2次元の世界を飛び越える自主制作アニメ『駆け抜けていく風』

2次元の世界を飛び越える自主制作アニメ『駆け抜けていく風』

■「駆け抜けていく風」《自主制作アニメ》 自ら駆け出すことにより生まれる風がいつしか次元の壁を超えてく様子をパラパラ漫画で描いた自主制作アニメ。右上のヤツが登場人物だったことが斬新ながらもnum1000を思い浮かべて懐か

【CloseUp Flash Reloaded】動画共有サービスで鑑賞できる自主制作アニメ3

【CloseUp Flash Reloaded】動画共有サービスで鑑賞できる自主制作アニメ3

恒例となりつつある自主制作アニメの紹介も今回で3回目を迎える。データサイズや転送量の問題、視聴者層の拡大など様々な理由から今では公開の場として定着した感のある動画共有サービスでは、今日もいくつもの自主制作アニメが公開され

【CloseUp Flash Reloaded】DIGITAL CONTENT EXPO2008 イベントレポート

【CloseUp Flash Reloaded】DIGITAL CONTENT EXPO2008 イベントレポート

2008年10月23日(木)から4日間に渡り日本科学未来館および東京国際交流館で最新のデジタルコンテンツ技術による研究成果や芸術作品を体験できるイベント「デジタルコンテンツエキスポ2008」が開催された。今回は4日間で2

【CloseUp Flash Reloaded】「空のエトラ」連載開始記念 森野あるじインタビュー

【CloseUp Flash Reloaded】「空のエトラ」連載開始記念 森野あるじインタビュー

森野あるじさんといえばユージンで公開されているFLASHアニメ「ことと」やlivedoorネットアニメで公開されている「ホシノ☆オニオン」などファンタジー系FLASHアニメの第一人者であり、多くのFLASHクリエイターに

【CloseUp Flash Reloaded】動画共有サービスで鑑賞できる自主制作アニメ2

【CloseUp Flash Reloaded】動画共有サービスで鑑賞できる自主制作アニメ2

これまで紹介した自主制作作品も今では新作旧作含めて数多くの作品がネット上で公開されるようになってきた。またコミックマーケットや映像イベントに出展する際のプロモーションの一環として、動画共有サービスに作品を公開することも多

 

【CloseUp Flash Reloaded】FRENZ イベントレポート


2009年 9月12日(土)、新宿ロフトプラスワンにて映像作品のライブイベント『FRENZ』が開催された。“FRENZ”はFriends(仲間達)とFrenzy(熱狂)をコンセプトにWEB上を中心に活動する映像作家による作品を参加者全員で一体となって楽しむことを目的としたイベントであり、 有志によるオフラインイベントとしては 2年ぶりの開催となる。しかしこれまでのオフラインイベントとは異なり、出展者はFlashクリエイターだけではなく、ニコニコ動画などで活躍しているクリエイターやパフォーマーも参加している。出展者、来場者ともにこれまでのイベントより幅広い層の参加が見られた。

主催の as@地生 氏の乾杯の音頭と共に始まったイベントは 3部構成であり、はじめに上映されたオープニングの制作代表としてyama_ko氏が壇上に登場し、お祭りをテーマに ShakeSphereさん にFRENZ向けのオリジナル楽曲を提供頂いた経緯が語られた。
8ットデタマンのうた(NRF) 続いて壇上に登場したのは、やたらがす氏。これまで狂気系と呼ばれる作品を制作してきたが、一転してゆったりとした不思議なアニメーション作品となっている。その理由として、今まで自分の世界を前面に押しだしすぎたので、表現をシンプルにして自分の好きな絵本の世界を作ってみたことが述べられた。
次に登場したのは、懐かしの2ちゃんねるアスキーアートのキャラクタを用いたパロディアニメを制作したNRF氏。Flashを作るきっかけとなった憧れやイベント参加に対する長年の夢を作品に込めたことが語られた。

【CloseUp Flash Reloaded】効果音から生まれる音楽


前回の連載『奥深いコマ撮りアニメ』では、コマ撮りアニメには様々な撮影素材があることを紹介したが、音楽の分野においてもグラスミュージックやパフォーマンス集団「STOMP」が生み出す曲など様々な素材を使った音楽がある。特にコンピュータによる音楽が主流となってからは、サンプリングにより誰もが自由に音楽素材を作れるようになった。ニンテンドーDSソフト「KORG DS-10」が昨年発売されたことからも、技術の敷居が低くなってきていると感じられる。そこ今回は、効果音を上手く活用したエンターテイメント性の高いサウンドコラージュ作品をいくつか紹介しよう。



組曲『ニコニコ動画』 グランドフィナーレ 全自動マリオVer


無操作でクリアできるように改造した某ゲームのステージに配置されたギミックが生み出す効果音を音楽に合わせた作品。全自動でクリアするように作るだけでも大変なのに、さらに限られた効果音を使って音楽を再現しようとした努力に脱帽です。


Hello Windows『halyosy』


ヒゲドライバー氏作曲によるWindowsの効果音を使った楽曲にhalyosy氏が作詞し歌い上げたコラボ曲。Windowsの効果音を使った音楽には、音楽性は素晴らしいものの警告音やエラー音を主体とした精神衛生的によくない楽曲が多いですが、本作は穏やかなメロディに加えて爽やかな歌がとても心地良いです。


HAMMER ZONE


某ゲームのハンマーを取った状態のBGMを使ったサウンドコラージュ曲。前作がベースとなる音楽にBGMを単にあわせただけなのに対して、本作では突然レベルの高いアレンジをしてきたことで『またおm・・・誰だお前は!?』や『前作でやれ』などの合いの手コメントが生まれるなど、ニコニコ動画上では大きな話題を振りまいた作品です。

【CloseUp Flash Reloaded】奥深いコマ撮りアニメ


先月Youtubeで160万回以上再生され、にわかに脚光を浴びた『オオカミはブタを食べようと思った。』。この作品は、静止している物体を少しずつ動かして撮影したものを繋げて動いているように見せる撮影技術であるコマ撮りによって作られた作品である。
コマ撮り(海外では主にストップモーション・アニメ)と呼ばれる技術自体は古くからあり、撮影する素材によってクレイアニメやパペットアニメと呼ばれることもあるが、素材や表現の自由度の高さによりプロのクリエイターからアマチュアのクリエイターまで幅広く作られている。
今回はそんなコマ撮りアニメの中でアイデア光る作品をいくつか紹介しよう。



オオカミとブタ。Stop motion with wolf and pig.


竹内泰人氏が2007年に制作したコマ撮りアニメ。これまでにない斬新なコマ撮りアニメとして絶賛された本作は、写真のコマ撮りを基本としていますが、それらの写真をさらにコマ撮りすることで写真のコマ撮りにはなかった奥行きを意識したカメラワークや、動きを演出したことにあります。写真という2次元の世界ながらも、いつしか3次元の世界に飛び出しているような感覚に捕らわれる作品です。


MUTO a wall-painted animation by BLU


イタリアのBLUというアーティストによるウォールペイントアニメ。壁のブロックから飛び出した謎の生命体が次々と姿形を変えながら街中を動き回ります。パペットアニメやクレイアニメとは異なり、1枚1枚壁に絵を描きながら撮影するという気の遠くなるような労力もさることながら、壁だけでなく街中の建造物を演出に上手く利用することで独特の世界観を築きあげています。


トミカで動画003 ~トラックでドリフト~


日本はマンガやアニメが普及している関係で、ガンプラやフィギュアを対象としたコマ撮りアニメが多い。本作もオモチャのミニカーを使用したコマ撮りアニメであるが、お笑い担当のゴミ収集車や人間味あふれるトラックの動きなどリアル性よりもエンターテイメント性を優先した演出に魅力がある。シリーズ化されており、どれも面白いので001から見て頂きたい。