Category Archives: Flash

【FLASH BACK 200X】一年の締めくくりに見てみたいFLASH 2003年12月【第二回紅白FLASH合戦 その2】


今年もいよいよ10日を切りました。年末進行で忙しい日々を過ごされている方も多いと思いますが、何とか乗り切って新たな年を迎えたいところであります。それでは紅白作品紹介の続編をお届けします。

混乱と怒涛の2ちゃんねる2003年史


流石兄弟がスレッドに書き込む演出で2003年に起きた出来事を紹介した作品。コンパクトかつテンポの良い展開でまとめられているので、今現在見てもあんなことがあったなと当時の世相を振り返ることができます。

olo (,,・д・)


Infinity Dash!!


num1000Remix企画に出展された作品をさらにリミックスして作られたイベントの総括的な作品。リミックスが生み出すパワーや魅力を感じさせるPVとなっています。

nakajo.info


<<1さんに首ったけ


第2回紅白FLASH合戦のアニメ対決として注目が高かったのが、ハチミリさんの本作品と次に紹介するAKIRAさんの作品です。8頭身と1さんの追いかけっこをコミカルかつスピード感あふれる映像に仕上げてます。


アニメ2ちゃんねる


タイトルからもわかるように、2ちゃんねるのキャラクターが登場するアニメオープニング風の作品。お馴染みのAAキャラ達が勢揃いするだけでなく様々なパロディも含まれており最後まで楽しく見る演出が随所にあふれています。


::: NEU-TORINO :::


第1回紅白FLASH合戦で衝撃を与えた「TORINO」の続編。2chの削除人であるTORINOの妹が行きすぎた削除に悩み、コミュニティのあり方に気づかされる2ちゃんねる愛にあふれた作品です。


2ch Racing


第2回紅白FLASH合戦のトリを飾ったinutaka氏の3DPV作品。2次元のAAキャラが3Dになっただけでなく、スピード感あふれるレースの中に各キャラクターの個性光る演出が散りばめられています。

【FLASH BACK 200X】一年の締めくくりに見てみたいFLASH 2003年12月【第二回紅白FLASH合戦 その1】


毎年思うことながら今年もあっという間の1年を迎えてしまいました。寒さも一段と厳しくなっているこの頃ではありますが、来年も良い年になることを願うばかりです。当時のFLASH界隈では、年末と言ったらやはり紅白一色の模様となっていました。昨年の第1回の成功やブームの波に乗っていた時期でもあり、期待せずにはいられない空気に満ちていました。というわけで今月は2回に分けて紅白作品のいくつかをご紹介します。


それはまるで桜のようで


駅のホームで電車を待つ間、初めてこの街に来たことを振り返るMusicVideo風の作品。雪降る寒さの中に心温まるエピソードが染み入ります。

なにかがだめぽ


雪のしぃずく(リメイク版)


saharuさん制作によるひき逃げにより死んでしまったしぃの仇を打つギコの物語。だれも救われない展開や発砲シーンのグロ演出など衝撃的な作品でした。


season -シーズン-


全ての季節に感謝の心を綴った少女の一年を描いた作品。季節の移り変わりと共に徐々に衰えていく姿に何ともやりきれない思いが残ります。

ワシの部屋


EDEN


廃棄された人形が森の中を彷徨っていく中、様々な出来事を体験していく物語。ぴんばにさんのこれまでの作品とは全く違った幻覚・狂気系に通じる作風に当時多くの観客に衝撃を与えました。


ワスレナグサ


ファミコンの生産終了をキッカケに制作された神倉みゆさんの作品。歴代の名作と共にファミコンの歴史を振り返っています。

【FLASH BACK 200X】ウキウキ、ノリノリ、ワクワクな 2003年11月【桃色革命ハタチ、のびたvsドラえもん】


秋も深まる今日この頃…といいたいところですが、台風はくるわ竜巻が起きるわでどーなってんのっていう1ヶ月でした。そんなわけで特に話題がないまま2003年11月の作品を紹介。


のび太vsドラえもん



桃色革命ハタチ


公共料金さんのキャラクター「はたち」をモチーフとした「少女革命ウテナ」OPのパロディ作品です。サビの部分でははたち他にも懐かしのコテハンキャラたちが登場します。

SaaDake


日本ブレイク工業『社歌』逆再生バージョン


萬Z(量産型)氏により作詞・作曲され社歌としての常識を覆したメロディで一世を風靡した日本ブレイク工業ですが、この曲を逆再生したことで新たな歌詞が生み出されたAA作品です。


これは便所つき?わ~い


エアマスターEDをAAキャラであるショボーンによって再現したショートアニメ。ある意味、空耳の1フレーズに対してラストシーンのオチに全力を注いだ作品でもあります。


しかと


ウゴウゴルーガの1コーナーのショートアニメを再現した作品。んー懐かしい。