Tag Archives: ハタラキ有

【CloseUp Flash Reloaded】映夜祭’07 イベントレポート2


2007年9月15日、新宿ロフトプラスワンにて映像上映&トークイベント「映夜祭’07」が開催された。イベントの模様は前回お伝えした通りだが、今回はオンライン公開された上映作品のいくつかをピックアップし、作品紹介並びに主催者であるまっつん◆SW1/SWF8io氏を始めとするイベント関係者に伺ったインタビューをお届けする。



<映夜祭’07 上映作品紹介>
TOKYO TRAVEL

プレイベントで上映されたa-key氏ことカギ氏のPV作品。東京にある観光スポットをMotionGraphicsによりスタイリッシュに紹介している。
「Flashでは今までなかなか使われなかった2stepという音楽ジャンルで、オシャレな映像を作ってやろうと思いました。参考にした観光本がやや古かったので、情報の鮮度についてはあんまし期待しないほうがいいと思います。また、『Flashの最小限の機能でいかに高級感のある映像を作るか』という裏テーマがあります。ソースを公開しているので、お暇な方はご覧になってみてください。」(カギ氏)

locker room production


2ch風ナイトメアアナボリズム

本イベント第4部で上映されたハタラキ有氏が長年手がけられているオリジナル長編WebアニメーションのPVアニメーション。登場人物全てを近親感のある2chのキャラクタに置き換えただけでなく、激しいアクションシーンを中心に期待感を高める構成となっている。
「ナイトメアアナボリズムをFlashにしようと決意した時、『ナイトメア』が付くので『NCのパクリだ』と言われるのが怖くてタイトルを変えようとすら考えたものですがそれを逆手にとってみました。宣伝云々関係なく楽しんでいただければ幸いです。」(ハタラキ有氏)

ハタラキ有



【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「Masquerade 2nd stage」


先月末は、年末とあって今年の総決算ともいえる数多くのFLASHイベントが開催された。そこで今回は3週に渡って年末FLASHイベント特集をお送りしよう。
1回目は、先月30日から開催された「紅白闇鍋祭2006」。本イベントは、イベント名の通り鍋を囲んでわいわい楽しむことをコンセプトとしており、闇鍋のように何でも自由に作品を投下出来るのが特徴である。今回は本イベントの中から注目の3作品を紹介する。



ムカシムカシ


格闘ゲームのPVのように登場する人物全員が肉体派のバトルアニメーション。昔話に登場する人物が殺伐とした世界で戦いを繰り広げる様子を描いている。ほのぼのとした昔話を全く逆にアレンジした斬新な発想に加え、コマアニメによる迫力のある映像がとてもエキサイティングだ。
「格闘ゲームのPVを意識して制作しました。昔話を否定しているっぽく見えますけど細かいところまで再現できるように頑張りました。」(ハタラキ有氏)
人々が持つ通常のイメージを逆転させることによって新たな発見を見せるといった好例といえるだろう。

ハタラキ有




やれゆけ!?カニパンマン


カニでもパンでもない中途半端な存在であることを嘆いたカニパンマンを歌ったPV。テンポの良い曲にあわせてデフォルメ化されたキャラクターが何とも可愛らしく描かれている。パンで出来ている某正義のヒーローに憧れているためか、執拗に自分の身を食べさせようと奮闘する姿が面白い。
「30年以上前から親しまれているかにぱんをイメージしています。可愛さをアピールできるように作品を作りました。」(ごんち氏)
そのままキャラクタグッズ化されてもおかしくない程の魅力を上手く作品に込めることができた力作だ。

のらねこスタヂオ

【FLASH BACK 200X】まだ会ったことのない作品をこれから俺は探しに行く2006年10月~12月期【前編】


やたらと来襲していた台風もようやく落ち着き、だいぶ涼しくなってきましたね。興行収入100億円を突破して大ヒットとなった「君の名は。」が大きな話題を振りまいてますが、10年前でも「ef – a fairy tale of the two.」のOPムービーを手掛けたことでネットでは大きな話題を振りまいてました。


魔理沙は大変なものを盗んでいきました


IOSYSの「東方乙女囃子」プロモーションFlashムービー2として公開され、その後本作をベースとした様々なオマージュを生み出した作品。思えばこのあたりからニコ動の勢いが東方と共に爆発した時期でした。

locker room production


静寂と狂気


繁栄と衰退、生命の誕生と死…そんな相対するものが生み出す不思議な世界観を描いた独創的なムービーです。


ギコティギア


当時では既に見かけることがめっきり減ってしまった2ch系パロディ。格闘ゲーム「ギルティギア」の登場人物を模した様々なAAキャラが登場する展開は、オリジナルを知らなくても楽しめる一方、2ch系Flashの懐かしさを感じてしまいます。

ハタラキ有