Category Archives: 動画

【CloseUp Flash Reloaded】ストーリーを主体とした長編Flashノベル


これまで紹介したFlashムービーはアニメやゲームなど動きのある映像が多かったが、Flashには文章系と呼ばれる静止画の背景をバックに文章を読ませることを目的とした作品がある。ビジュアルノベルやサウンドノベルとも言われるジャンルが商業ゲームの世界にあるが、Flashでも比較的簡単にそのシステムが実現できるため、個人制作によるオリジナル小説をFlash化した「Flashノベル」を最近多く見かけるようになった。多少のアニメーションが付いた短編小説のFlashノベルは数多くある。しかし中には一話ごとに作品を切り分けた長編のオリジナルFlashノベルも存在する。今回はそんな長編Flashノベルを2作品紹介する。



ごがつのそら。

五月という曖昧な季節、住宅街の小さな神社を舞台に、五月病の新入社員がピアノの音に誘われて向った先は神社。そこで一人の女子高生のアルバイト巫女に出会う。互いの悩みを打ち明けることによって心が通じ合いながらも、もう一歩を踏み出せない微妙な距離感が印象的な物語。神社という空間に加えてBGMのピアノの調べがゆったりとした時間の流れを感じさせる。
「奇跡も事件も起きず、ただ二人が神社の境内でぼーっと空を見続けるような話を目指しました。ピアノの音に耳を傾けながら、五月という曖昧な季節を感じさせられたらいいなと思います。」(吉村 麻之氏)
ホームページに公開されているNScripter版「ごがつのそら。」には、おまけシナリオ「はちがつのゆき。」が含まれている。エンディング後の二人を知りたい場合は是非ご覧頂きたい。

むきりょくかん。



こころのアリカ 第一章

高校一年生なる夏目和也には不思議な「チカラ」が見えていた。しかし、今の彼にとってそれは存在する意味がわからないものだった。そんな高校生活最初の夏休みが間近に迫ったある日、それをひとりの女の子に偶然見られてしまったことから始まる物語。「チカラ」に関わりたくない”夏目和也”と「チカラ」を得たい”橘ありか”の対照的な関係がストーリーを奥深いものにしている。また、Flashノベルでは音楽が、各シーンを盛り上げる上で効果的な役割を担っている。
「音楽は各音楽サイト様からお借りしているもので私が制作したものではありませんが、お借りした素晴らしい音楽に登場人物の心情やその場面などをリンクさせて盛り上げていけることがFlashノベルの良いところかなと思っています。」(Kaz氏)
現在、最終話の第6話を鋭意制作中とのことで完成が多くのファンに期待されている。

アリカプロジェクト

【FLASH BACK 200X】空前絶後のォォ!!!超絶怒涛の時事ネタ力ゥゥ!!! な2007年2月【すごいぜ!JASRAC伝説】


TPPの離脱から始まり、メキシコへの国境の壁に加えて入国制限をかけるなど自分流のジャスティスを振りかざすトランプ大統領ですが、誰もハッピーになれないと言う点では某音楽著作権管理団体に通じるモノを感じさせます。(゚∀゚)イェェェエエエーーーーーイッ!!!


すごいぜ!JASRAC伝説


音楽教室に対する徴収で今話題を振りまいている某音楽著作権管理団体の横暴ともいえる活動を訴えた作品。今回のようなタイムリーなネタが紹介時期に被ることが度々あるのですが、10年周期で訪れるジンクスでもあるのでしょうか…


キミとの正しい約束


げまてれとのコラボ企画である約束をテーマとした物語。二人の視点が交錯する恋模様から、学生のころ誰もが持っていたような甘酸っぱい想いが呼び起され、何とも懐かしい気持ちになります。

偽与野区役所

【CloseUp Flash Reloaded】オンラインイベント「第二回ParaFla!感謝祭」


数々のFlash作品を見てきた人の中にはFlashムービーを作ってみたいと思う人もいるであろう。しかし、Flashを始めるに当たってまず大きな壁となるのがツールの準備である。Flash作成ツールとして代表的なものはMacromedia Flashであるが、価格が比較的高く、操作方法も複雑とあって初心者が気軽に手に入れられるものではなかった。
そのような中で生まれたのがフリーのFlashツールであるParaFla!である。名前から見て取れるように、元々はパラパラ漫画を作るためのソフトが原点となっている。しかしフルスペックのFlash作成ツールとして、様々な機能が実現されるたびに着実にユーザーを増やし、有志によるファンイベントが開催されるまでに至った。そこで今回は、先日開催された第2回ParaFla!感謝祭よりParaFla!で制作された作品を紹介する。



ぱらりば(ParaReversi)


ParaFla!の機能を擬人化した様々なキャラクタ達と対戦するリバーシゲーム。ただのリバーシゲームに終始せず、ゲームを進めることで異なるキャラクタや技を使えるようになるのが特徴的だ。
「コンピュータリバーシならではの、技を駆使した攻防が楽しめます。」(コロいぬ氏)
このようなゲームにはアクションスクリプトというプログラミング言語が必要であるが、もともとParaFla!にはアクションスクリプトの機能は備わっていなかった。しかし、バージョンアップを繰り返すことでその機能が実装されゲームが実現できるようになった。ツールの進化にあわせて作品も進化していくことが体感できるのもParaFla!の魅力の一つである。

真※いぬ小屋



All the time


akeoさんの同曲を元に制作されたイメージPromotionVideo。斬新で独特な色遣いの中、細かい人物の仕草がポップな世界観を強烈に印象づけている。
氏の作品に共通しているのが顔の中が描かれていないことだ。情景のみで雰囲気を表現することでその顔に描かれている表情がどのようなものか想像力を掻きたてられる。言葉も表情もない限られた条件の中でストーリーを紡いでいくことができるのはRag氏ならではの才能だろう。



レインボウ


誰もが同じ外見、同じ能力を持った平和で平等な世界に見えるが、能力者にとっては自分の色を出すことのできない「不平等」な世界を描いた物語。イベントのトリを飾った本作品では、能力のある人材、才能を持つ者たちが「平等」の名の下にどんどんその芽を潰されていく中、本当の平等とは何かを見るものに問いかける奥深いストーリー構成となっている。
「誰かにスポットライトが当たると、別の誰かは見えなくなる。作品のテーマである「真の平等」を意識し、映像の中での明暗の差も工夫しました。」(イズ氏)
これまでのParaFla作品は、比較的ライトな物語が多かったが、これからはテーマ性の色濃い作品もどんどん作られていくことを予感させた作品である。

ガラスの水槽