Category Archives: Flash

【FLASH BACK 200X】寒さを克服する熱さを秘める2005年2月作品【ル8ン三世、う○ぎ】


今月は東京都心でもちらほらと雪が降り寒さもひとしお身にしみるこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか? さて2005年2月といえば大阪で開催された『FLASH EXPO ’05 ~ 閃光動画万博 ~』が大きな話題を振りまいてました。他のイベントよりネタ色の強い作品が多く、ノリの良さも相まって笑いの絶えないイベントでした。


ル8ン三世


FLASH EXPO’05で上映された8頭身&1さんによるルパン三世オープニングのアニパロ作品。8頭身&1さん以外のAAキャラの配役も絶妙で登場人物馴染みの演出が上映された会場を爆笑の渦に巻き込んだ傑作です。


う○ぎ


flash★bomb’04で公開された「ツギハギ」に続いて制作されたシリーズ2作目の位置づけとなる作品。前作がネコの視点から女の子との関係を描いていたのに対し、本作は女の子の視点から孤独と他者への反発を解消するきっかけを掴む展開を描いてます。


今日も今日とてテープは回る


聴覚に残された記憶を蘇らせる稼業「心響屋」を営む姉妹の物語。音を撮っていくストーリーを一切のセリフなしで繋げていくことで、録音稼業の大変さを物語っているように感じられます。

偽与野区役所


BRACKBIRD


ロボットバトルアニメーション。変身シーンをはじめミサイルや爆発が繰り広げられる様子はまさに80年代アメリカンヒーローアニメ風の演出となっています。

釜プロ

【FLASH BACK 200X】ありのままに当時公開された作品を話す2005年1月【次郎長三国志、テスト動画(引力)】


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『新年を迎えてあけおめの挨拶をしようと思ったらもうすぐ1年の12分の1を終えようとしていた』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが、そんな感じで今年も10年前の作品を紹介していこうと思います。


次郎長三国志


正月早々に公開されて度肝を抜かれた清水次郎長伝に登場する人物を紹介した躍動感あふれるアクションアニメ。悪の親玉に立ち向かう姿などはまさに勧善懲悪の王道を描いています。

Poo’s WORLD


テスト動画(引力)


文字通りテスト動画として公開された作品ですが、線画中心の映像であるにもかかわらず恋心あふれる女の子の描写がこと細かに描かれています。個人的にはPerfumeを知るきっかけにもなった思い出深い作品です。

BEMOD


終わらない鎮魂歌を歌おう-青年のウタ-


2年前(2003年)に公開された同作品の続編。新米死神の16142号の初仕事の様子が登場人物の心理描写と合わせて丁寧に描かれています

偽与野区役所


Flashアニメ コンキチくん オープニング


狐のキャラクターであるコンキチくんのオープニング。TVアニメのオープニングがそのままFlash化されたようなありとあらゆる演出が込められた映像となっています。

さるでんえい


ねこまんが 手を洗え!

九十九百太郎氏4コマ漫画のボイスドラマをさらに映像化した本作は、猫の可愛さもさることながらFlashによるショートアニメと4コマ漫画の相性が良さが感じられる作品です。

コギト・エルゴ・スムン

【FLASH BACK 200X】年の瀬に当時の作品を振り返ってみる2004年12月【Nightmare City、ハクシャクノテンシ】


2004年12月といえば恒例となった紅白FLASH合戦です。年々規模を増加させた本イベントは、クリスマスに先駆けて20日から開催された一方で、対抗勢力による裏紅白や糞紅白が同時開催されるなどカオスな状態でありながらも盛り上がった時期でした。また翌年からshashupと名称を改めたことにより、初期運営体制による『紅白FLASH合戦』というイベントは今回で一旦終了となった点からも思い出深いイベントです。今回はそんなイベントで注目を浴びた作品を紹介します。


Nightmare City


第三回紅白FLASH合戦でMVPを獲得したみ~や氏の作品。2chキャラによるバトルアニメの王道としてその後多くのフォロワーを生んだ本作は、ギコとモララーを中心としたキャラクターたちが繰り広げるとにかく熱いバトルがBGMとの相乗効果を生み出しています。


ハクシャクノテンシ


血を吸えないドラキュラが輪っかを持っていない天使の出会いにより、ハンデを乗り越えようとする物語。舞台俳優の武藤暁氏がシナリオを担当されたこともあってか、劇中劇といったアプローチによる演出が印象的であり、悲しくも幸せな結末は多くの視聴者を感動させた作品です。

N-GRAVITY


ウシガエル


ネズミ駆除機「ウシガエル」に追われるネズミとそれを助ける犬が連携して逃走を図る冒険奇譚。様々なギミックを駆使して執拗に追いかけるウシガエルが手に汗にぎる緊張感とどうやってこの困難を切り抜けるかと言った期待感を併せ持った作品に仕上げられています。

弥栄堂


地下幻想奇譚 座敷牢


シリアスなストーリー系の中でもタブーに近い領域まで踏み込んだ穴清水氏の異色作。生まれながらに手足がなかった少女「節子」の運命を描いた恐ろしくも悲しい物語は、当時のFLASHファンの度肝を抜いた衝撃的な作品でした。


2ch 2004年史~ω04


昨年の紅白に続いて2004年に発生した出来事を90秒くらいにまとめたすなふえ氏の作品。テンポ良く今年一年を振り返った本作は当時の時事ネタを思い出すには最適な尺であることを10年を経た今になって改めて感じられます。