Category Archives: Flash

【FLASH BACK 200X】 AA Flashアニメが本格的に台頭する2002年3月 【しぃのうた】


2002年3月頃はムネオハウスにより一躍脚光を浴びたFlash板が、これまでのネタ元であったAA板以外にも他板との交流を深めていった時期であります。そんなキッカケとなった作品をいくつか紹介。

しぃのうた


「Wind’s Nocturne」をBGMに季節の移り変わりにあわせてしぃのギコに対する想いを描いたNNSJ氏の作品。後にマウスクリックで動作するギミックが仕掛けたり、英語版が公開されるなど、当時としては珍しく4chanなど海外のコミュニティでも話題となった作品です。

ゾ1ド


ゾイド板の名無し「名無し獣」を由来としたコテハン・NNSJ氏がゾイドOPを1さんで再現したパロディ作品。1さんと8頭身のキャラクターは本作品以外にもwosaさんや弱腰マカーさんなどの作品をキッカケとして当時2ちゃんねるを知らない人にも知られる存在となったと言えるでしょう。話は変わるけど今月公開された3DCG版ゾイド「HMMゾイド 3DCG PV」も凄かった。。

【フラッシュ】WHITE ALBUM 緒方理奈のプライベートレッスン


宮崎吐夢氏とWhiteAlbumという全く異なるジャンルから生み出された奇跡のコラボレーションに当時抱腹絶倒したウサギ軍団さん制作の葉鍵系Flash。当時葉鍵最萌トーナメントが開催されていたこともあり、この時期多くの葉鍵系の作品が登場してました。

正義の味方の見方


独自の世界観を持った公共料金さんの作品。ひろぴと氏や公共料金氏の一連の作品は後の狂気系Flashと呼ばれるカテゴリにおける先駆け的存在でした。

3年ぶりに復活したFlashイベント『閃2012 -HIRAMEKI2012-』




2006年にFlash・動画板にて開催された10秒という限られた時間の中で作品を作るイベント『閃』が3年ぶりに復活しました。第3回の開催から時間制限が15秒になっており、今回も15秒の中に様々な志向を繰り広げた作品が公開されました。
飛び入り作品を含めた全18作品を制作者の参加コメントとあわせて紹介します。

Hirameki2012 OP -閃と輝をもう一度-

Prison Crusher [イズ] (ガラスの水槽)
例えどんな窮地に立たされてもどこかに打開策はあるのかもしれません
やってみたいことを作品にしてみました

「鯖区2丁目」第3話 [k.m] (k.m-Z blog)
1話完結のシリーズ物第3話です。
15秒以内という事でこの為にネタを作りました。

かえ玉食べたい。 [ヤベズム] (ヤベズム)
初見でクリアできたらネ申フッラシュだYO!
(・∀・)健闘を祈ります!

0 0 1 5 [toppo] (trv4)
それではよろしくお願いします。

SUKIMA STUDIO [the first measure] (SUKIMA STUDIO)
メッセージ性が皆無で申し訳ないです。
むしゃくしゃしてたんです。

GrangE [GRAM] (GrayGround)
意識の風化とフラッシュバック。

Break Block [Tyousen121] (地獄耳)
普通のブロック崩しを目指して作ったゲームです。
初めてActionScriptを使いましたが、まったく活かしきれていません…。
ちなみにいくつかバグがあるようです。

トレンチコートの男 [高村 四郎] (電柱)
15秒。入れられるネタは一つ。それをどう料理するかの勝負でした。
昨年小ネタ集みたいな感じで凄く良いアニメがあったのでその影響もあったり。
ただあの作品はすごく健全で幸せな世界なのに対し俺の作品は…
今後はもうちょい健全な世界を作っていきたいです。とりあえず人死にを出さないように。

メイドインラビリンス [ライヲン] (NEW 大雷音寺 本館)
閃復活!ということでチャレンジ。
今回は迷路ゲームを作ってみました。
ファミコン風味をねらっています。
ヌルいのですぐクリアできると思いますぜ。
ちなみに音楽は市販素材です。

card [chigari]
飛び入り失礼します

戦え!閃華-センカ- [カメヤン] (シャチにのったネコ)
ミニゲーム要素を取り入れたショートムービーです。
楽しんで頂けたら幸いです。
でもなるべく楽しくねーよって言わないでくださいね。悲しくて泣いちゃうかもしれないから・・・w

ジュウシマツ住職 [み印◆mijiPLvt5s] (すみっこの住人)
最近ジュウシマツ住職見ないよな

Meaning [灰色] (Gray a Fether(仮))
ギリギリまで思いつかなかったのですが、綺麗にまとまったと思います。
どんなものでも意味は自分で見つけるものだと思います。

Aqua BLUE [氷炎] (氷炎 -ICE FIRE-)
水をテーマにしたMG作品です。
水には様々な種類がありますが、何といっても水は雨から生まれた、自然界の贈り物でもあるのです。
ただし水分補給といえども飲みすぎは禁物、用を足してしまう危険性が高いです(私もこんな恥ずかしい経験なあったよ!)。
水分補給は時間をかけて適量を。

命日 [NRF(ナリフ)] (NRF-Flash (ナリフ・フラッシュ))
最近のFlashは3D機能が使えることを最近になって知りました。
で、墓石は3Dの練習をするのにぴったりかなと思って作りました。
…という技術的視点で個人的感情を隠すのが自分の性です。

plus [レク] (Autumn Leaves)
鮭の西京焼き食べよう(願望)

no title [匿名希望]
最悪の技術と最悪のセンスと最悪の残り時間で一瞬頭に思いついた事を形にしてみました。

ぼくのみたせかい [虹風 虹奈] (Rainbow City)
あなたにとっての「せかい」とは、何ですか?

【FLASH BACK 200X】 時事ネタに沸いた2002年2月 【Project X~MUNEO-HOUSE】


2002年のFlash板ではまだ設立されて間もないためFla板発となるような独自コンテンツがなく、AA系以外には良くも悪くも時事ネタに便乗することが多い時期でした。

プロジェクト X
特にこのプロジェクトXシリーズはOP映像が素材として公開されていたこともあって「乗るしかない、このビックウェーブに!」とばかりに数多くのFlash作品がネット上にあふれていました。本家から警告メールが展開されたこともあって、この時期を境に収束していきましたが、今でも検索すればいくつかの作品を見ることができます。

時事ネタがベースになっていることもあって当時プロジェクトXで取り上げられるターゲットは、主に芸能人や政治家が多かったですが、中でもワイドショーなどでも取り上げられるほど一大ムーブメントを巻き起こしたのが「ムネオハウス」です。

MUNEO-HOUSE (By DJ MUNEO)


THE MUNEO HOUSE PV – tears


Muru-CORE pv


テクノ板で制作されていた曲にKIKI氏やスキマ産業氏が映像化したこれらの作品は「PV製作委員会」への設立へとつながり、Flash板におけるPVの礎を築いたキッカケとなりました。
しかしこれらの作品を改めてみると逮捕・収監までされた人物が現在も政党の代表として第一線で活躍されているという、そのバイタリティだけでなく政治の世界の懐の広さに驚かされるばかりです。そしてムルアカ氏の「コノ国ドウナッテルンデスカ?」とのフレーズが今の政局を如実に物語っているようでなりません…