Tag Archives: やまがらしげと

【CloseUp Flash Reloaded】『キミとボク』出版記念 著者 やまがらしげとロングインタビュー


猫と青年の交流を描いたWebアニメーション『キミとボク』。 2001年7月に公開された本作は、「感動系Flash」の代表作として今なお多くのファンに支持されている。この『キミとボク』が2009年1月30日に絵本として出版された。今回は絵本の出版を記念して、著者のしげっトことやまがらしげと氏に、『キミとボク』の誕生から出版までに至る経緯や作品に込められた想いなどを伺ってみました。

≪対談者プロフィール≫
【やまがらしげと(通称:しげっト)】
おおよそ目に見える要素全てをグラフィックと断定し『グラフィックコミュニケイション』を提唱。2000年1月、Webサイト『UNIVERSAL RADIO』を起ち上げる。以後、Web関連業界や各種デザイン関連業界等で細々と生業を立てつつ、当該Webサイトにて実験を重ね、2001年、実体験を基にしたWebアニメーション『キミとボク』を発表、バージョンアップを重ねつつ現在に至る。




UG-K
Flashを始めたのはいつ頃からでしょうか?

しげっト
本格的に始めたのは1999年末辺りだったと思います。Flashは他の映像系のアプリケーションと較べると取っ付き易く、基本的にはこれ1本で完結することが可能ななので、これなら簡単にアイデアを映像に置き換えることが出来るのではないか、という安易な気持ちで始めました。
その後、その翌年2000年初頭にWebサイトを起ち上げた際、コンテンツの1つとして、Flashアニメーションの公開を開始したというわけです。

しげっト
当時は、兎に角、アイデアを映像にすること自体を最優先としていたので、1本辺りの制作時間の目安を数時間から1日程度とし、様々なアプローチで、手を替え、品を替え発表していましたね。
偶に気が向いたら、Flashのメーリングリストに投稿したりもしていました。

【FLASH BACK 200X】感動と笑いの涙が夜風に凍みる2004年11月作品【キミとボク Ver.2、The Mother Mars】


一日の寒暖差が多く紅葉もピークを迎えている今日この頃ですが、2004年11月はG-STYLEさんの代表作である3歳シリーズが書籍化され『3歳シリーズ きちゅび』として発売されたり、shockwave.com AWARD 2004にてルンパロさんの「フルスロットル・マイナス」がグランプリを受賞するなど、FLASHの隆盛が極まっていた一ヶ月でした。


終わらない鎮魂歌を歌おう-青年のウタ-


新米死神と自分の死期を知ってしまったサラリーマンの新シリーズ。サラリーマンの家族に対する思いや死に神としての立場の葛藤など、登場人物の心理が巧みに描かれています。

偽与野区役所


キミとボク Ver.2

一匹のネコの視点から青年との出会いから別れまでを綴った作品。2011年に実写映画化された作品でもありますが、英語版のリリースをきっかけに制作された本作は、銀王号のキャラクターデザインを始め、様々な点がブラッシュアップされています。

UNIVERSAL RADIO


The Mother Mars

土星からの侵略に対して立ち向かう人々を描いた火星を舞台にした長編SFアニメーション。2000年に公開されたMM00をベースに4年の時を経てようやく公開された作品でした。

MoRinono


正男君と主体石

shockwave.com AWARD 2004で受賞されたFROGMANさんの「菅井君と家族石」をモチーフとした某一族のパロディ作品。パロディというにはあまりにもストレートなキャラクターと会話の内容に笑いの絶えないシリーズです。

olo(,,・д・)