Tag Archives: たけはらみのる

【CloseUp Flash Reloaded】魔法使いが登場するファンタージアニメ


魔法使いと言えばゲームやファンタジー小説に数多く用いられているキャラクターである。一般に魔法使いに対して豊富な知識を持ち賢明で思慮深いイメージを持つが、アニメやマンガではちょっぴりドジで未熟なキャラクター設定であることが多い。その方が見るものへ近親感を高め魅力あふれるストーリー展開にできるからであろう。今回はそんな人間味あふれる魔法使いのFLASHアニメを紹介する。



魔女と森の精霊

森に住む”マリー”という女の子と森の精霊との交流を描いた物語。森の精霊と共に暮らしていたマリーはある日国王の使いにより捕われてしまう。しかしマリーの身を案じた精霊が彼女から授かった精霊石を返すことにより、魔力を取り戻したマリーは脱出に成功する…
多関節アニメーションによるキャラクターの細かな動きや国王の使いとの対面で一瞬現れる火あぶりのシーンなどがストーリーを奥深いものにしている。
「キャラクターの造形が以前の作品に比べてだいぶ複雑になっているので動かすのに苦労しています。またこの作品は本来なら4分程度のお話になる予定だったのですが、いろいろな事情で後半の展開を無理やり圧縮して2分で収めています。」(たけはらみのる氏)
精霊や魔法で黒猫と共にホウキで飛ぶなどファンタジーの王道をゆく展開は、そのまま絵本になっても遜色ないほどの完成度ではないだろうか。

こしあん堂



North Forest Majical Academy

季刊のWeb漫画雑誌「KNOW」に掲載された同コミックをFlashアニメ化した前後編による2部構成の物語。魔法学院に入学して3ヶ月経っても魔法を使えないことに悩む”サキ”。それをからかう同級生の”エル”と一悶着した時、不運にも乱暴者の上級生”バロータ”に本をぶつけてしまう。怒ったバロータは、2人を体育倉庫に閉じこめてしまう…
サキが魔法を使えるようになるまでの長い1日を描いた本作は、それぞれのキャラクターが明確な役割を追っていることでテンポ良いストーリー展開となっている。
「表情やしぐさ セリフのテンポなどに気を使ってます。実はパ○○ラもしっかり作ったけど作品投稿のためにアングルをごまかしました(汗 」(tigo氏)
モーショントゥイーンを活用することでキュートな活発的な女の子を表現したアニメとして代表的な本作は、過去に紹介した「妄想爆発!! 奈々子さん」をはじめ、tigo氏のその後の作品にも数多く登場している。他の作品での彼らの活躍も注目されたい。

tigo’s Factory

【FLASH BACK 200X】皆さんの一票で暮らしが変わる2006年7月【slashup★02】


夏だ!祭りだ!参院選だ!…というわけで、みなさん投票には行きましたでしょうか? 今回から18歳からも選挙権が与えられたということで、超高齢化社会を迎える日本とって若者の民意を伝えられる貴重な1票だと思うわけでございます。さて2006年の7月には、名称を新たにしたslashupが初のオフラインイベントを迎え、暑い夏をさらに熱くしていた時期です。そこで今回はオフラインイベント『slashup★02~Flash Summer Festival~』から注目の作品を紹介します。


空想少女

古いフィルム映像のようなノイズや画面のゆれなどの細かい演出が光る摩訶不思議なアニメーション。夢中になって本を読みふける少女の空想が次々と具現化するといったインパクトのある世界観が繰り広げられます。

花蟲


ガラクタノカミサマ

み~や氏初のオリジナル作品であるSFファンタジーアクションアニメ。人々を理想郷に導くカミサマの声を聞き人々に伝える巫女とそのカミサマに抗う少年の関係や戦わねばならない因縁をバトルにあわせて描いてます。

miyasuke.net


MUSIC FIGHTER EPISODEⅡ DESTINY

音楽が禁止された世界で抵抗する3人が電波ジャックにより音楽を届けるMV風アニメーション。前作からの続編で「音楽は楽しむもの」をテーマにバトルの勝敗が決する展開となってます。

tigo’s Factory


魔女と森の精霊

森に住む”マリー”という女の子と森の精霊との交流を描いた物語。一見楽しそうな雰囲気の中に魔女狩りの背景をにおわせる所など“なつみSTEP”に通じる闇深い部分を感じさせるストーリーとなっています。

こしあん堂


ツクモヤマイ

何かから逃れようとしつつもで何かを追い求めている終始幻想的な世界が描かれています。コミカルなキャラに若干狂気を孕んだ写実的な背景などエジエレキさんの転換期ともいえる作品です。

マタタビアソビ

【FLASH BACK 200X】イベントラッシュに忙殺された2004年7月【flash★bomb’04 その3】


3週連続でお届けしたflash★bomb’04。ラストは観客の度肝を抜いた至高の5作品を紹介します。


フルスロットル・マイナス

犬のキャラクターである「ズモモ」と「ヌペペ」がバトルを繰り広げるバトルアニメーション。イベント公開当時は『新作でい!バーロー』というタイトルであったが、一部シーンを削除したうえで公開されたのが本作である。コレまでのFlash作品の常識を覆す細やかな動きが話題となり、「DoGA CGアニメコンテスト」や「shockwave.com AWARD2004」など国内外で行われた数々のコンテストでのノミネート・受賞を経て、書籍化やTVアニメ化されたルンパロ氏を代表する作品です。

rumparo-tita


RIDE


四畳半神話大系のエンディング制作にも携わった映像作家 細金卓矢氏が2501名義の時期に制作されたMotionGraphics作品。村上春樹の小説「ダンス・ダンス・ダンス」をモチーフにしたという本作ではMG系の中では珍しく、メッセージと映像を合わせた演出でありストーリー性のある映像となっています。


魔法使い!?まなみ


賢者の石を手に入れるために城内を探検する3人組の物語。現在ニコニコチャンネルで配信されているアニメ『あぐかる PLAY WITH IBARAKI編』の作画監督を担当しているたけはらみのる氏が制作した本作はその後声入りのリメイク版が東京国際アニメフェア2009で公開されました。

こしあん堂


Montage Graphics


様々なオブジェクトによる多彩な演出が魅力のMonoChrome氏のMotionGraphics作品。MG系としては落ち着いた色彩やBGMでありながら各シーンの繋ぎがすばらしく観客を魅了した氏の代表作の1つです。


オーニソプター


ボレロのBGMに乗せて優雅に羽ばたく飛行機械を描いたアニメーション。固定シーンながらも小ネタを挟みつつ目まぐるしく変わる背景描写が見るものを飽きさせることなく、ストーリー性を感じさせる結末へと持って行ったことが印象的な作品です。

弥栄堂