Category Archives: Flash

【CloseUp Flash Reloaded】心を揺さぶられる感動系ストーリー


感動とは文字通り感情の動きによって生まれる感覚である。その感覚は、人や動物との触れあいによって生まれることもあれば、絵画や音楽などの芸術作品によって得られることもある。時には人間を突き動かす原動力になったり、人生の転機となる力を秘めている。
「最近感動したことはありますか?」。モラルや学力の低下、ニート問題など無気力、無関心、無感動による様々な問題を抱えている現代社会において、いま一度「感動」について振り返ってみることが必要かもしれない。今回はそんな感動を与える物語を紹介する。



キミとボク

2001年の公開から5年間にわたって更新され続けている青年と猫の友情を描いた物語。猫の立場から見た飼い主との交流は、子供の時の出会いから年月を経ることに親睦を深めていく様が映し出されている。幾年経っても飼い主を見守り続けるその姿は、言葉が交わせなくても通じるモノが確かにあることを感じさせる。そしてやがて訪れる別れの刻。失った時に初めてその存在の大きさを思い知らされる…
「様々なメッセージが込められていますが、制作者の意図ぬきで観て頂き、個々の方がそれぞれのメッセージを感じとって頂ければ幸いです。」 (しげっト氏)
実体験を基に制作された物語は、いかに猫の存在が飼い主の心の支えになっていたのかが描かれている。だからこそストーリーから伝わる絆や喪失感の大きさに涙せずにはいられない作品であるのだろう。
尚、本作の絵本が12月8日に発売される。Flash版をご覧になられた方でも十分に読みごたえがある内容だそうなので、書店で見かけたら是非お手に取ってみてはいかがだろうか。
さらにウェブ上では水墨画家 小林東雲 先生とのコラボレーション『十人桃太郎』や『キミとボク』のPART2的な連作が2007年以降に制作されるようだ。こちらも見逃せない。

UNIVERSAL RADIO



WALKING TOUR

人生観を歩みに例えて表現した物語。シンプルなキャラクタで人生というものをわかりやすく表現している。人生を共に歩く存在はいつしか別れが訪れるものだ。しかし残されたモノたちがすべきことは、過去の思い出や苦しい現実を背負って生きていくことである。今いる自分の存在を受け入れることからあらゆる進歩が始まり、自己の尊厳が生まれ出ることを感じさせる作品である。
また日本語以外にも5ヶ国語に翻訳されたバージョンが存在することが、世界中に通じることのできるテーマであることを証明している。そのテーマの中には単に人生観だけではなく、自分の中の深層に存在する喜びや悲しみから生まれる感動が、民族や言語の違いを超えてあらゆる人間の中に見い出せることを伝えているのではないだろうか。
「当初のバージョンでは音楽との最高のマッチングが売りでしたが、それを改訂したオリジナル曲版も
、後述する絵本版でも、やはり音楽との相乗効果が高く評価をいただけております。」(sapara氏)
また本作は先月絵本として出版された。絵本には、アニメ「PLANETES」等の作曲者、黒石ひとみさんによる新曲の音楽と、山寺宏一さんの朗読が入ったバージョンを収録したCD-ROMが付属している。音楽との相乗効果が高められた絵本版も是非ご覧頂きたい。

Saparak
WALKING TOUR出版のお知らせ

【FLASH BACK 200X】サクラサクころに君に言えるありがとうは黄昏の夢の中に見た花道 2007年4月


ようやく桜が満開となりましたが、何だが今ひとつの天気模様です。2007年4月では、3D Flashをテーマとしたイベント「3dive2」が開催されました。ActionScript3の登場によりできることが増えた一方で仕様変更で悩まされる既存ユーザーがFlash板でよく見かけた時期でもありました。


「うちの兄貴は学会員」アニメオープニング風ムービー【未完成VER】


時折見え隠れする妹のブラックな一面が心を騒がせるwebコミックをベースとした作品。テーマ自体がアレなわけで感想を述べるのが難しい作品ですが、正面から切り込むのとは違ったアプローチによる風刺作品としては珍しいモノかもしれません。


8頭身のデスノートOPはキモイ


デスノートOPを8頭身で再現した作品。8頭身によるオリジナルの再現性さることながら、1さんへの想いが爆発するサビもキャラとマッチしていてい面白さを引き立てています。

【CloseUp Flash Reloaded】デジタルコミックにおけるFlashの活用


コンピュータやインターネットの環境の発展に伴い、今では簡単に個人でイラストや漫画をウェブ上にアップロードして公開できる時代になったが、その次のステップとしてそれらの作品をFlash化する動きがここ数年で多く見られるようになった。事実、自分の作成したイラストや漫画を動かしたい為にFlashを始めた人も多いと聞く。イラストや漫画をFlash化することによって、従来の静止画では難しい表情の変化やカメラワークなどの微妙な動きを実現できる。一方で従来の漫画にある吹き出しやコマ割りなどの形式で見せたり、音を出せる環境であるにもかかわらず効果音を文字で表現したりしている。今回はそんな漫画としてのスタイルを維持したFlash漫画を紹介する。



行進曲は突撃ラッパ

感情をラッパを通して表現する無口な少女、萌とその友人達の日常を描いた4コマFlash漫画。個性的な登場人物の紹介が描かれている。
「現時点ではまだストーリー的な物は描いてませんが、萌達の突拍子もない行動をお楽しみください。」(フジツカ氏)
登校編のあとは放課後編や、バイト編など、人間模様にも変化が起きる展開を構想中とのことであり、今後が楽しみだ。またフジツカ氏の作品には、九十九百太郎氏のヴォイスドラマを元にしたFlash漫画「ねこまんが」もある。こちらも是非一度ご覧頂きたい。

コギト・エルゴ・スムン



たいむいずまねー

山のふもとに寂れた料理屋をみつけた学校新聞グルメ担当のかんな。そこで出会った少年店主は、300種類以上のメニューのどれを頼んでも3分以内に料理を出してしまいます。しかし問題の多いこの店は閑古鳥。そこで接客のまるでダメな少年店主を更生させつつ、店の謎に迫ろうとする物語。
魚介類ラブラブマンガを元にFlash版を制作されたシリーズである本作品は、ドタバタアニメ調の作風となっている。また、漫画などでは表現が難しいカメラワークの他、キャラクタなどに3Dを用いているのが目新しい。
「キャラの個性で押してる内容なので、新キャラである赤髪の少年の不器用っぷりなど個性的なキャラたちを見てもらいたいです。また、背景とキャラの一部にswift3Dを使っています。モブシーン用や、アクションシーンの一部にも使っており、欠かせないものになっています。」(鱒木氏)
現在本シリーズは、SF的な展開となっている第4章が開始されている。

鱒の家