Category Archives: Flash

【CloseUp Flash Reloaded】緊迫感あふれる時代劇FLASH


水戸黄門や忠臣蔵など日本の文化として根付き、今なお多くのファンに支持されている時代劇。そこには剣劇によるアクションだけではなく、人と人の間に生まれるドラマや現代人に失われがちな「美徳」、「奥深さ」がある。だからこそ我々日本人のこころを惹きつけて放さない魅力があるのではないだろうか。今回はそんな日本の魅力あふれた時代劇をテーマとした物語を紹介する。




土煙高田馬場

赤穂浪士四十七士の一人である堀部安兵衛の若き日のエピソードを描いた「高田馬場の決闘」のクライマックス部分をアニメ化した物語。FLASHオフラインイベント「flash★bomb’05」のトリを飾った本作は、躍動感あふれる動きを着物姿の人物で描く確かな画力、そして随所に見られる小ネタなどがエンタテイメント性のある時代劇アニメとして大きな反響を呼んだ。
「『高田馬場』を選んだのは、話が分かりやすく、セリフ抜きで音楽に乗せて一気に作れるし、ギャグなどの味付けも挿入しやすいと思ったことが大きな理由です。しかし、ただひたすら突っ走るだけなので、途中どんなイベントを入れようか、かなり悩みました。ただお話として200年以上も持ちこたえているのは、お堅い忠臣蔵のイメージとのギャップがあるからではないかと思います。どんなカッコいい奴でも、人に言えないような失敗談の10や20は持っています。主人公のくやしい気持ちが伝われば嬉しいです。」(日暮里本社氏)
また日暮里本社氏によると義理の叔父との関係を単純に表現するために小説に無い設定を用意したそうである。制作者のイメージを膨らませることによって、物語をよりドラマ性のある展開にすることができるのもFLASH制作の魅力の一つであろう。

Poo’s WORLD



巌流島

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘を描いたアニメーション作品。今もなお多くの謎を残している結末を斬新な解釈で演出されているのが印象的だ。また、様々なカメラワークによって見せる間合いや、スローモーションで展開される一撃などが緊迫感あふれる映像を作り出している。
「この作品を作った頃はFLASHを初めて数ヶ月の頃でしたので、いろいろ手探りの中で作品を作っていました。技法としてはモーショントゥイーンという機能を主に使用しています。当時は、この機能を多層的に使用することで、アニメーションっぽい映像を作ることができることに喜びがありました。」(大沢駿氏)
アニメーションというとコマアニメに注目が集まりがちであるが、シーンによってはモーショントゥイーンも有効な手段であることを実証した作品と言えるかもしれない。

BEMOD

【FLASH BACK 200X】ベガとアルタイルの邂逅に思いを馳せる2007年7月


関東ではすっかり夏の様相を迎えている一方で九州北部は未曽有の豪雨が襲っているなど、いよいよ梅雨という季節がなくなってしまったことを感じさせるここ一週間です。さて2007年7月にはMGイベント「Perfect Promotion’07」が開催されスタイリッシュな映像作品で盛り上がっておりました。今回は本イベントから2作品を紹介します。


Phonogram


言葉によって生まれるシンボルが心地いい声・文字をテーマとしたMotionGraphicsです。

yama-ko.net


tree -emotion graphics-


2007年頃から多用されるようになったタイポグラフィによるMotionGraphics。文字によって芦原された木々の営みが目眩く描かれています。

La Mer ArtWorks

【CloseUp Flash Reloaded】ハロウィンを題材としたFLASHムービー


ハロウィンとは、あらゆる聖人を記念する祝日である万聖節(11月1日)の前夜祭のことである。もともとは数千年前の古代ケルト民族が行った秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭りが起源と言われている。ハロウィンと聞いてまず思い浮かべるのが、魔女やゴーストなどの姿に仮装した子供たち近所を練り歩き、“Trick or treat”の言葉と共にお菓子をねだる姿ではないだろうか。今回はそんな楽しさと薄気味悪さが入り交じったハロウィンFlashを紹介する。




UNACCOUNTABLE VILLAGE

ハロウィンの日、『不可解な村』では、誰が一番怖いかを決めるためのお祭りが開かれている。しかしあることが原因で一人だけ怖い姿になれないものがいた…そんな村で起こった一騒動を描いた物語。初出は2004年であるが、今年リメイクされた本作は、個性的なキャラクタや幻想的な空間を演出する背景のタッチなど描画のクオリティが格段に向上し、より深みのある印象を与えている。
「動く絵本的な仕様になっていますので、難しいことを考えずに楽しんでください。ハロウィンのあの空気感を感じ取ってもらえるとウレシイです。」(アカツキ チョータ氏)
ハロウィンというテーマに個性的かつ明確な役回りが与えられたキャラクタ、そしてハッピーエンドとなる展開は、まさに絵本としてピッタリの作品ではないだろうか。
そんな才能を買われて、現在アカツキ チョータ氏は弥栄堂の新作「カラクリ戦記 鬼ヶ島」のキャラクターデザイン原案や楽曲を担当している。本作からも氏の作風を感じ取ることができるので要チェックだ。

チョータ式



ハロウィン

シンガーソングライター葉月ゆら氏の「はろうぃん」を題材に制作されたFLASH。ゆら氏特有の歌い方と可愛らしいキャラクタの相乗効果により作品全体がよりメルヘンチックなものに仕上がっている。
「一連のストーリーはありますが、観た方がそれぞれ自由に想像して下されば良いなぁと思っています。またポイントはやはり最後の仕掛けです。ちょっとしたイタズラ心のつもりです。」(たぬふら氏)
最後の画面ではクリックすることで様々なアクションが行われるギミックが組み込まれている。まさに“Trick or treat”を体現したハロウィンらしい作品だ。

たぬふら