情景豊かな自主制作アニメ『僕の命をあげる。』

情景豊かな自主制作アニメ『僕の命をあげる。』

■自主制作アニメ「 僕の命をあげる。」#1 転向してきた正一が毎朝路地の途中で挨拶を交わす”楓”。毎日同じ言葉をかけてくるその少女には大きな問題を抱えていた。そんな展開から生まれる物語がどんなもの

躍動感あふれる自主制作アニメ『「弟子」と「し」』

躍動感あふれる自主制作アニメ『「弟子」と「し」』

■自主制作アニメ 【「弟子」と「し」】 師匠のかたきを討つために敵と激戦を交わす弟子を描いた手描きアニメーション。 戦闘時の静と動を効果的に使い分けた演出や回想を織り交ぜたストーリー展開が緊張感と弟子の想いを感じさせます

竜神鏡を巡る長編自主制作アニメ『竜神鏡戦記 第四話』

竜神鏡を巡る長編自主制作アニメ『竜神鏡戦記 第四話』

■自主制作アニメ「竜神鏡戦記」第四話 光を闇に転じ闇を光に転じるという竜神鏡を生まれ持っていた主人公「赫月」。その鏡を狙って兎面の集団に襲われるところから始まる長編物語。常闇との一戦を終え、新たに鏡を持つ千歳が姉の常盤を

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』

■【自主制作】「オリジナルアニメ『落下生』コンセプトムービー」by banishment【LIFE OF FALLING】 連続して見る不思議な夢の恐怖に悩まされていた男子高校生が夢の世界で、もう一人の自分と出会う物語。

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』

■【本編34分版】3DSで4年を費やし本気で作画してアニメ作ってみた【うごメモ戦士】 神絵師を目指すためうごメモ戦士となった少女“久郷モメ”が、絵師の画力を奪う作画アンチとの戦いを描いた物語。 うごメモ自体をテーマとして

 

映像体験☓物語が生み出すコンセプトムービー『落下生』


【自主制作】「オリジナルアニメ『落下生』コンセプトムービー」by banishment【LIFE OF FALLING】


連続して見る不思議な夢の恐怖に悩まされていた男子高校生が夢の世界で、もう一人の自分と出会う物語。
映像表現と物語をコラボレーションさせるプロジェクトにより生み出された本作は映像美はもちろんのこと、VRの活用など新たな演出表現によるストーリー進行が期待される作品です。

【雑談】或る元Flashニュースサイト管理人の独り言


Flashのサポート終了までいよいよ24時間を切りました。
でも本当のところ、作り手でもない自分としては正直それほど感慨深いものはなかったりします。

盛り上がっていたあの頃をFlash黄金時代とタグ付けられることもあります。
しかしそれは視聴者側の立場からの視点であり、作り手にとってどこがピークなのかは人それぞれであり、終わったあとに振り返ってみてはじめて解るものではないかと思うんですよね。

とは言いつつも当時のムーブメントを語る貴重な機会を頂いたので、座談会の中でお話しました。



座談会の中で紹介しきれなかった作品については twitter (@iiaccess) でも紹介しているので、お時間があればFlashのサポートが終了する前に見てください。
でもtwitterで紹介した作品の多くは、Youtubeやニコ動に掲載されているものだから、来月になっても普通に見れちゃいます。

当時制作者から忌み嫌われていたFlash倉庫を始めとする転載サイトやそれをさらにYoutubeやニコ動に転載した人のおかげでより多くの人に広まった一面もあります。
制作者のホームページ消滅とともに失われてしまった作品が転載行為によって、今こうして振り返ることができるのはなんとも皮肉なものです。

Flashが終わると言っても、所詮動画フォーマットの1つがなくなるだけのことです。
たとえFlashが再生できなくなっても、これからもYoutubeやニコ動で鑑賞できるわけですし、Flashから生み出された様々なものが終わるわけではないのです。
「形を変えて延々と紡がれていくものがあるのだ」ということが、Flashのサポート終了に対してモヤモヤした思いを整理して出した結論でした。


それでは皆さん良いお年を!

3DSのうごメモで4年を費やして作られた自主制作アニメ『うごメモ戦士』


【本編34分版】3DSで4年を費やし本気で作画してアニメ作ってみた【うごメモ戦士】


神絵師を目指すためうごメモ戦士となった少女“久郷モメ”が、絵師の画力を奪う作画アンチとの戦いを描いた物語。
うごメモ自体をテーマとしているだけあり、所々で交わされるメタ発言がニヤリと楽しめるほか、初回からクライマックスを迎える熱い展開など、うごメモに対する執念とも言える想いを存分に感じさせる作品です。