Category Archives: 連載

【CloseUp Flash Reloaded】FLASHアニメーションライブイベント うらはくレポート(後編)


2007年1月20日、大阪心斎橋のFANJにて「うらはく」が開催された。イベントの模様をお伝えした前回に続き、今回は本イベントの主催者であるみのぷう氏にイベントの所感と今後の展望について伺ったインタビューをお届けする。



UG-K:今回のイベントの特色についてお聞かせください。

みのぷう:今回のイベントは、今までFLASH EXPO(略してフラハク)を支えてくださったスタッフへのお礼という意味合いと、今まで何らかの事情によって来場がかなわなかった方たちの要望に何らかの形で応えられないかという意味で「それならイベントにしてしまおう」というのが根本にありました。

みのぷう:もともと非公開の作品が多いフラハクの作品は一度きりの上映というスタイルの為に
「いけなかったので見れなかった」
「見たけどもう一度見たい」
という要望が多く、それに応えるためにはイベントをしないといけない。でも、やるからには何か新しい試みも加えないといけない…ということでトークなどを今までのフラハクから大幅に変更して構成したのがうらはくです。

UG-K:なるほど。スタッフの数や準備期間はどれくらい要しましたか?

みのぷう:運営を4人増やした8人だけでやりました。現場スタッフを入れてもたった11人です。これだけの人数で3ヶ月かけて行いました。フラハクが半年以上の準備がかかることを考えると、大幅に短縮かつ効率的なイベントだったと思います。

UG-K:少ないスタッフと短い期間で実現されたイベントということですが、大変だったことはありますか?

みのぷう:今回は、イベントを行うにあたって若い人がそれを行えるように育てるというテーマがありました。旧運営陣がやればすぐできることをあえて新しい運営にやらせたりしたので、そういう意味ではちょっと大変だったかもしれません。でも皆がちゃんと仕事をしてくれたので、予想以上に楽だったのが本音です。旧運営がイベントに慣れてかなり効率がよくなったという点もありますね。

UG-K:イベントを引き継げる体制を作り上げるという目的もあったのですね。

みのぷう:最近イベント主催してる人達と話してる中でよく話題に上る議題が「若手の台頭の無さ」なんで。

UG-K:確かにオフラインイベントというとやはりFlashブームが生まれた頃に活躍したメンバが中心ですよね。

みのぷう:今のクリエイターもイベンターも含めて若い人に引導を渡して欲しい気持ちもあるんですよ(笑)



UG-K:観客層の割合はどんな感じだったでしょうか?

みのぷう:こっちの予想に反して新規の方が多かったです。男女比はこの手のイベント特有の男9に女1くらいですかね。でも、他のイベントより女性は多い気がします。

UG-K:でも新規の人が多かったっていうのは、イベント開催の目的である行けなかったという要望に応えられたのではないでしょうか?

みのぷう:その点からいうと今回のイベントは少し敷居が高かった気がします。もうちょっと初めての人に向けたイベントにできたのでは? というのが今も悔やまれる点ですね。

みのぷう:ただ、リピーターの人達がFLASHをじっくり見るスタンスでイベントに臨んでる人が多かったので、ノリとして落ち着いたイベントになってしまいました。悪くはないんですが、初めての人には異様な雰囲気だったかもしれません。

UG-K:なるほど。司会としても活躍されたみのぷうさんから見て観客の雰囲気や盛り上がりはどうだったでしょうか?

みのぷう:フラハクの異様なノリノリ感より、皆が腰をすえて作品に挑んでいる感じだったので「こんな酷い内容のFLASHばかりなのに…」と思いました(笑)

みのぷう:レベルの高いところで酷いネタをぶっ放すのがフラハク系の特徴なので、あそこまで冷静に見られるとクリエイター含めてやる側としては恥ずかしかったりします。現に青池さんは、自作品の上映のとき恥ずかしそうに顔下げてました(笑)



UG-K:作品内容についてですが、凄いのだけどいろいろな意味でヒドイものが多くありました。公開することに抵抗を感じることはなかったでしょうか?

みのぷう:当然あります(笑)

みのぷう:内容によっては一般公開が当然不可能な作品が多数あります。だからこそ、サイトやイベント中などで徹底してネタとして笑い飛ばせるように構成には気をつけています。クリエイターの欲望に応えるのも運営の仕事だと考えています。

UG-K:クリエイターの欲望といえば、作品内容からクリエイターが普段抱えている不満を発散しているような印象が見受けられました。

みのぷう:Flashというツールはこれからまだまだ伸びるツールとは思いますが、ブームというのは上に伸びると同時に底辺が安定することが大事だと思います。そういう意味で、あくまでフラハクはあえて底辺に居続けるイベントでありたいというテーマがあるので、逆にアングラ的要素が一部の有名クリエイターの欲望発散の場として好意的に受け入れてくれているんだと思います。

みのぷう:でもまあ「フラハクなら何やってもいいや」という風潮が強いのは否めませんが(笑)

UG-K:クリエイターにとって息抜きとなるイベントでもあるわけですね。

みのぷう:そうですね。いま第一線で活躍している人達も好きでFLASHに関わった人が多いですから。最近の企業関係で活動している人達はフラストレーションが溜まっていそうですしね(笑)



UG-K:今回Masquerade作品やメゾン斉藤さんの作品などいろいろなサプライズがありましたが、どのような経緯で決まったのでしょうか?

みのぷう:Masquerade作品は、もともと運営のGarniさんと相談して決めていました。Masqueradeにもmicromediaが支援しつつ、フラハクにもMasqueradeが協力する。最終的に「白作品=マスカレ」、「黒作品=フラハク」の形で移行できればという趣旨がありました。

みのぷう:メゾン斉藤さんなどサプライズに関しては、こっちが言わなくてもイベントをやるという噂を聞くと、いつも驚きの人達が作品提出を申し出てくださるんです。こっちは気楽にやろうねって言ってるのに、ラインナップを見たら「こりゃちゃんとイベントやらねえといけねえな…」って(笑)
一種のクリエイターによる脅迫です(笑)



UG-K:さいごに今後の計画についてですが、フラハクの方は今年開催されるのでしょうか?

みのぷう:フラハクについては正直、他のイベントとの共存を考えると今年はやるチャンスがない気がします。ですが、何らかの形でやることによってFlash業界が活性化するのであればやってもいいと思いますし、結局イベントというのはクリエイターと観客によって作られるもので、運営はそれを代表して作業してるだけですから。皆さんの要望次第という感じでしょうか。

みのぷう:フラハクだけでなくflash★bombも映夜祭もJAWACONでさえも情熱が飽和した結果生まれたイベントだと思ってるので、皆ネットの人達は情熱をぶつけるのが下手な人が多い印象ですが、下手でもいいからもっともっと表に出してぶつけてほしいですね。

みのぷう:恋愛と一緒でやる側も結構鈍いっすから(笑)

UG-K:クリエイターと観客双方の期待が高まった時にイベントが開催されるというイベントの本質が見えた気がしました。また近いうちにフラハクが開催されることを期待してます。本日はどうもありがとうございました。

みのぷう:ありがとうございましたー!

【CloseUp Flash Reloaded】FLASHアニメーションライブイベント うらはくレポート(前編)


2007年1月20日、大阪心斎橋のFANJにて『うらはく』が開催された。有志のクリエイターによって構成されているイベントコミュニティー「micromedia」によって毎年大阪で開催されるオフラインイベント「FLASH EXPO」があるが、本イベントは2005年、2006年に成功を収めたFLASH EXPOの裏バージョンとして、これまで作品を見る機会が得られなかった人に向けて行われたものだ。コミュニティー中心で行われるイベントとしては、東京では「slashup」が存在するが、FLASH EXPOでは土地柄のためか笑いを意識して楽しむことを目的としたイベントという位置づけとなっている。笑いを追及しているゆえ少々過激な作品や発言が含まれるのが特徴であるが、今回特別に許可を頂いてイベントの模様をお届けする。




会場であるFANJでは、開場30分前には既に多くの人が並びイベント開始前には多くの観客でにぎわった。また開場には物販ブースが設けられ、主催のみのぷう氏やゲストの青池氏をはじめとするFLASHクリエイター著作の書籍やグッズなどが販売された。

今回のイベントの構成は3部構成であり、第1部では「FLASH EXPO’05」や「FLASH EXPO’06」をフィーチャリングしたクリエイティブパートとなる。壇上に登場した司会のみのぷう氏とGarni氏から初めてきた人がいるか挙手によるアンケートを行ったところ、全体の4割弱が初見であることがわかった。上映作品は以下の通り(敬称略)。

・私とPCとFLASHの繰り返される日常 (nae)
ぽんでらいおん (和茶)
紅い眼 (天羽翔)

また、Garni氏主催による「Masquerade 2nd stage」より先々週のCloseUp Flashでも取上げた以下の2作品が上映された。

ムカシムカシ (ハタラキ有)
やれゆけ!?カニパンマン (ごんち)

上映後、ハタラキ有氏とごんち氏は壇上インタビューにも答えられた。またインタビューのなかでごんち氏から筒井塗装さんより来場者全員に”かにぱん”がプレゼントされるといったサプライズも告知された。

次に紹介されたのは以下の作品。東京喫茶では、イントロ部の自画像が出るシーンを森井ケンシロウ氏が壇上で自ら再現するなど会場は大いに沸いた。また、天津丼プリン氏の壇上インタビューでは、本名での作品と上映作品の違いから作風の幅が広いことについての問いに対し、「FLASHが好きだから」といったクリエイティブ魂あふれる声が聞かれた。

東京喫茶 (森井ケンシロウ)
・裏5iVESTAR (鉄火丼プリン)
・ワクワクFLASH! (エジエレキ)
・2D or Not 2D (天津丼プリン)
・NOT DATA ♪=136 (神倉みゆ)




第2部では、スペシャルゲスト青池良輔氏を迎えて作品が上映された。青池氏の話によると、イイ・アクセスやかーずSPなどのFLASHニュースサイトで紹介された作品は基本的に毎日見ているそうだ。昨年、ネット上で話題になったFLASHの盛り下がりについては青池氏も気にしていたようで、クリエイター側ではもっと面白い作品をたくさん作ろうと頑張っているが、コンスタントに出すことが出来ないから盛り下がっている感じが出てしまい申し訳ないと思っているそうである。また現在アシスタントを募集しており、会場の中に一人合格している人がいるとの衝撃発言もあった。その他FLASH業界の裏話などの話に観客は固唾をのんで聞き入っていた。

・Hellwinkle Episode I/II (青池良輔)
・チェリー (新海岳人)
Dear N.O. (tigo)
・ドクオ大爆笑総集編 (doku6)
・劇場版正男君と主体石 (olo)
ネタバレダイジェスト (すなふえ)
・CATMANおでん屋にいく (ワシ@部屋長)
・パジャマキング (ドン・セバスチャン・2世)
・3歳シリーズが○○だったら (G-STYLE)
・ピタゴラスイッチ (春日森春木)
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ (ゆう)

壇上インタビューには、tigo氏、ワシ@部屋長氏、G-STYLE氏、春日森春木氏が迎えられた。G-STYLE氏は、公募や告知もしてないのにFLASH作品を提出してきたと言ったエピソードがみのぷう氏より語られた。また春日森春木氏からは、今回の作品はラレコ氏とFROGMAN氏の初のコラボ作品であり作品提出における苦労が語られた。




第3部では、凄い作品が目白押しで会場はさらにヒートアップした。碇氏やチームATM氏の作品は、今回旬のネタを追加したリメイク版が上映された。アンタイトル氏もイラストレータを駆使してよりリアルさを追求したリメイク版を上映する予定だったが、残念ながら間に合わなかったそうだ。いつか公開される日を期待したい。また今回上映されたクリエイターの別名義であるメゾン斉藤氏の作品は、まさにトップシークレット扱いなのも納得いく内容に観客は衝撃に包まれた。さらに天津丼プリン氏の2作目が上映され、FLASH愛あふれるテーマにみのぷう氏も感心の声を上げた。ヨガ鳥氏の作品では、BGMを歌うミッキー三木氏ことみのぷう氏が生で歌ってくれるという大サービスも行われた。

Naname City KATAMUITERU (カギ)
・猫耳刑事1,2 (中華丼プリン)
・magical robo Larna (ぼんで)
青春イングリッシュ (碇)
・ブラウニー (アンタイトル)
・真盗作インスパイヤREMIX (チームATM)
夢と魔法のファンタジー (ヨガ鳥)
・ありのままデラ微乳 (たけはらみのる)

最後にみのぷう氏より今回のイベント開催におけるスタッフや参加者への謝辞が語られた。青池氏のコメントやドン・セバスチャン・2世氏の作品の中で語られたブームの盛り下がりについては、今は我慢の時期であり、一過性のブームに乗ってきた人がいなくなった事によるものであるが、作っている人たちやイベントに集まってくれる人がいる限り、FLASHの人気は続いていくとの意見が述べられた。




以上でイベントが終了したわけだが、今回のイベントからクリエイターは、FLASHが楽しいからこそ作品を作り観客は楽しさを求めてそれを見る、そしてそこから楽しさを共有するためにイベントが生まれるといったFLASHの持つ魅力の原点を改めて感じさせられた。

(後編はうらはく主催者であるみのぷう氏へのインタビューをお送りします。)

【CloseUp IA】『塚原重義、奮闘中』イベントレポート(未来編)


未来編トークショーの模様


2017年11月23日、東京・入谷の「SOOO dramatic!」にてアニメーション監督・塚原重義さんの応援イベント『塚原重義、奮闘中』が開催されました。
本イベントでは、過去作品の上映のほか過去・現在・未来をテーマに塚原監督と縁のあるゲストとのトークショーで構成されていたほか、イベント後には交流会が設けられていました。
前回の現在編に続き、現在制作中の新作の予告編の上映と新作に関する話を伺った未来編のトークショーがスタートした。

<未来編ゲスト>
迫田祐樹: Twiflo,LLC アニメーションプロデューサー、アニメクリエイター取材メディア「JapanAnimeMedia」編集長。塚原重義監督の最新作品をアニメーションプロデューサーとしてサポートし、完成にこぎつけるために同じく奮闘中。
皆川一徳: アニメーター、数々のアニメ作品にて原画、作画監督を担当。最近では『マクロスΔ』にて作画監督、『劇場版ポケットモンスターキミにきめた!』にて作画監督。塚原作品においては『端ノ向フ』でアクション作画監督、現在制作中の最新作ではキャラクターデザインを担当する。