Category Archives: 連載

【CloseUp Flash Reloaded】デジタルコミックにおけるFlashの活用


コンピュータやインターネットの環境の発展に伴い、今では簡単に個人でイラストや漫画をウェブ上にアップロードして公開できる時代になったが、その次のステップとしてそれらの作品をFlash化する動きがここ数年で多く見られるようになった。事実、自分の作成したイラストや漫画を動かしたい為にFlashを始めた人も多いと聞く。イラストや漫画をFlash化することによって、従来の静止画では難しい表情の変化やカメラワークなどの微妙な動きを実現できる。一方で従来の漫画にある吹き出しやコマ割りなどの形式で見せたり、音を出せる環境であるにもかかわらず効果音を文字で表現したりしている。今回はそんな漫画としてのスタイルを維持したFlash漫画を紹介する。



行進曲は突撃ラッパ

感情をラッパを通して表現する無口な少女、萌とその友人達の日常を描いた4コマFlash漫画。個性的な登場人物の紹介が描かれている。
「現時点ではまだストーリー的な物は描いてませんが、萌達の突拍子もない行動をお楽しみください。」(フジツカ氏)
登校編のあとは放課後編や、バイト編など、人間模様にも変化が起きる展開を構想中とのことであり、今後が楽しみだ。またフジツカ氏の作品には、九十九百太郎氏のヴォイスドラマを元にしたFlash漫画「ねこまんが」もある。こちらも是非一度ご覧頂きたい。

コギト・エルゴ・スムン



たいむいずまねー

山のふもとに寂れた料理屋をみつけた学校新聞グルメ担当のかんな。そこで出会った少年店主は、300種類以上のメニューのどれを頼んでも3分以内に料理を出してしまいます。しかし問題の多いこの店は閑古鳥。そこで接客のまるでダメな少年店主を更生させつつ、店の謎に迫ろうとする物語。
魚介類ラブラブマンガを元にFlash版を制作されたシリーズである本作品は、ドタバタアニメ調の作風となっている。また、漫画などでは表現が難しいカメラワークの他、キャラクタなどに3Dを用いているのが目新しい。
「キャラの個性で押してる内容なので、新キャラである赤髪の少年の不器用っぷりなど個性的なキャラたちを見てもらいたいです。また、背景とキャラの一部にswift3Dを使っています。モブシーン用や、アクションシーンの一部にも使っており、欠かせないものになっています。」(鱒木氏)
現在本シリーズは、SF的な展開となっている第4章が開始されている。

鱒の家

【FLASH BACK 200X】帰宅からゲームにSwitch春の宵 な2007年3月【Fだまりスケッチ】


そろそろ春が待ち遠しくなる季節ですね。2007年3月といえば、10秒Flashイベントでおなじみの「閃’07」が行われたり、東京都知事選に立候補した外山恒一氏の政見放送や中曽根OFFなどネット内外で賑わっていた月でした。


Fだまりスケッチ


Flash作品ネタが盛りだくさんのひだまりスケッチ OPのパロディ。同時話題だったネタをこれでもかと言うほど詰め込んでおり、わかる人には楽しく感じられる作品です。


人魚姫


葉月ゆら氏の歌によるPV。しっとりとしたメロディにあわせて場末のBARという設定やワイン瓶から広がる演出などが少女から女性への変貌を魅惑的に表現していて非常に雰囲気あふれる展開となっています。

ガラスの水槽


やらない夫は大変なアwせdrftgyふじこlp;@


ニコニコ動画でブレイクしたカギ氏制作の「東方乙女囃子」PVをやる夫によってパロディ化したムービー。様々なネタがやる夫のウザさMAXでテンポ良く繰り広げられています。

【CloseUp Flash Reloaded】ストーリーを主体とした長編Flashノベル


これまで紹介したFlashムービーはアニメやゲームなど動きのある映像が多かったが、Flashには文章系と呼ばれる静止画の背景をバックに文章を読ませることを目的とした作品がある。ビジュアルノベルやサウンドノベルとも言われるジャンルが商業ゲームの世界にあるが、Flashでも比較的簡単にそのシステムが実現できるため、個人制作によるオリジナル小説をFlash化した「Flashノベル」を最近多く見かけるようになった。多少のアニメーションが付いた短編小説のFlashノベルは数多くある。しかし中には一話ごとに作品を切り分けた長編のオリジナルFlashノベルも存在する。今回はそんな長編Flashノベルを2作品紹介する。



ごがつのそら。

五月という曖昧な季節、住宅街の小さな神社を舞台に、五月病の新入社員がピアノの音に誘われて向った先は神社。そこで一人の女子高生のアルバイト巫女に出会う。互いの悩みを打ち明けることによって心が通じ合いながらも、もう一歩を踏み出せない微妙な距離感が印象的な物語。神社という空間に加えてBGMのピアノの調べがゆったりとした時間の流れを感じさせる。
「奇跡も事件も起きず、ただ二人が神社の境内でぼーっと空を見続けるような話を目指しました。ピアノの音に耳を傾けながら、五月という曖昧な季節を感じさせられたらいいなと思います。」(吉村 麻之氏)
ホームページに公開されているNScripter版「ごがつのそら。」には、おまけシナリオ「はちがつのゆき。」が含まれている。エンディング後の二人を知りたい場合は是非ご覧頂きたい。

むきりょくかん。



こころのアリカ 第一章

高校一年生なる夏目和也には不思議な「チカラ」が見えていた。しかし、今の彼にとってそれは存在する意味がわからないものだった。そんな高校生活最初の夏休みが間近に迫ったある日、それをひとりの女の子に偶然見られてしまったことから始まる物語。「チカラ」に関わりたくない”夏目和也”と「チカラ」を得たい”橘ありか”の対照的な関係がストーリーを奥深いものにしている。また、Flashノベルでは音楽が、各シーンを盛り上げる上で効果的な役割を担っている。
「音楽は各音楽サイト様からお借りしているもので私が制作したものではありませんが、お借りした素晴らしい音楽に登場人物の心情やその場面などをリンクさせて盛り上げていけることがFlashノベルの良いところかなと思っています。」(Kaz氏)
現在、最終話の第6話を鋭意制作中とのことで完成が多くのファンに期待されている。

アリカプロジェクト