【CloseUp Flash Reloaded】初音ミク特集3


最近ネットでは「初音ミク」に関する話題が注目されている。前回に引き続き今回もOtomania氏&たまご氏のインタビューと初音ミク作品の系譜をお届けする。



<2007年11月>
ついに先週末にニコニコ動画にアップされている初音ミクの動画が1万件を越えた。そんなニコニコ動画でも0:00の時報に初音ミクを採用するなど発売から僅か3ヶ月足らずでますます勢いを増している今月の動きを追ってみた。

まず今月3日に初音ミク中心ボーカロイドonly event「THE VOC@LOiD M@STER」が開催された。当日販売のカタログを始め午前中に完売するサークルが続出するなど盛大な賑わいを見せた。公式サイトでは早くも第2弾の開催が告知されている。

 ・初音ミクの同人誌即売会 「コミケ3日目ぐらいだった」みたい

そんな中、VOC@LOIDシリーズ第2弾「鏡音リン」の発売がDTMマガジン12月号で発表された。

 ・初音ミクの次は「鏡音リン」

早くから第2弾の声優は誰かと話題になっていたが、大方の予想通り(?)下田麻美さんであることが告知された。ニコニコ動画をはじめとするコミュニティでは早くも鏡音リンの動画がアップされるようになった。


VOCALOID2 鏡音リン・レンに「Ievan Polkka」を歌わせてみた(仮ver.)


Otomania氏&たまご氏からは、はちゅねミクに続くデフォルメキャラ第2弾として「かぐぁみねリン」が発表された。

 ・【鏡音リン】リンちゃんが可愛いので動かしてみたw

また初音ミクと鏡音リンのアンチヒロインである亞北ネルや亜種の弱音ハクなどの2次創作系のキャラクタも登場しじわじわと人気を高めている。

 ・初音ミクと鏡音リンのライバル、予想外の新人「亞北ネル」が人気上昇中

このようにキャラクタとしての人気が高まる中、ついにミクのオリジナル曲をカバーするといった新潮流「ミクオリジナルを歌ってみた 」系の動画が見られるようになった。これまで既製曲をカバーしていた初音ミクが、逆に人間によってカバーされる立場になったことは非常に衝撃的であり、2次元のイラストから3D化したように3次元の人間が2次元のキャラクタを模倣するというこれまでのアプローチとは反対方向の流れを生み出した。コンピュータの中から生まれた創作物が現実の中で生み出された創作物と相まって再生産される現象は、まさに2.5次元のアイドルと言えるだろう。

このような流れを察知してか、来月からJOYSOUNDで「みくみくにしてあげる♪」が配信されることが決定した。

 ・みくみくにしてあげる♪:カラオケ|JOYSOUND.com

そのほかにもPS3で毎日配信されている「どこでもいっしょ」のキャラクタートロによるニュース番組「トロステーション」に初音ミクが登場したり、PS2『トリノホシ』のイメージソングを歌うなど着々とメディアミックスが進んでいる。

 ・にゃ!トロ・ステーションに「初音ミク」ゲスト出演!
 ・PS2『トリノホシ』の発売日は来年2月28日! “プリニー”&初音ミクとのコラボ企画も
 ・初音ミク、ねんどろいどで最速立体化決定!

動画共有サービスの外で色々な動きを見せている中、ニコニコ動画でも今月新たな動きが見られるようになった。その1つとしては、動画クリエイターやFlashクリエイターによる作品が公開されるようになってきた。「【ネギ踊り】みっくみくにしてあげる♪(サビだけ)」をはじめ、コラボレーションイベント「MIX Senses」受賞作品を初音ミクでカバーした「魔法使いミクとガラスの猫」など秀逸なアニメーションの作品が多い。

【初音ミク】 夕やみも夜明けにかわる 【PV】


ミュージックファイター初音ミク


これまで動画クリエイターやFlashクリエイターは自分のホームページで作品を公開されることが多かったが、初音ミクを仲介してニコニコ動画などを公開の場とするようになった。初音ミク以外のオリジナル作品も今後どういう形で公開されるのか注目である。また、コゲどんぼ氏などプロのクリエイターも参入するようになってきたのも印象的である。無論プロが以前から作品投稿していたケースもあったが、音楽関係者以外で登場したのは新たな出来事である。

和音ミクと鈴音リン(二人とも♂)を描いてみたぞ


もう1つの動きとしては、ジャズ「〝さよなら〟full.修正ver」やブルース「〝みくぶる 2〟」など、これまで得意としてきたポップス以外のナンバーも聞かれるようになったことである。さらには以下のようなオペラまで歌うことができるなど初音ミクの底の見えない才能には驚かされっぱなしだ。

魔笛:夜の女王のアリア2


ミラクルペイント


「オリジナル」系では、「ぬこぬこにしてあげる♪(修正版)」や「SUPER HATSUNE BEAT vol.1」などオリジナル曲の替え歌やアレンジが生まれた。

SUPER HATSUNE BEAT vol.1


また「動かしてみた」系では、実写を交えた本格的なPV「サウンド」が登場した。さらに3DアニメPVでは「私の時間」や「melody…」などが公開され、ますます向上するクオリティに期待せずにはいられない。

【初音ミク】PV「私の時間」


初音ミク melody…3D PV ver1.50


最後は季節の移り変わり目のためか感傷的にならずにはいられないこの作品で締めたい。

【手書きPV】桜の季節short.ver【初音ミク】




<「Ievan Polkka」制作者インタビュー:中編>
初音ミクブームの火付け役となった作品『VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』を制作されたOtomania氏とたまご氏にインタビューさせていただき、制作のキッカケや初音ミクの魅力について伺った。(以下敬称略)

UG-K
では次に初音ミクと出会いのキッカケについて伺いたいと思います。発売からかなり早い時期に今回の作品を公開されていましたが、はじめから購入を計画されていたのでしょうか?

たまご
私が購入しようと思ったのは前日です。

Otomania
うーん、実は私はそうじゃなかったんですよね。元々、VOCALOIDそのものの存在は知っていて、それがバージョン2になるのも知ってはいたんですが、個人的には購入するつもりはなかったんです。

Otomania
しかし偶然にも、たまごさんがVOCALOID2(初音ミク)の存在を知り、私に紹介して下さった際に、私の人生の歯車は狂い…いや回り始めたんですよ(笑)

Otomania
たまごさーん。あの時、俺に何て言ったんだっけ?(笑)

たまご
なんていいましたっけ(笑)『これがあったら色々遊んで(いたずら)できそうですね』ってそんな感じだったかと。

Otomania
あー!そうそう! そん時あれだ。ちょうど「とある方」が、ある事情で必死に仕事をしていて、その応援歌を初音ミクで作ったら面白そうだなーとか言ってたんだよね(笑)

たまご
初期の購入のキッカケはその方にいたずらするのが目的だったんです(笑)

Otomania
で、そんな話をして購入しようと決めて注文したのが発売日前日で、なんと翌日の午前中に届いちゃったという奇跡があって…とまあ、入手したきっかけはこんな感じですね。

たまご
注文したのは発売前日の深夜遅くでしたね。

Otomania
結構遅かったよね(笑)

たまご
いたずらする話で盛り上がったので遅かったです(笑)

Otomania
うむ(笑)

UG-K
いたずら目的のための購入だったとは驚きです(笑)

たまご
テンションがおかしかったんです(笑)

Otomania
そのときの曲は、初音ミクが届いた翌日くらいに仕上がってたような…

UG-K
曲の制作も驚くほどの早さですね(笑) 公開された「Ievan Polkka」も1日で完成されたとブログでコメントされてましたが、これまでVOCALOIDのような音声合成ソフトの使用経験はあったのでしょうか?

Otomania
VOCALOIDに関しては、既に発売されていた「MEIKO」を以前、ほんの少しいじった経験がありますね。でもその時は「あーこんなもんかぁ」なんて、あまり気にも留めなかったんですよ実は。あまり自分的にはヒットしなかったようです。

UG-K
では今回ヒットしてしまったのはどんなところにあるのでしょうか?

Otomania
個人的に思うのには、今までのVOCALOIDよりもかなりリアルになったことと、ある程度はっきりとした「方向性」があったからだと思います。バーチャルアイドルシンガーと言うんでしょうか。何でもかんでもそつなくこなす「オールラウンダー」ではないけれど、藤田咲さんのかわいい声で、自分の思うように歌わせることができるなんて、かなりおいしいと思うんですよ。

Otomania
自分自身は今までバンド経験とかあるんですけど、こういう声で歌える人って中々いないんですよね。いわゆる「実力派」と呼ばれるような声ではないし、特定のジャンル向けではあるけれど、そういったはっきりとした良い意味での「制限」が、今回のヒットの要因ではなかったんだろうかと思います。

Otomania
自分自身であんな声出せて歌えたらやってみたいですけど、あいにく遺伝子レベル的にもう無理ですからね(笑)

たまご
(笑)

UG-K
やりたくてもできなかったことが可能になったって言うのが大きなポイントですね。

Otomania
正直言って私、初音ミクが発売されるまで、藤田さんの事は存じ上げてなかったんです。あまりアニメにも詳しくないもので、勿論声優さんにも疎かったんですが、あんな声で好きなように歌わせられるのなら、ネタとして購入するのもありかなと思ったんです(笑)

Otomania
利用規約では、平たく言うところの「放送禁止用語」はだめって表記されてますが、個人レベルなら何だってできますし、自分も最初は、初音ミクにものすごい歌を歌わせてました。

たまご
たしかに(笑)

Otomania
たまごさんには聞かせましたけど、どう考えても不特定多数に向かって配信できない内容です(キッパリ)

たまご
個人向けでもやばいとおもいますが(笑)

Otomania
感覚的には、TTSに変なことしゃべらせるようなもんでしたね(笑)


(次回に続きます)