Tag Archives: tigo

【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「slashup03 おこた祭」


年末イベント特集3回目は、昨年12月24日から27日まで開催された『slashup03 おこた祭』。本イベントは、前身である『紅白FLASH合戦』の流れを汲む年末最大のオンラインFLASHイベントである。今回は、昨年まで行われていた対戦形式の公開ではなく、アニメやPV、ゲームなどのジャンル毎に部門を分けての公開となった。そこで今回は「ウェブアニメ部門昼の部」の中から注目の3作品を紹介する。



MUSIC FIGHTER LAST EPISODE FREEDOM


音楽を管理する団体から音楽の自由を取り戻す戦いを描いた物語の最終話。戦いの中で音楽を使う立場と管理する立場から発せられる主張は、どちらも正論であるが故になかなか考えさせられるテーマとなっている。また、3部作となっている本作はいずれもslashupのイベントで公開されているのが特徴的だ。どのような目的で3部作として構成したのか制作者のtigo氏に伺ってみた。

「3部作構想は1話制作開始から考えてました。
1話のテーマ『音楽は音を楽しむ と書いて 音楽』
2話のテーマ『音楽は力を与えてくれるもの』
3話のテーマ『音楽のあり方』
今回の3話では 音楽制作者から見たFLASH制作者への意見を想像で描きました。音楽を自由に使いたいというのは皆が思ってることだと思うんです。JASRACをネタにしたFLASHというのは結構沢山出てきたわけです。しかし『自分が作った音楽を勝手に使われた側』の意見は誰も扱ってなかったわけでして…
自分が作ったものを勝手に使われて意図しない形になったり、許可無くお金儲けの素材などに使われたら嫌だと思うんです。それは音楽制作者でもFLASH制作者でも同じだと思うんです。そういう意味ではあの『閣下』も根っから悪い人ではなかったと思うんですけどね… まぁ完全に悪役になっちゃいましたが(笑)」

なるほど。場合によっては、ストーリー中の主人公と『閣下』の立場が全く逆になっている可能性もあるのかもしれない。

「まぁFLASHを作る過程で著作権は避けて通れないものなので、FLASH制作者側ももう少し著作権の事を考える必要がある。そう受け止めてもらえるよう願ってます。」(tigo氏)

著作権の現状について問題提起するという比較的重いテーマを、歌と戦いを主体としたエンターテイメント性のあるストーリーへと昇華した名作といえるだろう。物語全体の流れを把握していただくためにもぜひ1話からご覧いただきたい。


tigo’s Factory




トチガミ


舞台となる島では、昔から土地神が崇められていた。開拓が始まったあとも崇め続けられたが、時の経過は科学を発展させ、いつしか人間は土地神から科学技術へと崇拝する対象を変えていく…
言葉や説明で語ることなく映像のみで構成された本作は、産業革命や工業化を経て便利な世の中に発展したことにより忘れてしまった何かを思い起こさせてくれる。
「この作品のテーマは、『歴史の変化』といったところが妥当でしょうか。あまり深くは考えてなかったのですが、時間がどんどん過ぎていき、歴史に変化が現れることで、世の中で崇拝され続けていた神様という存在が、どんどん人の世界から離れていく。こうして忘れられていく神様の存在をこの作品に描きました。」(おぎしろ氏)
今回の作品を作ったキッカケや内容の詳細がブログで紹介されている。作中の世界に興味を持たれたら覗いてみてはいかがだろうか。


Holography




変わりゆく宇宙と変わらない俺達と


交通事故により飼い主と離ればなれになった子犬が再び飼い主のところに辿り着くまでを描いたMusicClip風の物語。子犬が成犬になるほど長い間移動したのかと思うとその帰巣本能には驚かされる。
kotetu様の楽曲、「Life is not a dream」を聴いてなんとなくムービーが頭の中に浮かんだ、というのが製作の動機となります。
今回は「光」「陰影」の表現・演出を意識してみました。アニメーションの方も、もう少し作りこんでみたかったのですが、締め切りの関係であえなく時間切れに…」(ごきぶりの出汁氏)
様々な出会いと別れを繰り返しながらも家路にたどり着くことのできた結末に、思わず犬に労いの言葉をかけてみたくなることだろう。

【CloseUp Flash Reloaded】魔法使いが登場するファンタージアニメ


魔法使いと言えばゲームやファンタジー小説に数多く用いられているキャラクターである。一般に魔法使いに対して豊富な知識を持ち賢明で思慮深いイメージを持つが、アニメやマンガではちょっぴりドジで未熟なキャラクター設定であることが多い。その方が見るものへ近親感を高め魅力あふれるストーリー展開にできるからであろう。今回はそんな人間味あふれる魔法使いのFLASHアニメを紹介する。



魔女と森の精霊

森に住む”マリー”という女の子と森の精霊との交流を描いた物語。森の精霊と共に暮らしていたマリーはある日国王の使いにより捕われてしまう。しかしマリーの身を案じた精霊が彼女から授かった精霊石を返すことにより、魔力を取り戻したマリーは脱出に成功する…
多関節アニメーションによるキャラクターの細かな動きや国王の使いとの対面で一瞬現れる火あぶりのシーンなどがストーリーを奥深いものにしている。
「キャラクターの造形が以前の作品に比べてだいぶ複雑になっているので動かすのに苦労しています。またこの作品は本来なら4分程度のお話になる予定だったのですが、いろいろな事情で後半の展開を無理やり圧縮して2分で収めています。」(たけはらみのる氏)
精霊や魔法で黒猫と共にホウキで飛ぶなどファンタジーの王道をゆく展開は、そのまま絵本になっても遜色ないほどの完成度ではないだろうか。

こしあん堂



North Forest Majical Academy

季刊のWeb漫画雑誌「KNOW」に掲載された同コミックをFlashアニメ化した前後編による2部構成の物語。魔法学院に入学して3ヶ月経っても魔法を使えないことに悩む”サキ”。それをからかう同級生の”エル”と一悶着した時、不運にも乱暴者の上級生”バロータ”に本をぶつけてしまう。怒ったバロータは、2人を体育倉庫に閉じこめてしまう…
サキが魔法を使えるようになるまでの長い1日を描いた本作は、それぞれのキャラクターが明確な役割を追っていることでテンポ良いストーリー展開となっている。
「表情やしぐさ セリフのテンポなどに気を使ってます。実はパ○○ラもしっかり作ったけど作品投稿のためにアングルをごまかしました(汗 」(tigo氏)
モーショントゥイーンを活用することでキュートな活発的な女の子を表現したアニメとして代表的な本作は、過去に紹介した「妄想爆発!! 奈々子さん」をはじめ、tigo氏のその後の作品にも数多く登場している。他の作品での彼らの活躍も注目されたい。

tigo’s Factory

【FLASH BACK 200X】利上げ待ったなし!? トランプ相場に沸き立つ2006年12月


ハイ、毎度ながらタイトルは全く意味ありません。しかし、毎年思うわけですがあっという間の一年ですね。ついこの前新年を迎えたと思ったら、なぜか今年一年の総括をしているような気がしてならない今日この頃ですが、10年前の12月も「slashup03」「ニコニコ動画(仮)」「Naname Up+02」「Masquerade 2nd stage」「ParaFla Xmas Party 2006」「第2回紅白闇鍋祭」などのイベントラッシュで目まぐるしい1か月を過ごしておりました。


MUSIC FIGHTER LAST EPISODE FREEDOM

シリーズ3部作の最終話。音楽を取り戻した世界だが目を覚まさないエル。実はまだ戦いの最中にあったエルにサキの声は届くのか…。当時度々話題になっていた著作権の問題と絡めた壮大なストーリーが幕を閉じます。

tigosFactory


やれゆけ!?カニパンマン


自分の顔を食べさせて人助けをする某ヒーローに憧れるカニパンの物語。中身がなかったりグロテスクだったりと憧れのヒーローとのギャップは大きいですが、ひたすら前向きな姿勢がテンポ良いBGMにあわせて描かれています。

のらねこスタヂオ


変わりゆく宇宙と変わらない俺達と


交通事故で飼い主と離れ離れになった子犬の物語。私もむかし実家で買っていた犬を散歩中に見失ったことがありますが、数時間後に勝手に家に戻ってました。犬の帰巣能力はすごいですね。


RTR

作品に魅せられた人が期待と不安が入り混じりながらも作品を作りだしていく、作品の連鎖を描いたMV。やはりonokenとFlashの相性は抜群です。

yama-ko.net