



HIRAMEKI’09 Opening

MG系の作品に定評のあるyama_ko氏のオープニング作品。イベントのテーマである閃光をイメージした映像は強烈なインパクトを見る人に与えています。

Mattari Factory


iTD

一見Tower Defense系のゲームかと思いきや、敵の正体とタイトルの意味が明らかになるオチが衝撃的でした(笑)。

枡席


Breath

花咲く草木や空を舞う蝶などの暖かな情景が春の息吹を感じさせてくれます。

quarter-d.com


フトンサイコー

布団にくるまってぬくぬくしたい気持ちがからくり装置によって見事に演出されています。

counterQ


あの時

突然の別れに対して過去を振り返っても過ぎ去った時は永遠に戻らないことを感じさせる作品です。

fla3 flashやってます


恋のドキドキ☆MEGUSURI講座☆

無理矢理目薬とかけ合わせたアメコミ風の強引な展開とそのオチが笑いを誘います。



今回紹介した作品以外にも魅力あふれる作品が数多くあるので、気になる方は是非公式サイトからご覧下さい。