【CloseUp Flash Reloaded】ほしのの。特集

【CloseUp Flash Reloaded】ほしのの。特集

いよいよ夏本番を迎えた今日この頃、今の季節にちょうどぴったりなFlashムービーを紹介しよう。本作品は、先月より週刊で公開された全4話のVisualFlashNovelである。栃木県の星野町を舞台に事故で両親を亡くした主

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集2

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集2

インディーズで活動されている音楽サークルからFlashによるPVが公開されることも珍しくなくなっている現在、PVがきっかけとなり爆発的なブームを生み出した音楽サークルがある。それがイオシスだ。前回に続き、イオシスのメンバ

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集1

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集1

インディーズで活動されている音楽サークルからFlashによるPVが公開されることも珍しくなくなっている現在、PVがきっかけとなり爆発的なブームを生み出した音楽サークルがある。それがイオシスだ。上海アリス幻樂団の『東方Pr

【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「Flash Game Festival’07」

【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「Flash Game Festival’07」

今月の2日から5日にかけてFLASHゲームを中心としたイベントである「Flash Game Festival’07」が開催された。本イベントは5/5の子供の日にゲームを持ち寄るイベントが発端となり、今回で5回

【CloseUp Flash Reloaded】葉月ゆら特集

【CloseUp Flash Reloaded】葉月ゆら特集

現在のFLASHムービーには声優やBGMとなる曲を提供してくれるアーティストの存在が欠かせない。彼らの協力によってFLASHによるアニメやPVのクオリティが向上することは、これまでCloseUp Flashで紹介してきた

 

【CloseUp Flash Reloaded】ほしのの。特集


いよいよ夏本番を迎えた今日この頃、今の季節にちょうどぴったりなFlashムービーを紹介しよう。本作品は、先月より週刊で公開された全4話のVisualFlashNovelである。栃木県の星野町を舞台に事故で両親を亡くした主人公の少年『川島結城』と引き取り先の親戚の娘で従姉にあたる『和泉榛奈』を中心に描かれた物語だ。今回は、本作品の紹介と共に「むきりょくかん。」の吉村麻之氏に制作秘話を伺った。

ほしのの。 第一話 夏夜

両親を交通事故で亡くした主人公・川島結城(ゆーちゃん)は、父方の実家に預けられることになった。突然両親を失うという境遇を受け止められず喪失感に覆われる彼は、身の回りの環境全てをどこか疎ましく思っていた。そんな中、おせっかいながらも献身的な従姉・和泉榛奈(はるねぇ)の態度に少しずつ心を開いていく。田舎の緩やかな時間の流れと人々の優しさがストーリー全体から感じられる一話だ。

「第一印象は何よりも重要。とにかくリアルな田舎っぽさが出したかったので、最初のシーン(夏夜)は効果音の一つですら調整に調整を重ねていたりします。椎茸打ちに夕顔の皮むきと、他ではまず見かけないであろうシーンを書けて楽しかったです。お気に入りなのは川遊び後に縁側で寝転がるシーンだったり。
グラフィックも前作の“ごがつのそら。”の時よりも綺麗に精細になっています。神明みのりに水着を着せない事は、恐らく一話で最もこだわっている箇所かと思います(笑)
また、全体に言える事ですが、BGMとは別の、環境音(蝉の声とか)をムービークリップを使って流しています。普通のノベルゲーム作成ツールでは環境音の表現は難しく、Flashノベルの利点の一つとも言えるかもしれません。文章で『夏だ』というよりも、ミンミンゼミの声を聞かせた方が生々しく“夏”を感じられると思っています。」(吉村麻之氏)



ほしのの。 第二話 冬蛍

星野の家に住むようになって二年の歳月が経った。すっかり和泉家にうち解けた川島結城は高校へと進学し、一般の高校生と同じく青春真っ只中の生活を過ごすようになっていた。はるねぇとの信頼関係が深まり、移り変わる季節と共に彼女と過ごす穏やかな毎日が描かれている。そんな中、はるねぇは元々弱かった気管支の悪化により向った病院先で思わぬ病気を宣告される…

「冬蛍は作品内にて最も綺麗なシーンであるため、かなり力が入っています。(逆に文化祭はアバウトです(笑))
写真家の方にお願いして、物凄く綺麗な冬蛍の写真を使わせていただいた事が、最も大きいポイントだったと思っています。強烈な寒さの中に灯る蛍が見せられたなら幸い。あと、セーラー服は正義です(笑)。」(吉村麻之氏)



ほしのの。 第三話 嗄声

声帯麻痺による影響は、生活環境に様々な変化をもたらしていた。回復する兆しの見せない病と手術に対する怯えから強がりを見せつつも鬱ぎ込みがちになるはるねぇに、三年前の両親との死別の時に励ましてもらったように、次は自分の番だと固く決心する川島結城。自分をもっと頼って欲しいという想いを伝えたいことから、思わずはるねぇを強く抱きしめてしまう。この行為が後の二人の心理的な変化をもたらす重要なポイントとなっている。

「左反回神経麻痺(声帯麻痺)。医学に関して私は完璧な素人ですのでリサーチが大変でした。発声不能ではなく、発声困難。治療不可能ではなく、治療可能。自然治癒すらありえる。よくもまぁ、こんなドラマチックになり辛いものを選んだものだと思っています。
ホワイトボードは、いつかグッズ化してみたいなぁと企んでいます。(笑)」(吉村麻之氏)



ほしのの。 第四話 星待

河原での事故を機に声帯麻痺の手術をする決意をしたはるねぇ。手術前日に出向いた夏祭りを目一杯楽しみつつも不安が積もるはるねぇは、結城と共に近くの山に登って行った。満天の星空の下、流れ星に願うのは病の回復だけでなく、病によって接近した二人の距離感だった。そんなはるねぇの想いが不安と共にあふれ出すシーンが、事細かに描かれていて感動を呼び起こさせられる。

「苦労した点は全てです。公開日までずっとシナリオとにらめっこでした。奇跡の起こらない地味な話で、どーにかして読み手を泣かせたかった苦悩がたっぷりと入っています。また、スタッフロールには沢山の苦労が詰まっているので、何度も聞いてもらえると嬉しいです。
自作品では初めてエンディングに歌を使ってみたりもしていますね。最後のイラストは抜群です。イラスト担当のジャムる?さんから受け取った時は思わず床を横転しました。(笑)」(吉村麻之氏)

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集2


インディーズで活動されている音楽サークルからFlashによるPVが公開されることも珍しくなくなっている現在、PVがきっかけとなり爆発的なブームを生み出した音楽サークルがある。それがイオシスだ。前回に続き、イオシスのメンバーとPVを制作されたlocker room productionのカギ氏による座談会の模様(後編)をお届けする。



魔理沙は大変なものを盗んでいきました

アルバム「東方乙女囃子」の2トラック目に収録。『新・豪血寺一族 煩悩解放』のBGMである「レッツゴー!陰陽師」とコラボレーションしたMADムービーがニコニコ動画に公開されたことにより爆発的なブームを呼び、現在も同曲を元にしたMADムービーが数多く生み出されている。世界観の違う2つの作品が違和感なくシンクロしていたことが人気の高さの秘訣であろう。また「魔理沙~」は、2006年電波ソング大賞で2位を獲得している。


えふおーいーとのそうぐう

3DダンジョンRPG「世界樹の迷宮」のBGMアレンジやボーカル曲、ラジオコントが収録されたイオシス初の2枚組CDアルバムの5トラック目に収録。これまで紹介した2作品と同じくいろいろなネタ満載であるが、「世界樹の迷宮」を自ら楽しみ、そしてみんなにも楽しんでもらいたいという想いにあふれていることが伺える。なおFOEとは、ゲームのMAP上に火の玉のような画像で表示されるモンスターである「Field on Enemy」の略称である。

【CloseUp Flash Reloaded】IOSYS特集1


インディーズで活動されている音楽サークルからFlashによるPVが公開されることも珍しくなくなっている現在、PVがきっかけとなり爆発的なブームを生み出した音楽サークルがある。それがイオシスだ。上海アリス幻樂団の『東方Project』のアレンジCDのPVが動画共有サービスに掲載されてから、様々なMADムービーが制作され、その人気の高さによって『超!アニメロ』で着うたが配信されるまでに至った。今回は爆発的なブームとなった楽曲やPVなどの制作経緯や今日までの盛り上がりをどのように受け止めているのか、イオシスのメンバーとPVを制作されたlocker room productionのカギ氏による座談会の模様(前編)をお届けする。



患部で止まってすぐ溶ける ~ 狂気の優曇華院

東方ProjectのBGMをアレンジした音楽アルバム「東方月燈籠」の2トラック目に収録。ノリの良いBGMにあわせてゲームネタや2ちゃんねるネタなど様々なパロディを織りまぜていることから、後に紹介する「魔理沙は~」と並んで数多くのMADムービーが生み出されている。なお同曲はユーザ投票によって行われた2006年電波ソング大賞で6位を獲得している。