Tag Archives: のすふぇらとぅ

【CloseUp Flash Reloaded】GIFアニメーションから生まれたFlashアニメ


Webで見かけるアニメといったらGIFアニメであった時代がある。GIFアニメの歴史は古く、アニメーション効果を持った画像形式である「GIF89a」がサポートされてからナローバンド時代におけるWebアニメーションの中心であった。その系譜は現在も活動している動画コミュニティ「大日本動画帝國」から伺い知ることができる。その後、ブロードバンド化によりクリエイターの多くは、GIFアニメからFlashやMovieへと制作の場を移してきた。今回はそんなGIFアニメの技術を基盤としたクリエイターの作品を紹介する。



海からの使者・前編


本作は、2000年ごろからスタートしたGIFアニメシリーズ「機動戦士のんちゃん」より1つのエピソードを描いた「雨に抱かれて」の続編である。父親に叩かれる少女を守るために立ち上がったのんちゃんが、暴力や虐待が横行する世の中に心身ともに傷つくところから物語は始まる。
『もう戦いたくない、この国を出よう』
失意のどん底にあったのんちゃんは、海岸で助けたカメに楽園行きを勧められ家出を決意するが、待ち合わせ場所でのんちゃんが見たものは、巨大ガメが故郷を破壊する光景だった…。
特筆するべきは、GIFアニメを制作されていた頃から注目されていた動きに対するとてつもないクオリティである。特に後半の巨大ガメが歩くシーンや破壊される街並みなどは重力感に満ちあふれ、制作者の動きに対する飽くなき追求心が感じられる。
「今回から After Effects を使用していますが、制作方法はGIFアニメと同じ、パラパラ漫画の手法。作画に関しては、毎回自分に課題を設けて取り組んでいます。JAWACONのスクリーンで上映される事が決定していたので、極力緻密に、大画面での鑑賞に耐えられることを目標にしました。結果、制作日数が大幅に延びて、後半部分の完成が遅れていますが、幸いなことに制作を辛いと思ったことはありません。いつかFLASHでも作ってみたいですね。」(のすふぇらとぅ氏)
現在サイトに公開されている後編の予告ムービーから、さらにクオリティに磨きがかかっていることを伺い知ることができる。後編の完成を期待したい。

活動漫画館



次郎長三国志


清水次郎長伝のアニメ化を想定したオープニングムービー。登場人物の紹介から始まり宿敵の黒駒一家とのバトルを描いている。ダイナミックな構図とカメラワークが、登場人物の動きを躍動感あふれるものにしているだけではなく、ストーリー背景や登場人物の性格までもが動きで表現されている。またBGMに動きをあわせたテンポの良さが原作の持つ痛快時代劇の特徴を前面に押し出し、爽快感ともいえる心地よさを視聴者に与えている。
「村上元三の『次郎長三国志』と虎造の浪曲をミックスした設定で、自分で出来る限りのテレビアニメタッチで作りました。時代劇の手垢のついた感じを、むしろ殺さずに体温のあるカッコよさみたいなのをねらっていた気がします。かっこいいというのは顔じゃなくて中味だー!みたいな。」(日暮里本社氏)
様々な修羅場を潜り抜けてきた男たちの生き様を本作から感じ取ることができるのではないだろうか。

Poo’s WORLD

【FLASH BACK 200X】春のパン祭りにも引けを取らない2004年4月【雨に抱かれて、とらぶる・うぃんどうず】


ついにGW突入です! 長い人だと11連休にもなるこの初日、ようやく今月分の記事を書き終えることができましたよ…(;´Д`) さて2004年の4月といえば春の息吹とともに、笑いや感動を生み出す様々な作品が公開されてきました。そんな多くの作品から注目の作品をご紹介。


雨に抱かれて


父親から虐待を受ける少女との出会いから現実の無常さを訴えた物語。のんちゃんシリーズの中でもかなりシリアスな展開が印象的ですが、『海からの使者』劇場版に繋がるキッカケとなる重要なポイントになっています。

活動漫画館


とらぶる・うぃんどうず


ふたば☆ちゃんねるの二次裏板から誕生したOSを擬人化したキャラクター「OSたん」を一躍有名にした架空のTVアニメオープニング作品。Flash版では様々なギミックが仕掛けられていました。


m trip


4月に開催されたPV/MGをテーマとしたオンラインイベント「Perfect Promotion」の大トリを務めたmutastさんの作品。Flashでありながら3DCGのような立体的な演出でまさにMotionGraphicsの世界にトリップしたような感覚を覚えます。


MONARIX REVOLUTIONS
MONARIX REVOLUTIONS
映画マトリックスをAAキャラで再現したシリーズ「MONARIX」の完結編。単なる再現だけではなくあしたのジョーのパロディも織り交ぜており、シリアスなシーンを笑いに昇華させています。

さむらいふ

【FLASH BACK 200X】「世界よ、これが日本のFLASHだ!」ついに時がきた2003年7月【FLASH★BOMB】


Flashファンにとってはもはや説明するまでもありませんが、ある意味終わりの始まりとして当時満を持して開催されたオフラインイベント「FLASH★BOMB」。アンチの1さんの妄想をキッカケにして生まれた伝説のイベントは「クリエイティブなバカ、揃ってます!!」を合い言葉に総勢40名近くのクリエイターの作品が上映されました。上映された作品には現在も語り継がれるような殿堂級の作品も数多くあることから、このイベントがFlash黄金時代の幕開けとも言えるかもしれません。


そんなことより、注意事項~楽園


注意事項を兼ねたFLASH★BOMBのオープニングムービー。作風の異なるポエ山さんとスキマ産業さんの異色のタッグによる作品としてイベントの開幕を飾るに十分のインパクトのあるオープニングとなりました。2011年にポエ山さんが本作にも登場したゴノレゴの10周年を記念して制作した本作のオマージュ作品「【ゴノレゴシリーズ】そんなことより、10周年 -FRENZ 2011にて。楽園RMX-」も必見です。

POEYAMA
スキマ産業


なつみSTEP!-NATSUMI STEP!-


モーショントゥイーンを活用したFlashクリエイターとして人気であったNNSJさん(現たけはらみのる氏)の代表的な作品。女の子を中心とした一見楽しそうな作品ですが、その雰囲気とは真逆の隠された設定が明らかになったことでネット界隈に大衝撃を与えました。

こしあん堂


ドラゴソボール8


こちらも2ch系アニパロFlashの伝道師として人気を一手に受けていたwosaさんのドラゴンボールオープニングを2chキャラで再現した作品。再現性は言うまでもありませんが、お馴染みの8頭身と1さんをはじめとした2chキャラたちの絶妙な配役が笑いの絶えない作風に仕立て上げられてます。

wOzBox (;´Д`).to


スーパーシィルクちゃん


wosaさんの独壇場であった2ch系アニパロFlash界隈に2003年「2ちゃんねる大王」を引っさげて彗星のごとく現れたのが512kbさん。OH!スーパーミルクチャンオープニングをしぃとギコで再現したアニパロFlashとなっています。本作でもしぃやギコのキャラクター性を活かし、ほのぼのとした雰囲気を醸し出してます。


Go!Go! アイスキャンディ


暑い中みんなで食べるアイスの中でPちゃんが引いた当たり棒を巡って大波乱が巻き起こるのんちゃんシリーズのショートムービー。1分近くのアニメーションの中に詰まった細かな動きはそのBGMと共に観客に大きな衝撃を与えました。

活動漫画館