【CloseUp Flash Reloaded】クリエイターズ スタジオ訪問記 -弥栄堂フヰルム-

【CloseUp Flash Reloaded】クリエイターズ スタジオ訪問記 -弥栄堂フヰルム-

クリエイターは日々さまざまな作品を生み出している。普段クリエイターはどのような環境で作品を作っているのだろうか? そんな疑問を解決するべく、クリエイターさんのお宅を訪問して作品誕生の背景を探ります。第3回目は個性豊かな作

【CloseUp Flash Reloaded】進化し続ける3D映像技術

【CloseUp Flash Reloaded】進化し続ける3D映像技術

これまで数多くの3D映像作品を紹介してきた。3D合成技術や拡張現実感(AR)、物理演算などこれまで高度な知識と専用の機材でしか実現できなかったこれらの映像が今では個人のPC上で簡単に制作できるようになった。そのような状況

コロナ禍でも創作の手を止めない決意を新たに公開されたオリジナルアニメ『クラユカバ』パイロットフィルム

コロナ禍でも創作の手を止めない決意を新たに公開されたオリジナルアニメ『クラユカバ』パイロットフィルム

■アニメ「クラユカバ」パイロットフィルム / KURAYUKABA Pilotfilm 一昨年から募集を開始したクラウドファンディングによって制作開始したオリジナルアニメ「クラユカバ」のパイロットフィルムがついに完成しま

【CloseUp Flash Reloaded】クリエイターズ スタジオ訪問記 -スタジオぷYUKAI-

【CloseUp Flash Reloaded】クリエイターズ スタジオ訪問記 -スタジオぷYUKAI-

クリエイターは日々さまざまな作品を生み出している。普段クリエイターはどのような環境で作品を作っているのだろうか? そんな疑問を解決するべく、クリエイターさんのお宅を訪問して作品誕生の背景を探ります。第2回目はFlashク

新たなステージへの突入を感じさせる360°自主制作アニメ『落下生』

新たなステージへの突入を感じさせる360°自主制作アニメ『落下生』

■【360°自主制作アニメーション】「落下生」VRコンセプトムービー コンセプトムービーという位置づけですが、ついに自主制作アニメは360°の時代に突入したのかと、 驚きとともに感慨深さを感じさせる作品です。 ストーリー

 

竜神鏡を巡る長編自主制作アニメ『竜神鏡戦記 第三話』


自主制作アニメ「竜神鏡戦記」第三話


光を闇に転じ闇を光に転じるという竜神鏡を生まれ持っていた主人公「赫月」。その鏡を狙って兎面の集団に襲われるところから始まる長編物語。
うつしみ様から残り3つの鏡を探し出し、常闇と戦うことに助力を求められる赫月。鏡を持つ者たちが集まるも一癖二癖ありそうなところにさらに一蛾に襲われる人が現れ…… いよいよ常闇との本格的な戦いの始まりを予感させる第三話です。

猫屋敷スタヂオ

「Animator vs. Animation」を3DCGで再現した自主制作アニメ『MODEL VS MODELE』


MODEL VS MODELER【自主制作アニメ】


「Animator vs. Animation」にインスピレーションを受けて卒業制作で作られた短編3DCGアニメーションクレイアニメーション。3Dならではの演出が追加されたことで、さらに躍動感が増した作品に仕上がっています。

【CloseUp Flash Reloaded】ちーむどらむすこ インタビュー


これまで紹介してきたクリエイターは、自らが脚本や絵を描き、製作するといったスタイルで創作活動に取り組んできた方が多かった。しかし今回紹介するクリエイターは、あくまでプロデューサー的な立場に徹しており、これまでのクリエイターとは異なるアプローチで創作活動に関わっている。作り上げたいと思う情熱とそれを実行に移せる行動力が生み出した創作集団『ちーむどらむすこ』代表小野よしき氏に製作活動などついてお話を伺ってみました。

≪対談者プロフィール≫
【小野よしき(ちーむどらむすこ代表)】
1974年生まれ。Web製作会社勤務を経て2005年にサークル「ちーむどらむすこ」を設立。プロデューサーとして企画、シナリオ、交渉などに日々奔走する中、アドベンチャーゲームテイストのドラマムービーをこれまで13本製作。うち6本はオンラインストアでダウンロード発売中。



UG-K
『ちーむどらむすこ』を設立したキッカケはどのようなことからでしょうか?

小野よしき
もうずっとゲームを作りたくて…というのも、幼いころからイトコの家なんかでX1とか8801のゲームをやっていて、アドベンチャーゲームがとにかく好きでした。自分でもMSX2とかPCエンジンのCDロム辺りはハマりまくってましたね。
最近プレイできてないんですが、未だに昔やりたくて出来なかったのはとても気になってます。ライトノベル的感覚がとてもつまっていて、それに惹かれたんだと思います。

小野よしき
その後、PCを覚えてちょっとしたサイトのゲームに登録したり、PC雑誌に載ったりして行きました。ちょうどその頃、Web製作の仕事もしていたので、職場で延長上の物を作ったら楽しんでもらえたみたいで。今のスタッフはそこで出会った仲間が多いです。(実はかーずさんともその時、衝撃的な事件が…)

小野よしき
そんな感じでオタのまま過ごしていたらちょっとずつ仲間が増えたのでパーティーを組んでみました。スタッフはそれぞれデザインとか音楽とか色々な分野に詳しかったので補いながらできるんじゃないかと。