Category Archives: Flash

【FLASH BACK 200X】秋の夜長に振り返って見るFlash 2003年10月【HAPPY 2CH FRIENDS、かるたん】


もう流石に真夏日はないよね?…と勘ぐりたくなる今日この頃でございますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。
さて2003年10月は、ぴんばにさん主催の「(゚4゚)ウマーなアニメ展覧会」をはじめ、清龍が2ちゃんねらーを出入り禁止にしたり、日本ブレイク工業ブームで様々なFlashが作成されたりと2ch界隈で盛り上がった1ヶ月でした。


HAPPY 2CH FRIENDS


かの有名な「Happy Tree Friends」を2chキャラでパロディ化した吉田ケンタローさんによるFlashアニメ。可愛らしいキャラクターの登場とその後の展開に衝撃を受けたオリジナルシリーズでしたが、それをパロディ化したことに2度衝撃を受けた感銘深い作品です。


かるたんFlash


のほほんさん制作による「カルピスを飲んだときに喉に出現する白いもの」スレで誕生したキャラクター“かるたん”の支援Flash。Flash板発の擬人化キャラクターということもあり、様々なイラストやFlashアニメ、ゲームなどで長い間親しまれてきました。

のほほん


楽しいプーンミン一家


楽しいムーミン一家のOPをAAキャラ「プーン」で再現したSaaDaさん制作のアニパロ作品。原作を忠実に再現しながらのそのメルヘンな世界をぶちこわしにするプーンのギャップが素晴らしいw

SaaDake


ヤッタンボ


美味しんぼのキャラが登場するヤッターマンのOPのアニパロ作品。今ではなかなか見ることのできないすなふえさんの初期作品の1つでもあります。


ゴールデソAA劇場


今はなきゴールデン洋画劇場のオープニングタイトルを2chキャラで再現したNGUMIさんの作品。各シーンで登場するキャラクターの選別が秀逸で笑いの絶えないパロディアニメになっています。

【FLASH BACK 200X】FLASHと自身の関係に思いを馳せる2003年9月【灯台守の夜、英雄にはなれない僕らだから】


2003年9月には、年末の第2回紅白FLASH合戦への期待から早くもCM作品が出てくる中、トリビアの泉で登場したへぇボタンがFLASHで再現されたことにより様々なパロディ系のボタンが登場しました。また月末にはGarniさん主催による完全匿名参加のFLASH発表イベント「SUPER×FLASH」が開催されるなど、各所で賑わいを見せていました。


灯台守の夜


人間が生きていくうえで様々な欲求が巡ります。しかしそんな人間のどろどろとした内面は実はどんな生物にもあるのではないかという一面をまざまざを見せつけられる印象深い作品です。制作者のマスヲさんはその後、益尾陽介名義でジャンプデジタルマンガに「空からフラ太郎」などを連載してました。


英雄にはなれない僕らだから 第1話


ヒーローに人一倍憧れる少年「甘崎 優」が高校の新入生歓迎会での演劇部の公演をきっかけにまたその想いを募らせていく物語。舞台設定が近いこともあり、前作の「終わらない鎮魂歌を歌おう」と同様に本作も様々な学校で舞台化されました。

偽与野区役所


二代目(仮) 第〇話「オープニングムービー」


初代ウルルラマンの父の後を継ぐために母親から特訓を受ける犬丸ですが、様々な誘惑に惹かれる毎日…のようなドタバタコメディを彷彿させるアニメーションOP風ムービーです。個人的にはルパンダイブがお気に入りですw

BEMOD


スラムダンQoo


ユキムラさんのスラムダンクEDのパロディ作品。当時パロディの題材として扱われることのなかったスラムダンクとQooをコラボレーションしただけでなくその他の登場人物もアクの強いキャラに置き換えることで抱腹絶倒の作品となっています。


プール監視員みもりちゃん


プールの平和を守るみもりちゃんが、悪人をバッタバッタと倒していくショートアニメ、圧倒的な強さを誇るみもりちゃんが、どんどんスケールの大きくなる敵に敢然と立ち向かっていきます。

地獄変ドットコム

【FLASH BACK 200X】新たな力が台頭する2003年8月【甲鉄傳紀、えふえふ】


暑い…とにかく暑い。そんな2003年8月には、「折り鶴14万羽プロジェクト」や「どっかの巨大モニタに映るモナーを見るOFF」など期間限定の大規模OFFが盛り上がっていました。Flash板でも紅白FLASH合戦やFLASH★BOMBなどのイベントを経て、様々なクリエイターが作品を公開するようになった時期でもあります。


甲鉄傳紀 -戦雲の高層都市-


つかはらさんの甲鉄傳紀シリーズの第1弾として公開された作品。レトロフューチャーという今までにない世界観が確立され、今後のコンテンツの方向性を決定づけたアニメーションとも言える作品です。

弥栄堂


Hello!
Hello
大きな目のキャラクターとブラックユーモアな作風が特徴的なHiPAiNさんの初期作品の1つ。エンドロールの後のCMも見逃さずにご覧になることをオススメします。

ZaFackShow


えふえふ -闇に常に潜む影-
efuefu_04
にゃんころり」のアニメーションを担当しているてとらさんのオリジナルシリーズ作品。FFをネタとした導師と魔界幻士による漫才風の言葉の掛け合いが特徴的です。

てとらぽっと -TETLA POT-


縁-ゆかり-
sebasu
アニメーションが中心であった2chのFlashにおいてテキスト系というジャンルを確立させた立役者の一人である赤木虫大さんの作品。山田せばすちゃんの詩の世界観を音と映像によって表現されています。

赤木電影


アニピース
anipiece
AKIRAさんの流石兄弟によるアニパロシリーズ。恒例となった兄者の暴走に弟者の的確なツッコミが冴え渡ります。もちろん最終兵器は母者ですw