Category Archives: ブログ

【CloseUp IA】FRENZ 2018 二日目夜の部 イベントレポート


2018年 9月15日(土)、9月16日(日)の2日間に渡り、新宿「LOFT PLUS/ONE」でWeb上で話題のクリエイターによる新作上映イベント『FRENZ 2018』が開催された。今年で10回目を迎える本イベントは、回を重ねるごとに出展者だけでなく参加者も増え続けており、チケットも発売後30分で完売となるほどの盛況ぶりを見せている。オンライン・オフラインを問わず有志によって開催されるものの中で、一度も休むことなく10年近くも続けてきたイベントというのは『FRENZ』以外に聞いたことがない。そんな熱狂ぶりを維持することができる原動力は一体どこにあるだろうか?
前回に引き続き、今回は二日目夜の部に登壇された出展者のコメントの概要を上映作品とともに紹介しよう。(敬称略)



FRENZ 2018 会場限定ビール販促動画(二日目夜の部) (olo)

FRENZ 2018 二日目夜の部オープニング -HISTORY-

『アスペクト比が最初の4:3から16:9になったり、映画館にあるようなシネマスコープなど映像の歴史や多様性みたいなのをアスペクト比で表現したかったのが映像のコンセプトです。また映像に興奮する視聴者の立場をAD笠原さんに演じてもらいました。』(かえるボイラー)

【CloseUp IA】FRENZ 2018 一日目夜の部 イベントレポート


2018年 9月15日(土)、9月16日(日)の2日間に渡り、新宿「LOFT PLUS/ONE」でWeb上で話題のクリエイターによる新作上映イベント『FRENZ 2018』が開催された。今年で10回目を迎える本イベントは、回を重ねるごとに出展者だけでなく参加者も増え続けており、チケットも発売後30分で完売となるほどの盛況ぶりを見せている。オンライン・オフラインを問わず有志によって開催されるものの中で、一度も休むことなく10年近くも続けてきたイベントというのは『FRENZ』以外に聞いたことがない。そんな熱狂ぶりを維持することができる原動力は一体どこにあるだろうか?
前回に引き続き、今回は一日目夜の部に登壇された出展者のコメントの概要を上映作品とともに紹介しよう。(敬称略)



FRENZ 2018 会場限定ビール販促動画(一日目夜の部) (olo)

FRENZ 2018 一日目夜の部OP -wow wow FRENZのうた-

『面白い地生さんのモデルを作ろうとかロフトプラスワンを崩壊させようとか、許可も取らずに勝手にテーマソングを作ったり、かなり勝手に作りました。』(悪だ組)

【CloseUp IA】FRENZ 2018 一日目昼の部 イベントレポート


2018年 9月15日(土)、9月16日(日)の2日間に渡り、新宿「LOFT PLUS/ONE」でWeb上で話題のクリエイターによる新作上映イベント『FRENZ 2018』が開催された。今年で10回目を迎える本イベントは、回を重ねるごとに出展者だけでなく参加者も増え続けており、チケットも発売後30分で完売となるほどの盛況ぶりを見せている。オンライン・オフラインを問わず有志によって開催されるものの中で、一度も休むことなく10年近くも続けてきたイベントというのは『FRENZ』以外に聞いたことがない。そんな熱狂ぶりを維持することができる原動力は一体どこにあるだろうか?
イベントの模様をお届けするとともに、主催の前田地生氏にインタビューを行い『FRENZ』の魅力について改めて探ってみた。



オープニング上映後に登場し、10回目を迎えたイベントで変わったことについて聞かれた主催の前田地生氏は、FRENZの準備のために3日間起き続けることができなくなったと語る。また10年近く前の1回目のFRENZでは、Windows7が発売される前でWindows XPを使っていたなど時代の流れを感じさせる発言が聞かれた。
一方やんわり氏は、1回目のFRENZは立ち上げスタッフとして参加していたものの、体調を崩して直前に実家に帰ることになり参加できなくなってしまったそうだ。
また今回スポンサーとしてさくらインターネットが提出先のサーバーを提供していただいたことや、新スタッフが一からパンフレットを作成したなど、こだわりを感じさせるエピソードが語られた。

FRENZ 2018 会場限定ビール販促動画(一日目昼の部) (olo)

FRENZ 2018 一日目昼の部オープニング -REVIVAL-

『9年前にここで流したオープニングのオマージュを、今の技量でどこまでできるか試しました。いつも昼の部のオープニングをアレンジすることが多かったのですが、今年は記念すべき年だったので、久しぶりに最初のオープニングを担当させていただくことになりました。』(yama_ko)

続いて登壇された出展者のコメントの概要を上映作品とともに紹介しよう。(敬称略)