Category Archives: ブログ

【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「第二回ParaFla!感謝祭」


数々のFlash作品を見てきた人の中にはFlashムービーを作ってみたいと思う人もいるであろう。しかし、Flashを始めるに当たってまず大きな壁となるのがツールの準備である。Flash作成ツールとして代表的なものはMacromedia Flashであるが、価格が比較的高く、操作方法も複雑とあって初心者が気軽に手に入れられるものではなかった。
そのような中で生まれたのがフリーのFlashツールであるParaFla!である。名前から見て取れるように、元々はパラパラ漫画を作るためのソフトが原点となっている。しかしフルスペックのFlash作成ツールとして、様々な機能が実現されるたびに着実にユーザーを増やし、有志によるファンイベントが開催されるまでに至った。そこで今回は、先日開催された第2回ParaFla!感謝祭よりParaFla!で制作された作品を紹介する。



ぱらりば(ParaReversi)


ParaFla!の機能を擬人化した様々なキャラクタ達と対戦するリバーシゲーム。ただのリバーシゲームに終始せず、ゲームを進めることで異なるキャラクタや技を使えるようになるのが特徴的だ。
「コンピュータリバーシならではの、技を駆使した攻防が楽しめます。」(コロいぬ氏)
このようなゲームにはアクションスクリプトというプログラミング言語が必要であるが、もともとParaFla!にはアクションスクリプトの機能は備わっていなかった。しかし、バージョンアップを繰り返すことでその機能が実装されゲームが実現できるようになった。ツールの進化にあわせて作品も進化していくことが体感できるのもParaFla!の魅力の一つである。

真※いぬ小屋



All the time


akeoさんの同曲を元に制作されたイメージPromotionVideo。斬新で独特な色遣いの中、細かい人物の仕草がポップな世界観を強烈に印象づけている。
氏の作品に共通しているのが顔の中が描かれていないことだ。情景のみで雰囲気を表現することでその顔に描かれている表情がどのようなものか想像力を掻きたてられる。言葉も表情もない限られた条件の中でストーリーを紡いでいくことができるのはRag氏ならではの才能だろう。



レインボウ


誰もが同じ外見、同じ能力を持った平和で平等な世界に見えるが、能力者にとっては自分の色を出すことのできない「不平等」な世界を描いた物語。イベントのトリを飾った本作品では、能力のある人材、才能を持つ者たちが「平等」の名の下にどんどんその芽を潰されていく中、本当の平等とは何かを見るものに問いかける奥深いストーリー構成となっている。
「誰かにスポットライトが当たると、別の誰かは見えなくなる。作品のテーマである「真の平等」を意識し、映像の中での明暗の差も工夫しました。」(イズ氏)
これまでのParaFla作品は、比較的ライトな物語が多かったが、これからはテーマ性の色濃い作品もどんどん作られていくことを予感させた作品である。

ガラスの水槽

【FLASH BACK 200X】寒波に凍えて咽び泣く2007年1月【Time up year!】


2週間遅れのあけおめでございます。10年前の2007年のはじめでは、2度目となる2ちゃんねるの閉鎖騒動が勃発しておりました。でも既に差し押さえられている今となっては、ある意味すでに閉鎖したともいえる状況かもしれませんね。また、ニコ動に注目が集まることによって作品公開の場もニコ動やYoutubeに本格的に移りつつある年となっていました。そのため本連載もおそらく今年限りで最後となります。


Time up year!


当時流行していた複数人による連作モノの中でも20人もの制作者によるMotionGraphicsの一大コラボ作品です。


His name is DERRINGER


アメコミ風の作画を意識したアニメーション。腕は立つが最後が決まらない3枚目の役柄の主人公が魅力的です。

スタヂオひまつぶし+!


魔人探偵脳噛ネウロ OP


アニメ化される前に雄志によって制作された仮想OP作品。ALIPROJECTの楽曲をはじめ作風が十二分に表れている完成度でした。

【CloseUp Flash Reloaded】インタラクティブ性を活かしたFlashゲーム


これまで様々なFlashアニメを紹介してきたが、Flashは元々ホームページのナビゲーションやボタンなどのユーザインタフェースとして多く使われてきた。アニメーションだけであれば、Flash以外にも多くのツールが存在するがFlashがこれら他のツールと大きく異なるのは、マウスの動きやキーボード入力に応答するインタラクティブなコンテンツが作成できることである。そこで今回は、インタラクティブなFlashコンテンツの代表的なジャンルであるFlashゲームを紹介する。



モアイの巣


30秒以内にモアイを100匹集めるとステージクリアとなるシンプルなゲーム。モアイを集める操作はマウスカーソルを重ねるだけであるが、素早い動作のモアイを見落とさないようにするため、反射神経を問われるゲームだ。
「ゲーム全体のテンポの良さを最優先としました。そのためタイトル画面はありますが、ボタンなどは無く自動的にゲームが始まります。」(タカヒロウ氏)
また本作品以外にも、タカヒロウ氏の制作するゲームにはモアイといった他では見られない素材だけではなく、特徴的な音声やBGMがよく使われている。
「このゲームのためだけに全体を盛り上げてくれる印象的なアカペラのBGMを作って頂いてます。ぜひ大音量で聞いて頂きたいです。モアイを使ったゲームは今後も制作するつもりです。今以上にオリジナルのBGMに力を入れて、BGMを聞いただけで『これタカヒロウのゲームだ』って気付いてもらえるぐらいになれれば最高です。」(タカヒロウ氏)
タカヒロウ氏のサイトには他にも様々なゲームが存在する。是非一度プレイしてみて頂きたい。

SKT



艦砲射撃!甲・改


ホームページの100万Hitアクセスを記念して制作されたアクションシューティングゲーム。遠方視点で艦影もシルエットだけであるが、マウスとカーソルキーを駆使して飛び交う弾幕の中敵艦を撃沈していくのは爽快である。
「制作当時はゲーム性、デザイン云々が優先ではなく、”いかに限られた時間で、長く、かつ十分に遊べるものを完成させるか”が最重要課題でした。そのため、色という要素をばっさり切り捨て、デザインのコストを省力化して、艦砲射撃!のデザインが完成しています。そのぶんゲームの演出周りに時間を割いて、アクションに対する手ごたえや、全体のメリハリがつく様に注意しています。」(TANAKA U氏)
また様々な武器や戦艦の性能を強化させることもできるので一度プレイしたらハマること間違いなしである。
「”長くビジターさんが遊べるものにする”ということを目標としてましたので、その達成手段として成長要素を盛り込みました。この点はプレイされたお客さんに非常に受けがよかったです。」(TANAKA U氏)
今までのFLASHゲームの集大成として作りこみを行った「SeventhSky+」も公開されているので楽しんでいただきたい。

FLASHゲームサイトNEXTFARME(!)



きつねゴト


キツネとマウスの位置関係とクリックだけでさまざまなアクションを使い、キツネをゴールに導くパズルアクションゲーム。マウスひとつだけで遊べるという単純明快なスタイルながらもゲームを進めていくだけで基本的な操作方法が身につけられるという初心者に対しての細かい配慮が伺える。
「操作説明を見なくても簡単に遊べること、ライトな方々からコアな方々まで楽しめるようにということを意識しました。」(tonowi氏)
より奥深く、楽しく遊べるような仕掛けやステージを増やしていきたいと思っているtonowi氏の今後の新作を期待したい。

TONOWI.com