Category Archives: 自主制作アニメ

コロナ禍でも創作の手を止めない決意を新たに公開されたオリジナルアニメ『クラユカバ』パイロットフィルム


アニメ「クラユカバ」パイロットフィルム / KURAYUKABA Pilotfilm


一昨年から募集を開始したクラウドファンディングによって制作開始したオリジナルアニメ「クラユカバ」のパイロットフィルムがついに完成しました。
集団失踪の謎を追う探偵の荘太郎が地下世界に足を踏み入れることでさらなる謎と事件を巻き起こすような作品に見受けられます。作中に登場する装甲列車や双脚戦車など、まさに塚原ワールドといった世界観を存分に体験することができ、本編の完成がさらに楽しみになりました。

そんな「クラユカバ」が、パイロットフィルムの公開に続いて本編の制作プロジェクトをスタートしました。総尺40分を超える長編作品の”序章”にあたる部分をMotionGalleryで実施されるクラウドファンディングによって進めるようです。
現在のコロナ禍は、まさに出口の見えないトンネルのように先行きの見えない状況ですが、そんなときだからこそ作品づくりの火を絶やしてはならないといったスタッフ一同の強いメッセージが感じられます。

「クラユカバ」公式サイト
コロナ禍でも、作品づくりを諦めない。塚原重義 監督・アニメ「クラユカバ」本編制作プロジェクト! – クラウドファンディングのMotionGallery

新たなステージへの突入を感じさせる360°自主制作アニメ『落下生』


【360°自主制作アニメーション】「落下生」VRコンセプトムービー


コンセプトムービーという位置づけですが、ついに自主制作アニメは360°の時代に突入したのかと、
驚きとともに感慨深さを感じさせる作品です。
ストーリーアニメだとカメラワークがないので物語がどこで展開されているのか分かりにくいですが、
ヘッドマウントディスプレイで見たときの没入感は、これまでにない体験をもたらしてくれそうです。

【CloseUp Flash Reloaded】動画共有サービスで鑑賞できる自主制作アニメ5


今回で5回目を迎える自主制作アニメ紹介コーナー。ここ最近話題に上る個人制作アニメが多く、先々週の第4弾だけでは紹介しきれなかったため、今回も引き続き注目の自主制作アニメを紹介しよう。



【自主制作アニメ】 クロスワード


クロスワードパズルを解きながら散歩をする女性の一日を描いた花山とおる氏制作のショートアニメ。クロスワードを解く中で何気ない日常がきれい描かれています。一見断片的なシーンのつなぎ合わせに見えながらもラストでストーリー、テーマなどが1つに繋がる演出が見事です。

屋根裏アニメーション製作日誌


赤ずきんと健康


関西テレビ放送の学生向け映像コンテストBACA-JA2007で佳作を受賞した井上 涼氏のアニメ。オオカミに食べられた赤ずきんが助けを求める内臓の精に出会い、体の中を旅する物語。ミュージカル風な構成となっていますが、全編を通してとてもシュールです。数々の超展開をむかえつつもしっかりと健康を害する問題点と対策が伝わります。


向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった


先月放送されたNHKデジスタ #359でベストセレクション入りを果たしている植草 航氏による卒業制作アニメ。何かを掴もうと必死に空に向けて手を伸ばす少女。いつしか病院と思われるベットに身を横たえながらも外に駆け出していく…。いつしか現実と妄想、過去と未来が行き交うその演出はストーリー的なモノは見えないながらも、何かによって突き動かされる強い情熱が感じられます。

絆創膏


せんとくんTHE MOVIE 【高画質版】


1300年の時を越え、競い合う仲間と共に今、平城遷都の新たなる戦いが始まる…との下りで始まる3Dアニメ。ゆるキャラの中でも特に大きなインパクトを与えていたせんとくんを主人公に予告ムービー的な演出で構成された本作は、ストーリーもさることながら、せんとくんをはじめとしたゆるキャラたちがやたらとリアルでキモカッコイイとの評判を受けています。