Tag Archives: カギ

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集2


インディーズで活動されている音楽サークルからFlashによるPVが公開されることも珍しくなくなっている現在、PVがきっかけとなり爆発的なブームを生み出した音楽サークルがある。それがイオシスだ。前回に続き、イオシスのメンバーとPVを制作されたlocker room productionのカギ氏による座談会の模様(後編)をお届けする。



魔理沙は大変なものを盗んでいきました

アルバム「東方乙女囃子」の2トラック目に収録。『新・豪血寺一族 煩悩解放』のBGMである「レッツゴー!陰陽師」とコラボレーションしたMADムービーがニコニコ動画に公開されたことにより爆発的なブームを呼び、現在も同曲を元にしたMADムービーが数多く生み出されている。世界観の違う2つの作品が違和感なくシンクロしていたことが人気の高さの秘訣であろう。また「魔理沙~」は、2006年電波ソング大賞で2位を獲得している。


えふおーいーとのそうぐう

3DダンジョンRPG「世界樹の迷宮」のBGMアレンジやボーカル曲、ラジオコントが収録されたイオシス初の2枚組CDアルバムの5トラック目に収録。これまで紹介した2作品と同じくいろいろなネタ満載であるが、「世界樹の迷宮」を自ら楽しみ、そしてみんなにも楽しんでもらいたいという想いにあふれていることが伺える。なおFOEとは、ゲームのMAP上に火の玉のような画像で表示されるモンスターである「Field on Enemy」の略称である。

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集1


インディーズで活動されている音楽サークルからFlashによるPVが公開されることも珍しくなくなっている現在、PVがきっかけとなり爆発的なブームを生み出した音楽サークルがある。それがイオシスだ。上海アリス幻樂団の『東方Project』のアレンジCDのPVが動画共有サービスに掲載されてから、様々なMADムービーが制作され、その人気の高さによって『超!アニメロ』で着うたが配信されるまでに至った。今回は爆発的なブームとなった楽曲やPVなどの制作経緯や今日までの盛り上がりをどのように受け止めているのか、イオシスのメンバーとPVを制作されたlocker room productionのカギ氏による座談会の模様(前編)をお届けする。



患部で止まってすぐ溶ける ~ 狂気の優曇華院

東方ProjectのBGMをアレンジした音楽アルバム「東方月燈籠」の2トラック目に収録。ノリの良いBGMにあわせてゲームネタや2ちゃんねるネタなど様々なパロディを織りまぜていることから、後に紹介する「魔理沙は~」と並んで数多くのMADムービーが生み出されている。なお同曲はユーザ投票によって行われた2006年電波ソング大賞で6位を獲得している。

【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「紅白闇鍋祭2006」


先月末は、年末とあって今年の総決算ともいえる数多くのFLASHイベントが開催された。そこで今回は3週に渡って年末FLASHイベント特集をお送りしよう。
1回目は、先月30日から開催された「紅白闇鍋祭2006」。本イベントは、イベント名の通り鍋を囲んでわいわい楽しむことをコンセプトとしており、闇鍋のように何でも自由に作品を投下出来るのが特徴である。今回は本イベントの中から注目の3作品を紹介する。



sky flyer -fisherman’s horizon-


魔法使いの少年が翼の生えた乗り物に乗って大空を旅するオリジナルアニメ『sky flyer』シリーズの最新作。今回は空を泳ぐ大きな魚「銀河の魚」を捕えるため釣りをする主人公に問いかける少年のエピソードが描かれている。空想の生き物だと信じない少年にいると断言する主人公の言葉は、信念ともいえる決意が感じられる。
「昨年の『sky flyer』からちょうど一年ということで、何か作りたいな~と思ってたので、『-a strange visitor-』で説明不足だった空飛ぶ魚で簡単目に作ってみました。音楽先行ではなく、珍しくストーリー先行です。」(カギ氏)
本シリーズは他にもカギ氏のコメントにある「sky flyer -a strange visitor-」といった別のエピソードがあるのでこちらもあわせてご覧頂きたい。

locker room production
・効果音提供:銀星堂画地点



ニャンニャンマツリ


男たちの宴が壮大な猫耳とともに今始まる…いきなり猫のアップからスタートする本作は、まさに祭りの如く猫が様々なアクションを繰り広げている。
「闇鍋祭においてやたらがす被告は、『男の世界を表現したかった。本当に反省などしていない。期待させた方々にはバーカバーカと思っていrうわおまえなにをするやめ』と証言しています。」(やたらがす氏)
鳴き声によって構成されたBGMや褌一丁の猫男たちが登場する様相はまさに洗脳的であり、どんな猫嫌いでも猫好き(?)にさせてしまいそうな怪しい魅力にあふれている。