Category Archives: ブログ

【FLASH BACK 200X】「世界よ、これが日本のFLASHだ!」ついに時がきた2003年7月【FLASH★BOMB】


Flashファンにとってはもはや説明するまでもありませんが、ある意味終わりの始まりとして当時満を持して開催されたオフラインイベント「FLASH★BOMB」。アンチの1さんの妄想をキッカケにして生まれた伝説のイベントは「クリエイティブなバカ、揃ってます!!」を合い言葉に総勢40名近くのクリエイターの作品が上映されました。上映された作品には現在も語り継がれるような殿堂級の作品も数多くあることから、このイベントがFlash黄金時代の幕開けとも言えるかもしれません。


そんなことより、注意事項~楽園


注意事項を兼ねたFLASH★BOMBのオープニングムービー。作風の異なるポエ山さんとスキマ産業さんの異色のタッグによる作品としてイベントの開幕を飾るに十分のインパクトのあるオープニングとなりました。2011年にポエ山さんが本作にも登場したゴノレゴの10周年を記念して制作した本作のオマージュ作品「【ゴノレゴシリーズ】そんなことより、10周年 -FRENZ 2011にて。楽園RMX-」も必見です。

POEYAMA
スキマ産業


なつみSTEP!-NATSUMI STEP!-


モーショントゥイーンを活用したFlashクリエイターとして人気であったNNSJさん(現たけはらみのる氏)の代表的な作品。女の子を中心とした一見楽しそうな作品ですが、その雰囲気とは真逆の隠された設定が明らかになったことでネット界隈に大衝撃を与えました。

こしあん堂


ドラゴソボール8


こちらも2ch系アニパロFlashの伝道師として人気を一手に受けていたwosaさんのドラゴンボールオープニングを2chキャラで再現した作品。再現性は言うまでもありませんが、お馴染みの8頭身と1さんをはじめとした2chキャラたちの絶妙な配役が笑いの絶えない作風に仕立て上げられてます。

wOzBox (;´Д`).to


スーパーシィルクちゃん


wosaさんの独壇場であった2ch系アニパロFlash界隈に2003年「2ちゃんねる大王」を引っさげて彗星のごとく現れたのが512kbさん。OH!スーパーミルクチャンオープニングをしぃとギコで再現したアニパロFlashとなっています。本作でもしぃやギコのキャラクター性を活かし、ほのぼのとした雰囲気を醸し出してます。


Go!Go! アイスキャンディ


暑い中みんなで食べるアイスの中でPちゃんが引いた当たり棒を巡って大波乱が巻き起こるのんちゃんシリーズのショートムービー。1分近くのアニメーションの中に詰まった細かな動きはそのBGMと共に観客に大きな衝撃を与えました。

活動漫画館

【FLASH BACK 200X】フラッシュモブで盛んな2003年6月【num1000リミックス・バトーマン・叶えてかな子】


GWが終わったと思ったら2013年もそろそろ折り返し地点に差し掛かっているという事実に愕然とする今日この頃です。さて2003年6月といえば5月にアメリカで行われたフラッシュモブをキッカケとして国内でも映画「マトリックス・リローデッド」の公開に合わせて開催された「マトリックスオフ」や「ジョジョ立ちオフ」などが全国的に実施され話題を振りまいてました。Flash界隈でも「num1000リミックス企画」や「プロジェクト鼻まにあ」などのファンイベントで盛り上がりを見せていた時期でもあります。


num1000 512kb cache mix


2chキャラが数多く登場するスキマ産業さんのnum1000をリミックスした512kb氏の作品。リミックス作品の中でも3Dを活用しているほか、意外にもnum1000リミックス企画には出展されてないことも特徴的でした。


バトーマン


言葉の限りを尽くしてひったくりを説得する正義の男が登場するショートアニメ。被害者を罵倒しているように聞こえるのはきっと気のせいです。。

こしあん堂


叶えてかな子


魔法使いのかな子がステッキを使って相談者のなやみを解決するショートアニメシリーズ。青木氏特有のブラックジョークを含んだ斜め上の解決方法を導き出す結末に笑いがこみあげてきます。

地獄変ドットコム


相田みつおの世界 奇跡の言葉


詩人・相田みつをの書画集をベースとした架空の書画家「相田みつお」のパロディシリーズ。毒がありながらも人間の真実を表している言葉の数々が笑いを誘います。

ザ・ガーベージ・コレクション


スーパー流石ブラザーズ


当時人気だったAAキャラ流石兄弟を登場キャラとしたスーパーマリオのパロディ作品。ゲームの中でも兄者と弟者の語り合いが始まります。

【FLASH BACK 200X】空耳やRemix PVで盛り上がった2003年5月【赤い部屋・ナス嫌だゴニャ・擬古ギコナース】


さてGWも後半戦となりましたが、5月にはFlash Game Festivalの前身である『子供の日Flashゲーム祭』が開催されました。FLASH板でのゲーム系イベントは初でありながらも、飛び入り参加作品もあり大きな賑わいを見せていました。そんな当時はゲーム以外にも空耳やリミックスなどの音楽をベースとしたPV作品が多く制作されており、笑いを生み出していました。

赤い部屋


当時一世風靡したホラー系Flash。サウンドノベル形式でクリックして進めていく物語ですが、ラストに恐怖を一層煽り立てるFlashならではの仕掛けが組み込まれています。タブブラウザ全盛の現在では効果は半減かもしれませんが、是非ともFlash版をプレイしてみることをオススメします。

THE 冷蔵庫の中身


NOVA REMIX 2


NOVAうさぎREMIXの楽曲『いっぱい痛てぇ~ & イキイキ生きてる』のPV作品。NOVAうさぎだけでなくその他のキャラクターもオリジナルのテイストで描かれているほか、ディレイラマのコーラスも含めて懐かしさを感じさせます。


ナス嫌だゴニャ


当時日本で活動していた女性2人組のユニットt.A.T.u.の『Nas_ne_dogonyat』を空耳化した作品。ナスの着ぐるみを着たギコがごねるイメージが印象的でした。


B4U空耳


Dance Dance Revolution 4thMIXの看板曲の1つであるNAOKI氏の楽曲を空耳化した作品。もはやタマネギソウルといえばこれ以外に思いつかないほどのインパクトある空耳ソングです。


擬古ギコナース


ADVゲーム『巫女みこナース』の主題歌を2chキャラで再現した作品。ゲームよりも電波ソングである歌のほうが有名なこの曲をBGMとした様々なFlash作品が生まれました。