Category Archives: Flash

【CloseUp Flash Reloaded】映夜祭’07 イベントレポート3


2007年9月15日、新宿ロフトプラスワンにて映像上映&トークイベント「映夜祭’07」が開催された。前回に引き続き、今回も作品紹介並びにイベント主催者であるまっつん◆SW1/SWF8io氏を始めとするイベント関係者に伺ったインタビューをお届けする。



<映夜祭’07 上映作品紹介>
プリンのうた

甘くて白いプリンをnnm氏が作詞作曲した脱力感あふれるメロディにのせて歌ったとてもシュールな作品だ。いろいろツッコミ所が満載だが深く考えてはいけない…感じるんだ。すると何かがきっと見えてくるだろう。
「適当に作っているように見えるかも知れませんが、間違いです。いざ作ろうと決めた頃にnnmさんが大学ノートに描かれた作品の絵コンテをもってきてくださったんですが、それが実に細かく計算されていていたく感動しました。映像についてですが、特に私は何もしてません。」(チョータ氏)
「二年位前に歌が作りたくなってはじめての経験の中がんばってnnm組で歌を録ってこれはチョータさんと作りたいと思って一緒に作ろうと約束して二年くらい経った今回互いの状況利害が一致して日の目を見ました。あとはごらんのとおりです。別にプリンはそこまで好きではないです。」(nnm氏)

チョータ式
私的似非ベジタリアン


ワタシノヒミツ

同じく第4部で上映されたコウキ氏のMusicClip。葉月ゆら氏の歌に乗せて抑えきれない恋心を抱く女の子が勇気を振るって告白する様子が何とも微笑ましく描かれている。
「全体的に動きにメリハリをつけ、音同期を重視する事で見ていて気持ちの良い作品になるよう心がけました。 今回は登場人物が作品内で様々な感情を持つので、いかにしてそれを顔に表せるかが一つの課題でもありました。オフラインでの上映作品ということで手拍子ネタも入れてみたのですが、会場の皆さんに乗ってきて貰えて嬉しかったです。
映夜祭運営の方々、楽曲を提供して下さった葉月ゆらさん、そしてオン・オフ問わず作品を見て下さった方々に感謝です。ありがとうございました。」(コウキ氏)



【CloseUp Flash Reloaded】映夜祭’07 イベントレポート2


2007年9月15日、新宿ロフトプラスワンにて映像上映&トークイベント「映夜祭’07」が開催された。イベントの模様は前回お伝えした通りだが、今回はオンライン公開された上映作品のいくつかをピックアップし、作品紹介並びに主催者であるまっつん◆SW1/SWF8io氏を始めとするイベント関係者に伺ったインタビューをお届けする。



<映夜祭’07 上映作品紹介>
TOKYO TRAVEL

プレイベントで上映されたa-key氏ことカギ氏のPV作品。東京にある観光スポットをMotionGraphicsによりスタイリッシュに紹介している。
「Flashでは今までなかなか使われなかった2stepという音楽ジャンルで、オシャレな映像を作ってやろうと思いました。参考にした観光本がやや古かったので、情報の鮮度についてはあんまし期待しないほうがいいと思います。また、『Flashの最小限の機能でいかに高級感のある映像を作るか』という裏テーマがあります。ソースを公開しているので、お暇な方はご覧になってみてください。」(カギ氏)

locker room production


2ch風ナイトメアアナボリズム

本イベント第4部で上映されたハタラキ有氏が長年手がけられているオリジナル長編WebアニメーションのPVアニメーション。登場人物全てを近親感のある2chのキャラクタに置き換えただけでなく、激しいアクションシーンを中心に期待感を高める構成となっている。
「ナイトメアアナボリズムをFlashにしようと決意した時、『ナイトメア』が付くので『NCのパクリだ』と言われるのが怖くてタイトルを変えようとすら考えたものですがそれを逆手にとってみました。宣伝云々関係なく楽しんでいただければ幸いです。」(ハタラキ有氏)

ハタラキ有



【CloseUp Flash Reloaded】映夜祭’07 イベントレポート1


2007年9月15日、新宿ロフトプラスワンにて映像上映&トークイベント「映夜祭’07」が開催された。今年で4回目を迎える本イベントは、昨年のレポートでも紹介したとおり、映像コンテンツを酒の肴にオールナイトで酒と雑談を楽しむイベントであるが、今回は2部制となり、本イベント以外にもプレイベントが新たに設けられた。


会場に入るとまず目に入るのが、メモ用紙を自由に貼り付けられる掲示板。ここに貼り付けられたコメントやイラストなどはイベントラストを飾るエンディングに用いられた。この他にも観客と運営が一体となって楽しむための企画が様々な所に仕掛けられていた。

また会場の脇には物販ブースが設けられ、お馴染みの缶バッチやメテオジャックスのぬいぐるみを始め、映夜祭の公式グッズが所狭しと並べられていた。イベント開始前や休憩時間には多くの観客がブースを訪れ好評を博していた。




夜の部であるプレイベントでは、オンライン投票で選ばれた過去に上映された名作や問題作を中心とした構成となっている。18歳未満でも入場可能であるため観客は比較的若い人が多いように見受けられた。プレイベントの司会は爆走戦隊氏と見習い氏。まず始めに上映された注意事項&オープニングでは、外山恒一氏扮する爆走戦隊氏が、政見放送のように注意事項について檄を飛ばすシーンが演じられ、観客共々若さが生み出す勢いに会場は早くも盛り上がりを見せた。