魔法少女の王道を行く自主制作アニメ『かなえて!トゥインクルスター』

twincle_star

自主制作アニメ「かなえて!トゥインクルスター」


ガチムチに憧れる少年が悪の親玉にそそのかされて暴徒に変身してしまった。そこに駆け付けた美少女戦士が倒すといったOPやEDもある王道アニメーション。戦闘は魔法が中心かと思いましたが意外と肉弾戦が多いのが意外でした。変身順や戦闘の順番などそろえてたほうがリーダーの存在感が増したかもしれません。

大野剛のデジタルコンテンツ制作日記

【FLASH BACK 200X】特別なスープをあなたにあげる2005年3月作品【The Mother Mars、プレゼント】

present_1

先月に続き台風並みの低気圧で全国で吹雪が舞った3月ですがそろそろ春が待ち遠しくなってました。さて2005年の3月には、「第2回全板人気トーナメント」の予選が開始されたほか、「Flash MINORS/label2.swf」 「REAL FLASH」のイベントが開催されたこともありFlash板界隈がたいへんにぎわっていた時期でした。


The Mother Mars2話

火星を攻めてきた土星からの侵略軍との戦いを描いた物語の第2話。熾烈を極める戦況の中、戦いの本質的な意味を探る司令官の心の葛藤が描かれています。

MoRinono


プレゼント

誕生日に一緒にケーキを食べる約束を楽しみにしていたしぃとそのことを忘れていたギコによる心温まるフルボイスストーリー。シナリオ、声優、Flash制作などFlash板の力を結集して作られた作品です。


遥 -haru-

毎年この季節になると忘れられない過去が呼び起こされる…つらい記憶と楽しい記憶をそれぞれ抱える人と犬の対比が何とも言えない哀愁を感じさせます。


高速トットちゃんの部屋


某番組の司会者をモチーフにゲストが話す隙を全く与えないマシンガントークを展開しています。後半はブラクラに近い演出で不気味な一面を見せています。

今後の大会ルールに一石を投じる結果となった『第14回MMD杯 本選結果発表』

mmdcup-14

2008年の開催から今年で8年目を迎えたMMD杯。本選では884作品が公開され作品数は過去最高を更新した。いくつかのテーマによる制限を設けながらも間口の広いイベントであるため、様々な参加者の知恵や努力、勇気と愛情が溢れた動画が生まれた一方でマイリスト数による審査基準は時に偏りを生み出す結果にもなりました。これを運営者の嗜好に依らない公正な審査と見るかどうか…今回はそんなことを考えさせられる結果でした。

【総合部門】

総合優勝:【第14回MMD杯本選】声なき声に力を。 [Altail]


準優勝:【第14回MMD杯本選】一般男性脱糞シリーズ [旧尊師]


敢闘賞:【第14回MMD杯本選】悪魔 [ひまわり学級]


ロボット同士のドタバタバトルアニメーション『Nice to meet you』

Nice_to_meet_you

【自主制作アニメ】 Nice to meet you


化学が発展した近未来が舞台で道端にいる少年に鞄を壊された少女が戦いを繰り広げるアニメーション。どんどんスケールが大きくなるバトルですが少女と少年のターンで前後半に分けられており、戦いの中でそれぞれの正体が明らかになるような展開となってます。とりあえず仲直りできたようで何よりです。

【FLASH BACK 200X】寒さを克服する熱さを秘める2005年2月作品【ル8ン三世、う○ぎ】

flahaku_lu8n

今月は東京都心でもちらほらと雪が降り寒さもひとしお身にしみるこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか? さて2005年2月といえば大阪で開催された『FLASH EXPO ’05 ~ 閃光動画万博 ~』が大きな話題を振りまいてました。他のイベントよりネタ色の強い作品が多く、ノリの良さも相まって笑いの絶えないイベントでした。


ル8ン三世


FLASH EXPO’05で上映された8頭身&1さんによるルパン三世オープニングのアニパロ作品。8頭身&1さん以外のAAキャラの配役も絶妙で登場人物馴染みの演出が上映された会場を爆笑の渦に巻き込んだ傑作です。


う○ぎ


flash★bomb’04で公開された「ツギハギ」に続いて制作されたシリーズ2作目の位置づけとなる作品。前作がネコの視点から女の子との関係を描いていたのに対し、本作は女の子の視点から孤独と他者への反発を解消するきっかけを掴む展開を描いてます。


今日も今日とてテープは回る


聴覚に残された記憶を蘇らせる稼業「心響屋」を営む姉妹の物語。音を撮っていくストーリーを一切のセリフなしで繋げていくことで、録音稼業の大変さを物語っているように感じられます。

偽与野区役所


BRACKBIRD


ロボットバトルアニメーション。変身シーンをはじめミサイルや爆発が繰り広げられる様子はまさに80年代アメリカンヒーローアニメ風の演出となっています。

釜プロ